ラベンハムを自分好みにカスタマイズ!?パーソナルオーダー開催中! | BRITISH MADE Staff blog

BLOG

ラベンハムを自分好みにカスタマイズ!?パーソナルオーダー開催中!

すでに酷暑となっている東京。気が早いかもしれませんが、ブリティッシュメイドでは秋冬に向けたラベンハムのオーダー会を実施しています。「えーこんなに暑いのにアウターなんて・・・」という声もあるでしょうが、実はもう既に数十件の予約が入っている人気イベントなのです。

パーソナルオーダーの上限はきっちり100着。今期、これ以上は作りません。クオリティを維持する為に、ラベンハムの工場と相談した結果の枚数。枚数限定というだけで非常に特別感もありますが、自分のわがまま、好みを体現できることがパーソナルオーダーの醍醐味かつ最大の魅力。

現時点でスタッフも驚く幸先の良いスタートを切っています。まだ何も知らないという方へ、パーソナルオーダーの魅力をご紹介。

 

言葉で説明するだけでは伝わらないと思うので、どんな風にオーダーが出来るのかを実践してみました。

オンラインショップのトップ、BRANDSからLAVENHAMを選択し、赤丸の場所にアクセスします。

アクセスすると、オーダー対象モデルが出てきます。レイドンは男女共通でオーダーでき、デンストンはメンズ、ブランドンはレディースモデルとなります。

欲しいモデルが決まったら、クリックしていよいよオーダーページへ。

自分用と想定して今回はデンストンを選択してみました。スーツから私服まで合わせられる、ラベンハムの新定番モデルです。自分自身は仕事柄そこまでスーツを着ないので、どうせなら色で遊びたい。ただし派手すぎず日常で合わせやすい雰囲気がいい。こんな風にイメージを持っていると、あまり迷わずにさくさく色を決めていくことが出来るはずです。そして実際に、自分好みに色をチョイスしていきました。

それがこちら。

割と普通な感じかもしれませんが、なぜこの組み合わせなのか説明させてください。まず、一番にデニムに合うことを軸にカラーを選んでいます。そして、Ochreのカラーはメンズモデルではなかなか展開がなく、人と被らないというところがポイント。

パイピングはOliveを選び、Ochreと馴染みよくアースカラー同士の組み合わせにしました。ボタンは季節感も踏まえ少し重さ出すためにブラウンに。ここを白にすると、なんとなく春っぽい雰囲気に変わる感じがします。

完成したイメージを見てみると、ほどよく雰囲気も柔らかく男くさすぎない所もお気に入りです。ちなみにですが私は176cmで60キロ後半、38サイズでジャケット着用も問題なしのサイズ感です。

トップスは生成りのローゲージニット、下はデニム、靴はスエードのブラウン、そんな着こなしが出来れば大満足といったところです。

 

今回はオンラインショップベースで紹介していますが、もちろん店頭でも同様のサービスが受けられます。店舗でオーダーする最大のメリットは試着サンプルが用意してあることです。

実際に着てみた時のシルエットやサイズ感を確認しつつ、スタッフと相談した上で色を決める。ファーストラベンハムをオーダーにする場合は、店頭に来て頂くことをおすすめします。

 

いかがでしたでしょうか。簡単な説明になってしまいましたが、少しでもこのイベントの魅力が伝われば幸いです。不明点などあれば気軽にお店までご相談ください。

皆様のご来店お待ちいたしております。

 

青山本店 栃堀

青山本店

〒107-0062

東京都港区南青山5-14-2
Kizunaビル1,2F

TEL:03-5466-3445

営業時間:12:00-20:00

定休日:月曜日(祝日の場合は営業いたします


SHOP LIST
BRITISH MADE

英国ブランドに特化した輸入総代理店、渡辺産業の直営店。"Stories of British Life"をコンセプトに、「英国のライフスタイルから生まれるモノやコト」をお届けしているお店です。