2018.03.08

BM RECORDS TOKYOへようこそ アカデミー受賞記念。映画の中のウィンストン・チャーチル

レジェンドは如何にスクリーンで描かれたのか。

去る3月4日(現地時間)、第90回アカデミー賞の授賞式がハリウッドで行われ、ジョー・ライト監督作『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』の特殊メイクを担当した日本人アーティストの辻一弘さんが、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を初受賞しました。日本人のオスカー獲得は約9年ぶり。個人としては1993年・第65回石岡瑛子さん以来、実に約25年ぶりの快挙でした。
本作は名優、ゲイリー・オールドマンが、第二次大戦で連合国軍を勝利へと導いたイギリスの政治家、ウィンストン・チャーチルを演じ、チャーチルの首相就任時から“ダンケルクの戦い”(昨年のクリストファー・ノーラン監督作『ダンケルグ』も記憶に新しいですね)までの知られざる27日間にフォーカスした歴史大作です。

第75回ゴールデングローブ賞では最優秀主演男優賞(ドラマ)に輝いたほか、米メイクアップ・アーティスト&ヘア・スタイリスト組合賞では3冠を達成、今回のアカデミー賞では作品賞ほか6部門にノミネートされ、ゲイリー・オールドマンは主演男優賞に輝きました。

ちなみに彼は以前この欄でも紹介した『裏切りのサーカス』(2102年)でも同賞にノミネートされていましたが、惜しくも受賞を逃していました。彼が前回と今回の二回しかノミネートされていなかったのも意外ですが、ともかく今回、晴れてのオスカー獲得が実現したわけです。

私はまだ映画を未見なのですが、報道によると、一度は映画界を退きアーティストへと転身していた辻さんを、ゲイリー自らが「この映画には君が不可欠だ。君が参加しないなら俺も出ない」と口説いて参加を要請したそうです。

開発と試作に半年・計200時間以上を費やしたという特殊メイクのクオリティはまさに圧巻の一言。そりゃゲイリーもラブコールを送るわけです。「これ特殊メイクなの!? というか、そもそも本当にゲイリーなの!?」 と思ってしまいます。日本版公式サイトによると、見どころは後にノーベル文学賞を受賞(1953年)した言葉の魔術師・チャーチルによる約4分間の演説によるラストシーンとのこと。チャーチル映画の決定版との呼び声も高い一本、早く観たいものです。

170cm、90kg、シガーを愛し、服装にも徹底した美意識を貫いたこの稀代の政治家は、これまで数々の映画で描かれてきました。今回はその中から三本をざっと振り返ってみましょう。

1.『戦争と冒険』(1972年)

『ガンジー』(1982年)や『コーラスライン』(1985年)で知られるリチャード・アッテンボローの監督作。
20180308_uchida_1
軍人から従軍記者を経て政界へと進出する若きチャーチルを、サイモン・ウォードが演じました。サイモンはこの映画がブレイク作となり、2012年の逝去まで、数々の映画やテレビシリーズに出演しました。

2.『イングロリアス・バスターズ』(2009年)

『レザボア・ドッグス』(1992年)、『パルプ・フィクション』(1994年)のクエンティン・タランティーノ監督作です。第二次世界大戦中のドイツ国防軍占領下のフランスを舞台に、5章の物語が繰り広げられます。日本ではイマイチ興行が振るわなかったというイメージでしたが、調べてみると全世界で3億ドル以上を稼ぎ、『パルプ・フィクション』の2億ドルを超えて、タランティーノの監督作では最大のヒット作となっていたんですね。当時俳優業から離れていた『鳥』(1963年)、『砂丘』(1970年)のロッド・テイラーがタランティーノたっての希望でチャーチルを演じました。
20180308_uchida_2

3.『英国王のスピーチ』(2010年)

大ヒットしたトム・フーパー監督作。我らが『キングスマン』ことコリン・ファース主演作です。
20180308_uchida_3
このチャーチルは『ラストサムライ』(2003年)に出演したティモシー・スポールが演じました。ただし本作におけるエドワード8世の退位にまつわるチャーチルの描かれ方に「史実と真逆。チャーチルの偉業を闇雲に過大視しようとしている」とジャーナリストや専門家たちから疑問が噴出しました。

いかがでしたか。ご存知の作品、未見の作品はありましたか。他にも関連作品としてジョン・スタージェス監督『鷲は舞いおりた』(1976年)、リドリー&トニー・スコット制作のテレビシリーズ『チャーチル/大英帝国の嵐』(2002年)と『チャーチル 第二次大戦の嵐』(2008年)、ブライアン・コックスが演じた『チャーチル』(2017年。日本未公開)などがあります。
頭脳明晰。トゥルー・ブリット。戦争屋。動物好き。エゴイストな豪傑。アメリカを巻き込みヒトラーを倒した英雄は様々な賛否両論の呼称を持ち、幾つもの表情を備えていました。しかし思えば日本にも、昔は豪傑でキャラクターに富んでいて、どこか憎めない政治家が(その功罪はともかくとして)何人も存在していましたよね。

多くの英国人に、そして日本人にも多くのファンを持つウィンストン・チャーチル。その太くブレないリーダーたる生き様に、この機会を通じて触れてみてはいかがでしょうか? 『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』は、3月30日から全国公開です。ではまた!


Text by Uchida Masaki
(参考文献:メンズプレシャス2017年冬号)

関連リンク
傑作『007 カジノ・ロワイヤル』をフルオーケストラと共に堪能!
コリン・ファースの戒め


plofile
内田 正樹

内田 正樹

エディター、ライター、ディレクター。雑誌SWITCH編集長を経てフリーランスに。音楽、ファッション、演劇、映画、フードと様々な分野におけるインタビューや編集制作全般に携わる。編著書に『椎名林檎 音楽家のカルテ』がある。サンデー毎日で「恋する音楽」を連載中。NTT DOCOMO『dヒッツ』にてプレイリストを月2回提供中。テレビ朝日の配信チャンネル「LoGiRL」ではシンガーのハナエとともに毎週木曜日の生番組にレギュラー出演中。

内田 正樹さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND