2016.04.28

BM RECORDS TOKYOへようこそ プリンス追悼

今年は残念な訃報が続きます。4月21日、プリンスが急逝しました。

デヴィッド・ボウイ、ジョージ・マーティン、グレン・フライ、キース・エマーソン……まだ四月だというのに、今年は残念な訃報が続きます。

4月21日、プリンスが急逝しました。無論誰であろうが悲しいニュースであり、ファンかどうかでショックの度合いにも差は出るのでしょうが、個人的には特にデヴィッド・ボウイや彼のような、無二の美学を感じさせてくれた絶対的なアイコンに突然去られるのが何とも堪りません。

20160428_pueple-rain
インフルエンザによる体調不良や腰痛による鎮痛剤の過剰摂取の疑い、そして死の直前に154時間連続で作業していたなど、様々なニュースが報じられていますが、現時点で死因はまだ定かではありません。享年57歳。あまりに唐突で、早過ぎる旅立ちでした。

日本の古参のファンには殿下の愛称で親しまれたプリンス。日本では同世代で一時は親交もあった(そしてやはり本名が芸名だった)マイケル・ジャクソンやマドンナに比べればやや劣っていたかもしれません。広く知られたという意味では格闘技K-1のテーマとなった「エンドルフィンマシーン」(95年)と「バットダンス」となるのでしょうか。

20160428_46fff95e47c0468deb0a4268bcceba3fThe Gold Experience
20160428_71PH7xA6gvL._SL1062_Batman
エンパイア・ステート・ビルが、ニューヨーカー誌の表紙が、ナイアガラの滝が、エッフェル塔が、グーグルのトップページのロゴが、彼のイメージカラーである紫色で彩られ、多くのミュージシャンが哀悼を表明しました。そしてアメリカのみならず、全英チャートでも彼のアルバムが上位5位までを独占したことを、NMEが先日報じました。

20160428_CoverStory-Staake-PurpleRain-879x1200-1461274109
ジャズ・ミュージシャンを両親に持つプリンスことプリンス・ロジャーズ・ネルソンは、1977年、19歳にしてセルフ・プロデュースの権利と高額の契約金を手にする契約をメジャーレーベルと交わし、78年にデビューアルバムをリリースしました。シンセサイザーを多用して、ロックやファンク、R&Bなどあらゆるジャンルを飲み込んだファンキーなポップスによって“ミネアポリスサウンド”と呼ばれるムーブメントの中で頭角を表していきました。

デビューからしばらくの間は大きなヒットに恵まれませんでしたが、プリンス&ザ・レヴォリューション名義で82年にシングル全米チャートで初のトップ10入りを果たすと、84年には半自伝的作品と言われる主演映画「パープル・レイン」と同作のサウンドトラックのヒットで一気にスターダムへと躍り出ます。

彼にとって音楽とは究極の前衛芸術であり、自己表現であり、華やかなエンタテインメントであり、魂の解放だったのだと思えます。セクシャルで、時に過激な歌詞と派手な衣装で人々の心を掴み、バンドやスタイルを変えながら自身の音楽を貪欲なまでに探求し続けたそのキャリアでした。

バングルズの「マニック・マンデー」などのヒット作を手掛け、プロデューサーとしても才能を発揮しました。そしてジミ・ヘンドリックスを彷彿とさせるファンキーでアグレッシブなプレイから、ギタリストとしても並々ならぬ腕前の持ち主であることで知られました。

ファッションアイコンとしては、なかなかマネのできない、華美で過剰なスタイルも多かったものの、我が道を行く“殿下”ルックは常にブレない美学を感じさせるものでした。「ダーティ・マインド」(80年)ではビキニパンツ姿で、『Lovesexy』(88年)ではフルヌードでジャケットを飾り話題となりました。

自作のセールスが不振を迎えると、その都度、力作で挽回しました。レコード会社とのトラブルから、自身のプリンスという名前を封印してしまい、特殊な記号を用いて名乗っていた時期もあった。

先日、ディアンジェロは彼の1986年のナンバー、「Sometimes It Snows in April」をカバーして追悼の意を表しました。ファンクの志を継ぐ者として、歌うべき人による、歌うべき名曲による弔いを感じさせてくれる名演です。
“4月に雪が降ることがある/ひどい気分になる時がある/人生が永遠だったらと願う時もある/でもよいことは長続きしないみたいだ/そして愛は終わるまでは愛じゃないんだ”。
(「Sometimes it Snow in April」) こう歌っていた当人が、四月に亡くなってしまったわけです。「十二月の旅人よ」と歌っていた大瀧詠一が、やはり師走に突然いなくなってしまったように。

「Nothing Compares 2 U」(=あなたと比べられる存在なんてない)。 MTVは90年にシニード・オコーナーがカバーして大ヒットさせた彼の代表曲のタイトルを用いて哀悼の意を表しました。近年も精力的にアルバムを発表していただけに残念ですが、おそらく誰よりも驚き、無念だったのは、きっと他でもない彼自身だったのではないでしょうか。世界で愛されたプリンス。あらためてご冥福をお祈りしたいと思います。R.I.P。

Text by Uchida Masaki


plofile
内田 正樹

内田 正樹

エディター、ライター、ディレクター。雑誌SWITCH編集長を経てフリーランスに。音楽、ファッション、演劇、映画、フードと様々な分野におけるインタビューや編集制作全般に携わる。編著書に『椎名林檎 音楽家のカルテ』がある。サンデー毎日で「恋する音楽」を連載中。NTT DOCOMO『dヒッツ』にてプレイリストを月2回提供中。テレビ朝日の配信チャンネル「LoGiRL」ではシンガーのハナエとともに毎週木曜日の生番組にレギュラー出演中。

内田 正樹さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND