2016.12.13

Food For Thought サウスロンドンの本場スペイン料理 『PIZARRO』

どんよりと暗い時期に入ったイギリス。この暗い冬を乗り越えるには欠かせないクリスマスへの期待感と一年を振り返り、普段会っていない友人に会いキャッチアップする事が増える師走の月。そんなどんよりとしながらもお祭り気分が漂う時に、あまり普段行かないサウスロンドンに出てみた。
イメージ的に、テムズ川の南側といえばあまりパッとしない。がサウスロンドンも変化を遂げている場所がある。ヨーロッパで一番高い商業ビル『THE SHARD』、コンテンポラリー美術館『TATE MODERN』、前衛的なギャラリー『WHITE CUBE』、ファッションとテキスタイルを代表する『Fashion & Textile Museum』、ロンドンの俎板と呼ばれる『Borough Market』、屋台やストリートフードが並ぶ『Maltby Street Market』の目先に存在するガストロパブが並び、食のバラエティーが発展してきているストリート、BERMONDSEY STREETである。そこの2大巨頭といっても過言ではないお勧めは、スパニッシュバル『JOSE』とスパニッシュレストラン『PIZARRO』。

20161213_food_outside
ロンドンで食に興味がある人は誰もが知っているスペイン料理店『BRINDISA』の元シェフであり、レシピ本、TVの料理番組にも頻繁に出演するホセ・ピサーロ氏がこの両店のオーナーシェフ。
20161213_food_inside 20161213_food_street
あえてこのロケーションで展開するレストランの多くは、バラ・マーケットへのアクセスの大切さを説く。バラ・マーケットは、ロンドンのまな板であり、最古のオーガニックマーケット。イギリスを中心にヨーロッパの厳選された食材が揃う市場として有名な場所である。
ロンドンで地中海料理を食べるとやたらに味付けが塩っぽくて、あまり素材の味を楽しめなかったという経験をした事がある人が大半以上だと思う。だが、ここは非常に安定感があり、より上品な味付けをして、なんでも美味しく、手頃な値段で楽しめるのが特徴だ。定評高い料理に、フレンドリーなスタッフとその雰囲気は内観を見ていただければ分かる。木造の天井にタイル張り、暖かい照明にスタイリッシュなバルを体現したオープンキッチンと豊富なスパニッシュワインとスパニッシュブランデーも料理以外の特徴である。

20161213_food_pepper パドロンペッパーのオリーブ焼き
20161213_food_tomato パン・コン・トマト
20161213_food_croquette イベリコ豚のコロッケ
どれも伝統の味で、素材重視の料理でこのシンプルな味付けが実に美味しい。シンプルな中にも上品さを味わえる。
20161213_food_sosage カタラン(カタルーニャ)料理には欠かせないセップ茸入りのソーセージ。ひよこ豆とさやいんげん添え。玉葱とハーブを炒め、グレービーソース(肉汁)を凝縮したソースのコッテリ感、抜群の一品。
20161213_food_pork イベリコ豚のフィレの西洋梨とヘイゼルナッツ添え。スモーキーなパプリカを凝縮したオイルにマリネされている柔らかすぎるイベリコ豚と梨/ナッツの相性と食感を楽しめる抜群なコンビネーション。
20161213_food_cafe 食後のコルタード。少量の温かい牛乳で薄めたエスプレッソであるスペインのエスプレッソといえばこれ。
20161213_food_sign 彼のサイン入りのレシピブックも買えるらしい!
彼のレストランは、連日地元の人で賑わう人気店と言われるのも十分納得できるお勧めのお店です。よりバルの雰囲気を楽しみたい人は、歩いて5分ぐらいの所にある『JOSE』へ。スツールでの立ち飲み席スタイルでカジュアルながらもフレンドリーな店内は、新鮮な素材と莫大な種類のあるシェリー酒で知られる場所です。近くのギャラリーやミュージアムでカルチャーを楽しんだ後に、スペインバルを楽しめるのはここの地域の醍醐味かもしれない。

Pizarro
住所: 194 Bermondsey Street, London, SE1 3TQ
TEL:+44 (0)20 07378 9455
予約可能
http://www.josepizarro.com/

Jose
住所: 104 Bermondsey Street, London, SE1 3UB
予約不可
最寄り駅:地下鉄London Bridge & Borough駅から徒歩10分程
Text&Photo by Tatsuo Hino

plofile
日野 達雄

日野達雄

英国在住歴16年のメディア/ファッションコンサルタント。
英スタイル雑誌の出身で英/日の雑誌にも寄稿をするライターでありながら、音楽、ファッション、フード、写真と様々なジャンルでのコンサルティング業務に携わる。

日野達雄さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND