2017.11.02

CLUÉLが提案する《ラベンハム》のモデル別スタイリング術(後篇)

content_KJ_2020 2
英国を代表するキルティングジャケットメーカー《ラベンハム》を、女性ファッション誌「CLUÉL(クルーエル)」ディレクションによるスタイリング&シューティングでお届けする新企画。第二回目となる今回は、本格的な寒さにも備えられるファータイプ、新しい“UKウェザーコレクション”そしてブリティッシュメイドの別注モデルまで、《ラベンハム》の新たな魅力を発見できる5スタイルを公開します。(前編はこちらから)

06 カジュアルスタイルを格上げしてくれる“ラムジー ファー”

女性に高い人気を誇るミドル丈コート“ラムジー”の、裏地にファーを採用した“ラムジー ファー”。キルティング+ファーという、軽さと暖かさを両立する生地の組み合わせと、首もとまでしっかりカバーできる立体的な襟回りとフードのデザインで、これからの寒い時期にもバッチリ対応可能!落ちついたトーンのグレーカラーを選んで、ボーダーカットソーにリジッドデニムを合わせたシンプルなカジュアルスタイルを格上げしよう。

07 新シリーズ「UKウェザーコレクション」からイチオシの一着て

とても変わりやすいイギリスの天候に対応できるような、1枚仕立てのアウターコートに取り外し可能なキルティングのライナーを付けたシリーズ「UKウェザーコレクション」が今シーズンからデビュー。その中からクルーエルがピックアップしたのはトレンチコートタイプの“アンドリー”。シンプルに羽織ってベルトを締めるだけでお洒落に見えることからもその高い完成度が見て取れる、実用的かつスタイリッシュな一着。

08 すっきりと上品な“ブランドン ファー”で冬のクラシックレディに

フード付きのロング丈コート“ブランドン”の裏地にファーをあしらい防寒性を高めた“ブランドン ファー”。スタイルアップも叶うAラインシルエットなので、ボリューム感のあるケーブルニットを合わせても、すっきりとした印象に見せられるのが嬉しいところ。ロング丈を活かして膝上丈のスカートを合わせても上品にまとまるのでオススメ。ハットやショルダーバッグなどの小物でクラシックレディなスタイリングが完成する。

09 コンパクトな“デンストン スペリアー”はワイドパンツとも相性抜群

首元のファーが冬の着こなしに華やかなアクセントを加えてくれる、メンズの人気モデル“デンストン”をベースとしたブリティッシュメイドエクスクルーシブモデルが登場。レディースバージョンはコンパクトなシルエット&ショート丈なので、トレンドのボリューム感のあるボトムスとも相性抜群!耐久撥水加工が施されたポリエステルタフタを表地に、通常のモデルで表地に使用しているラブンスターを裏地に使用した、ワンランク上の高機能な仕様もこだわり派には嬉しいところ。

10 2WAYで着られるミドル丈コート“サイルハム ファー”

フードにファーを施した新作のミドル丈コート“サイルハム ファー”にも注目!すっきりとした Iラインシルエットなので、ボリューミーなニットにサロペットを合わせたボーイズライクなスタイルも女性らしくすっきりとまとめてくれる。フードはファーごと取り外しが可能で、シンプルなデザインのノーカラーコートとしても着られる2WAY仕様も嬉しいところ。着こなしに合わせて調整できるダブルジップアップタイプのフロントも特徴。

アイテムを見る

STAFF
photograph : Kojima Yohei[dust free production]
styling : Takemoto Kenichi[dust free production]
hair&make-up : Yamada Daisuke[Cake]
model : Kate
edit : Asai Yumika[dust free production]


RECOMMEND