BLOG

有事に発揮されたリーダーシップ『ウィンストン・チャーチル』

日本人ヘアメイクアップアーティストのオスカーが話題となった本年度のアカデミー賞ですが、みなさまニュースはご覧になったでしょうか?

当人、辻一弘さんが参加したこの作品『DARKEST HOUR(原題)』。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』として日本でも現在上映中です。

 

現在はハリウッドでの特殊メイクの仕事は引退し、彫刻家として活躍している辻さん。

主演のゲイリー・オールドマンから「君がこの作品に参加しなければ私はこの役を辞退する」と直々にオファーを受け参加したそうですが、それも大いに納得できる違和感のなさ。本作でのゲイリーは、普段の彼の風貌とは全くの別人といえます。

ちなみに辻さんが現在彫刻家として残している作品も、これまでの経歴がまさに投影されたようなものばかりです。興味がある方は調べてみてくださいね。

 

ゲイリー・オールドマンは好きな俳優のひとりなのですが、それに加えこの一報によって俄然映画に興味が沸いたミーハーな私も先日やっと見れました。

 

 

この映画の題材となっている“ダンケルクの戦い”において実行された“ダイナモ作戦”。

物語はチャーチルが首相として就任する前日から、このダイナモ作戦を決行するまでの約1ヶ月間が描かれています。

チャーチルが下したこの作戦は、第二次世界大戦下のイギリスにとって、(世界にとっても)その後の運命を分けたと言っても過言ではないものであり、まさに邦題でもある「ヒトラーから世界を救った」歴史的な作戦でもあります。

 

私の中でのチャーチルは威厳に満ちた人物で、強気で、決断に迷いもなく、まさに“リーダー”。

ですがこの作品で見たチャーチルは、

 

些細なことで癇しゃくを起こす、

朝から晩まで酒を飲み、常に太い葉巻をくわえ、

気に入らないことがあると怒鳴りつける、

と思いきや、豪快に大笑い。

 

…え、アウトロー?

まずはその人間味に驚。

 

そして世界の命運がかかっている危機的な状況下に直面し、苦悩し、迷う姿がとても意外なものでした。

現在でも数多く語り継がれている名言はこうした経験や数多くの失敗から生まれたものなのだと、そう感じながら改めて作中で聞く彼のスピーチは心揺さぶられるものがとてもありました。

 

そんな風に感じたと同時に

ここまで思わせるゲイリー・オールドマンのカメレオンぶりが凄い。

レオン、フィフス・エレメント、ハンニバル、ダークナイト・トリロジー…これまでも数々のカメレオンぶりを目の当たりにはしましたが、実在した人物を演じた今回は、内面からリアルを追求するストイックさが存分に形となっていました。

 

ちなみに私、ストーリー構成や光の使い方、カメラワークに着眼しやすい性分です。

その部分も踏まえて申し分ない作品です。個人的には要所で引き気味に映すカメラワークとテロップが格好良く好みです。

 

 

チャーチル好きな人だけでなく私のようなミーハーでも楽しめた事が、この満足度に繋がっているのだろうと思います。

もしかしたらチャーチルをあまり知らない人の方が楽しめるかもしれないとさえ思います。

(とはいえ、実際見る前に軽く生い立ち程度読んでおくと更に楽しめます)

 

_MG_1732

ただいまBRITISH MADE各店では本作品のフライヤーもお配りしてますので、未見の方はお申し付けください。

(配り終えていたらすみません。)

 

 

 

余談ですが、チャーチルをもう見たよという方は併せてこちらもご覧ください。

『DUNKIRK/ダンケルク』

 

 

ダイナモ作戦の現場であるダンケルクが、陸(堤防)・海・空からのシチュエーションで並行して描かれ、時間軸が徐々に交錯していきます。

チャーチルで造詣が深まったおかげもあり、クリストファー・ノーラン作品の中で一番好きな映画となりました。改めて見るのもおすすめです。見たくなります。

 

 

アクティブに外出するのも良しですが、たまにはゆっくり映画鑑賞もいかがでしょう。

それでは、素敵な休日をお過ごしください。

 

 

青山店 武者


SHOP LIST
BRITISH MADE

英国ブランドに特化した輸入総代理店、渡辺産業の直営店。"Stories of British Life"をコンセプトに、「英国のライフスタイルから生まれるモノやコト」をお届けしているお店です。