2016.07.12

Food For Thought vol.1 ローカルが集まるブランチスポット 『NEWINGTON TABLE』

近年観光客も訪れる地区に成長したイーストロンドン。特に『食』という観点から見ると、この地区に常に新レストランやカフェが現れる場所と言える。そんな活気に溢れる地区で、ローカルに愛用され、お勧めできるレストラン&カフェが『NEWINGTON TABLE』。
ニューイントングリーンというストークニューイントンの内側にあり、周辺の喧騒さを感じさせない落ち着いたエリアに存在するジョイントだ。若いチームが運営し、コスモポリタンなフレンドリーなサービス、朝と昼はカフェメニューで夜はビストロ的なメニューで構成されている。
ローカルの人に愛されている理由は、そのリラックスできる雰囲気と安定感のあるフード、それに加えて値段もかなりリーズナブルな点である。毎朝4時から仕込まれる自家製パンとロンドンを拠点に置く注目の珈琲ロースター『ASSEMBLY COFFEE』の豆から作られるフラットワイトの香りだけでも気分があがる。ラスティックでボリュームのあるサラダも売りの一つであるし、フレッシュジュースが£2で飲めるのも嬉しい。が、目玉はここでサーブされるイギリスの定番であるイングリッシュフルブレックファストであるが、実にキャラクターが強い。これを目当てに行くだけの価値もあるといっても過言では無いと思う。

20160712_IMG_4508 ニューイントンテーブルのイングリッシュブレックファースト
サワードウのパン、エッグ、ソーセージ、超厚切りベーコン(これも稀)、ブラックプディング、ビーンズ、ボーンマロー(牛の骨髄)、トマトとマッシュルーム。超厚切りのベーコンもここの特徴だが、ボーンマローが入ってくるイングリッシュは正直ここでしか食べられないと思う。
20160712_IMG_4506 20160712_IMG_4504 £2のフレッシュジュース(グレープフルーツ/アップルジュース)と美味しいサフォークで作られるブラウンソースとブラディーマリーケチャップソース
20160712_IMG_4510 ライブレッドにスモークサーモン、酢漬け胡瓜、ディルとポーチドエッグ
20160712_IMG_4495 外観 (天気が良ければ外でゆっくりと)
20160712_IMG_4514 内観 (週末は特にローカルで賑わう)
20160712_IMG_4496 テイクアウェイ用のパンスタンド

お洒落なイーストロンドンと目と鼻の先にありながら、特に週末はローカルと一緒に新聞を広げながら、ゆっくりと流れる時間と美味しい食事を楽しめるお勧めスポットです。

NEWINGTON TABLE
住所: 20 Newington Green, London, N16 9PU, UK
最寄り駅:地下鉄OLD STREET駅から141/21番線のバスで15分 OR DALSTON駅から徒歩15分
URL:http://www.newingtontable.co.uk/
Text&Photo by Tatsuo Hino

plofile
日野 達雄

日野達雄

英国在住歴16年のメディア/ファッションコンサルタント。
英スタイル雑誌の出身で英/日の雑誌にも寄稿をするライターでありながら、音楽、ファッション、フード、写真と様々なジャンルでのコンサルティング業務に携わる。

日野達雄さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND