2016.12.08

BM RECORDS TOKYOへようこそ ストーンズのドキュメンタリー映画がマジで感涙モノの傑作な件。

ニューアルバムもさることながら、映画がとんでもなくイイんです!

いよいよ発売しました、ストーンズのニューアルバム『ブルー&ロンサム』!!
20161208_jk
世界各国で軒並み売り上げ上位にチャートイン、日本のオリコンやiTunesでも上位チャートに食い込むなど、売り上げも絶好調です。
構想50年、製作3日(笑)という、彼らの原点回帰にして新境地とも言える全編ブルースカバーによる新作アルバムは、どうやら長年のファンのみならず多くのリスナーから賞賛で迎えられたようです。よかったよかった。
ん? なんでカバーなのに“新作”扱いなのかって? いいんです。だって彼らはそもそもデビュー時からカバー曲込みでアルバムを作って、それをオリジナルアルバムとしてカウントしてきたのですから(笑)。つうか、実際にはリトル・ウォルターというブルースマンの作品がメインで、ミックの歌唱もかなり彼に敬意を表したものになっていますが、こりゃもうほとんど彼らのオリジナルみたいなもんですよ。

いや、実際これは傑作アルバムです。ともかくミックのボーカルとハープの気合と表現力が凄まじいったらありゃしない。未聴の方はぜひ。
ブルースを知らなくたって大丈夫! 何せ今回彼らが取り上げたナンバーはロック通でも知っている人は限られるような、ブルース通じゃなきゃ知らないナンバーばかりですから(笑)、そんなこと関係なく彼らの必殺グルーヴにヤラれちゃってください!!
ちなみに本作から「ライド・エム・オン・ダウン」の新作MVが解禁となりました。
ロスの街並みで65年製マスタングGTをスタイリッシュにカッ飛ばしているのは映画『トワイライト』シリーズで知られる女優のクリステン・スチュワート。うーん、運転もコーディネートもイケてます。ぜひチェックを!

さて、前回このコラムで紹介した1日限定上映だったストーンズのドキュメンタリー、『ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテンアメリカ』を観てきました。
20161208_jk2
今年3月25日、ストーンズは推定観衆約120万人(!)の前で、初のキューバ公演を行いました。この模様はすでに『ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016』として発売されています。

映画はそのキューバライブ実現までの緊迫した模様をカウントダウン形式で織り込みながら、バンドがキューバへたどり着くまでにチリ、アルゼンチン、ブラジル、ペルー、ウルグアイ、メキシコ、コロンビアで行ったツアーの模様を追いかけています。中南米ツアーを追ったドキュメンタリー映画です。
正直、最初はよくあるツアードキュメンタリーかと思っていたのですが、これがとんでもない傑作でした。ロックを聴くことを許されず、弾圧されてきたアルゼンチンの少数民族やキューバの市民らがストーンズの姿を眼にしただけで泣き崩れる場面は、思わずこちらまでもらい泣きしてしまいそうでした。

そして、そうした観客の熱はバンドにもきっちり伝わります。演奏の気合がまあハンパじゃない。

まあ日本の観客がおとなしいのはもう知れ渡っていることだし、もちろんマナーも大事ですが、そりゃ来日公演でも熱いプレーが聴きたけりゃまずオーディエンスから意識をあらためなきゃダメだよなとつくづく考えさせられましたね。
その他にも、衝撃のキースの雨乞い(!?)シーンや、ファンなら感涙必至の、バックルームで撮影されたミック&キースによる“或るパフォーマンス”が観られます。ヒントは“カ○トリーほにゃらら”です(笑)。これがもうねえ、本当に泣けるんですよ!!

ともかく全編を通して監督のポール・ダグテイル(※『ハバナ・ムーン』も彼が監督)と撮影クルーの手腕が素晴らしいのです。中南米の自由を求める民族闘争史とそれにリンクしたロック史の勉強になることはもちろん、キューバ市民の日常を捉えた姿にも歴史的な価値があると言っていいでしょう。

オバマが来訪して、国交正常化の夜明けが見えた瞬間からのストーンズライブは、結果的にカストロ最後の大仕事となってしまいました。ギターの弦も満足に入手できないため、スチールを加工して弦の代用品を製造している人たちやライブの会場を訪れた人々が「これからキューバは変わる」と目を輝かせている姿にはちょっと複雑な想いがこみ上げてきます。
だって、まさかこの数十日後にトランプが次期大統領選当選して、キューバとアメリカの国交正常化に再び暗雲がたちこめる(というかすでに雲行き怪しいし…)なんて思ってもみなかったはず。彼らの笑顔の行方を考えると切なくなってしまって……。どうかキューバがより良い方向へと向かうようただただ祈るばかりです。

そんなこの『オレ!オレ!オレ!』、もっと広く観ていただきたい作品なのですが、現在は映像作品『ハバナ・ムーン』の500セット通販限定プレミアムセットでしか入手することが叶いません。 いや、それでもお釣りがくる傑作なので購入できる方にはぜひともお薦めしたいのですが……なんと!映画の高評を受けて、来年1月に『オレ!オレ!オレ!』と『ハバナ・ムーン』の、やはり一日限りのセット上映会が決定したそうです!!

期日は1月4日。会場はZepp DiverCityとZepp Nambaで、開場:13:30 開演:14:00 終演:18:00を予定しています。2作品同時上映というトライは、今回が全世界初だそうです。

すでにチケットは発売中。正月にお時間のあるお近くの方は、ぜひとも足を運んでみてはいかがでしょうか? 詳細はこちらのリンクまで。

ちなみにファッション的にはミック・ジャガーのスタイリッシュなオフ時のコーディネートが楽しめます(キースは相変わらずです(笑))ので、ぜひ注目してみましょう。

今年もお読みいただいてありがとうございました。毎回シュミ視点全開なSTORIESではございますが、来年も皆さんにUKロックの話題をお届けできるよう頑張ります。あ、来年はもうちょっとファッションに寄せて書こうかな?(笑)。では皆さん、UKロックでよい年末年始を!!

Text by Uchida Masaki

plofile
内田 正樹

内田 正樹

エディター、ライター、ディレクター。雑誌SWITCH編集長を経てフリーランスに。音楽、ファッション、演劇、映画、フードと様々な分野におけるインタビューや編集制作全般に携わる。編著書に『椎名林檎 音楽家のカルテ』がある。サンデー毎日で「恋する音楽」を連載中。NTT DOCOMO『dヒッツ』にてプレイリストを月2回提供中。テレビ朝日の配信チャンネル「LoGiRL」ではシンガーのハナエとともに毎週木曜日の生番組にレギュラー出演中。

内田 正樹さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND