2014.12.24

Short story of tea 紅茶の健康効果と、大好きな銘柄ルフナの話

長い間、世界中で飲まれ続けてきたお茶。昔は薬として用いられていたともいわれ、お茶の研究が進められてきました。

ここ最近寒い日々が続いていますね。冬だから寒いのは当たり前なのですが、今シーズンは寒波がやってくるのが早く厳しい寒さに見舞われインフルエンザの流行ももうはじまっているようです。
みなさんは体調崩されていないでしょうか?
師走で忙しく、厳しい環境の変化のなかでも、健康で元気に毎日をおくれたら幸せですよね。そこで今回は紅茶と健康というテーマお話したいと思います。

長い間、世界中で飲まれ続けてきたお茶。昔は薬として用いられていたともいわれ、お茶の研究が進められてきました。紅茶には、紅茶ポリフェノールやカフェインなど健康に役立つ成分が含まれ、世界的にも様々な研究が発表されています。

基本的には嗜好品として飲まれる紅茶ですが、実は、本当に健康によい物質が含まれていることがわかってきたのです。2001年に開かれた米国心臓学会議で、「紅茶は活性酸素を除去する抗酸化作用のあるフラボノイドが最も豊富な飲料のひとつであり、心筋梗塞の発症率を下げる」「血管を強くする」といった予防効果が相次いで発表されました。また、研究によっては、1杯の紅茶が、特定の活性酸素に対してはにんにくやブロッコリー、にんじん、芽キャベツ1食分より高い抗酸化作用を発揮するとも言われています。

りんご

フラボノイドというのは、ポリフェノールの一種で、紅茶や緑茶のほか、りんごやたまねぎなどの食物中にある植物性成分。紅茶に含まれるのは、カテキン、テアルビジン、テアフラビンなどで、紅茶特有の色や風味の元にもなっています。 さらにこの抗酸化作用以外にも、紅茶にはさまざまな健康効果があると言われていて代表的なものとしては次の通りです。

紅茶のフラボノイドは、食中毒菌の殺菌効果や、インフルエンザウイルスや他のウイルス感染力を失わせる作用といった抗菌作用が強く、紅茶でうがいをすることで有効な予防になるといいます。
さらにお茶の葉には、他の植物と比べるとフッ素が多く含まれていて、中でも紅茶が最も多い。そのため、紅茶のフッ素が歯のエナメル質を強くし虫歯を予防するとも言われています。しかし、虫歯菌自体に対する殺菌作用はそれほど強くないそうです。
そして、リラックスの効果、イギリス人たちは、まずお茶を飲んで一息入れる。日本人でも、お茶を一杯飲んでほっとしたという経験のある人は多いのでしょうか。これは、カフェインの覚醒作用や体内活動を活発にする作用や香りが持つアロマテラピー効果などによるものです。

普段なにげなく飲む紅茶にこんな健康効果があったなんて意外な驚きですよね。 ただ、一概に紅茶といっても種類が多く熱帯産のアッサム種で作った紅茶と温帯の中国種で作った紅茶では総ポリフェノール量や発酵(酸化)の度合いによるカテキンの酸化度合いによるポリフェノールの種類が大きく異なります。そして大部分のカテキン重合体テアルビジンはその化学構造が未解明で、一口に紅茶と括って化学的な議論をすることが困難なんだそうです。
しかし、紅茶は薬ではありません。おいしく楽しく紅茶味わって、ちょっと健康にも役立つと思ったらもっと紅茶を好きになれそうですよね。

セイロンティー「nt」でご注文頂けるセイロンティー

さて、全12回にわたってお話してきたこのコラムも今回が最後。というわけで最後に僕が現在1番好きな紅茶の銘柄ルフナについてもご紹介します。
ルフナはスリランカの中央山脈の南、標高600メートル以下のもっとも標高が低いロウグロウン地域で生産される茶葉です。 収穫時期は、熱帯雨林の高温多湿な地域にあるため茶葉の成長がよく、年間を通して収穫されます。茶葉の大きさは他のものより1.5?2倍くらい大きく育ちます。そのため独特な風味を生み出すとされています。
このルフナ、フレーバードティーではないのに茶葉の状態ではほのかにドライフルーツを思わせるような香り、そして淹れると黒蜜を思わせる甘い香りが立ち上る不思議な紅茶なんです。日本にはあまり沢山輸入されてなく、おいてある紅茶屋さんもちょっと少ないのですが見かけたら是非香りを試してみて下さい、そして気になったら飲んでみて下さいきっとその甘美な味わいに感動するそんな体験が出来ると思います。
当店でもお飲みいただけますので良かったら是非。

Short story of teaどうでしたでしょうか。このコラムを読んで少しでも紅茶を好き、あるいはもっと好きになったという人が増えれば幸せです。
ありがとうございました。良いお年を。



2014.12.24
Text by T.Nogami

plofile
野上富巨

野上富巨

紅茶のカフェ「nt(ニト)」店主。幼い頃から紅茶が好きで、様々な飲食業を経て2013年3月紅茶のカフェ「nt(ニト)」を東京西荻窪で開業。日本紅茶協会認定ティーアドバイザー。

Cafe nt(ニト)
東京、田園都市線駒沢大学駅より徒歩3分。
紅茶がメインのカフェです。日常に紅茶を…カジュアルにポップに楽しんでほしい、そんな思いから2013年3月に西荻窪でオープンしました。
沢山の笑顔が自然と集まるそんなほっこりとした場所を目指しています。
十数種類の紅茶、そして数種類のスコーンやご飯などのメニューでお迎え、お近くにお越しの際には是非足を運んでみて下さい。
イベントスペースとしてのご利用も大歓迎、お気軽にご連絡下さい。
https://www.facebook.com/NtNito

野上富巨さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND