2017.10.12

BM RECORDS TOKYOへようこそ サム・スミス、帰還。

2015年以来のニューシングル。還ってきた天使の歌声。


前回このSTORIESで取り上げたデュラン・デュラン、武道館公演を観てきました。

自身がプロデュースを務めたマドンナ、デヴィッド・ボウイなどのナンバーを、あの軽快な斬れ味のカッティングで惜しげも無く聴かせるオープニングアクトを務めたシックfeat.ナイル・ロジャースの演奏があまりに素晴らしくて、デュラン、喰われちゃうんじゃないか?と思いましたが(笑)、なかなかどうして良かったですよ。「リフレックス」は演りませんでしたが、「リオ」、「グラビアの美少女」、「ノトーリアス」、「オーディナリー・ワールド」など、キャリアを総括するベスト盤的なセットリストで、途中にはナイル・ロジャースも2曲で参加する大サービス。大いに盛り上がりました。

さて、今回は先日ニューシングル『トゥー・グッド・アット・グッバイズ 〜さよならに慣れすぎて〜』をリリースしたばかりのサム・スミスをピックアップします。
20171012_goodbyes
サムは1992年にロンドンの仲立人職の家に生まれました。2007年、ロンドンの芸能学校であるナショナル・ユース・ミュージック・シアターに入学して、ジャズバンドに参加しながらジャズボーカリスト/ピアニストのジョアンナ・エデンに歌と作曲の技法を学びました。

2012年にはディスクロージャーのシングル『ラッチ』にゲストボーカルとして参加(全英11位)して注目を浴びました。
2013年にはノーティー・ボーイのシングル『ラ・ラ・ラ』に参加(全英1位)。そして再びディスクロージャーのシングル『トゥギャザー』に、今度は前述のナイル・ロジャースと共に参加します。
こうしてイギリスで注目の存在となったサムは、2014年には、BBCによる批評家や音楽関係者の投票で有望な新人アーティストを選出する『BBC Sound of 2014』において第1位に選出されます。

そしていよいよ同年にデビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』をリリースすると、このアルバムからグラミー賞6部門にノミネートされ、翌年の第57回グラミー賞では主要3部門を含む4部門を受賞したのです。
20171012_lonely
さらに2015年には、以前このコーナーでも紹介した映画『007 スペクター』主題歌のシングル『ライティングス・オン・ザ・ウォール』で全英1位を獲得。
20171012_spectre
11月には待望の初来日公演も行い、アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が69週連続で全英トップ10にランクインによってギネス世界記録に認定されました。

現在世界枚数売上1,200万枚という輝かしい記録を持つ彼ですが、実は久しく楽曲をリリースしていませんでした。2014年、サムは公にゲイであることを公表し、インタビューにおいて強迫性障害の症状の改善に取り組んでいることを語りました。さらに2015年にはニューヨークで声帯の手術を受けていて、一時はその美声の維持が危ぶまれるのでは?という報道も飛び出しました。手術は無事終了しましたが、こうした体調面と、おそらくはこれまでのインタビューから察するに、急に獲得してしまった名声に自分自身が追い付いていけず、一時はかなり混乱した日々を送っていたそうなので、一旦クールダウンしていたのではないでしょうか?

今夏(8月末)、サムは突如SNS上で『近日何かを発表するよ』とファンに報告。そして今回の『トゥー・グッド・アット・グッバイズ 〜さよならに慣れすぎて〜』がリリースされたというわけです。

長年のコラボレーションのパートナーシップを組んできたジミー・ネイプス、スターゲイトと組んで制作したこの曲は〈僕はさよならに慣れすぎている〉という哀しくも儚い歌詞ですが、まさに彼の専売特許である繊細な美声と心震わせるソングライティングの才能の帰還を高らかに宣言するものとなりました。

サムはこの曲の発表に際し「このシングルは今後の作品の方向性が打ち出されている」と公式コメントを発表しました。私は来日公演に足を運びましたが、あまりに歌が上手くて驚いたのを昨日のことのように覚えています。そしてまだ若いとはいえ、このクラスの大物でステージからあれほど生真面目さが伝わってくるアーティストもちょっと珍しいなと思いました。
現在25歳、まだまだこれからのサムがいよいよ本格的な再始動を果たすのならばとても楽しみです。まずはこの曲を味わいながら、続報を待ちたいと思います。サムの曲は特に秋から冬にかけてのシーズンがよく似合います。皆さんもぜひ彼の歌声に触れてみて下さい。ではまた!

Text by Uchida Masaki

plofile
内田 正樹

内田 正樹

エディター、ライター、ディレクター。雑誌SWITCH編集長を経てフリーランスに。音楽、ファッション、演劇、映画、フードと様々な分野におけるインタビューや編集制作全般に携わる。編著書に『椎名林檎 音楽家のカルテ』がある。サンデー毎日で「恋する音楽」を連載中。NTT DOCOMO『dヒッツ』にてプレイリストを月2回提供中。テレビ朝日の配信チャンネル「LoGiRL」ではシンガーのハナエとともに毎週木曜日の生番組にレギュラー出演中。

内田 正樹さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND