2018.06.12

Food For Thought イーストロンドン地区のバーベキューキング『SMOKESTAK』

ここ数日、イギリスでは珍しい夏日和。まさしくBBQ日和とも言わんばかりに皆せっせとBBQができるロンドン市内の公園にたむろする季節が到来した。今から日も長いし、20時ぐらいまで外も明るい。今、そのBBQフレイバーが実はかなりの人気。オーセンティックなアメリカンBBQレストランからより国際派な自分で焼くコリアンBBQ『OLLE』、ヘビメタ音楽が大好きなシェフがオープンしたヘビメタトルコ料理『BLACK AXE MANGAL』に炭火炉端焼きスタイルのギリシャレストラン『SUVLAKI』など流石にロンドン、その種類もかなり豊富。
最近、友人からストリートフードでカルト的な人気を誇った『SMOKESTAK』がショーディッチ地区にレストランを構えているよと聞きつけ 、日本からイギリスを訪問している友人と一緒にそこで待ち合わせをしてみた。こんな珍しく湿気があり日が長い日は、何となくBBQかな?という気分。
ロンドンでFoodie(フーディー:フードが好きな人)が注目するマーケットで、ストリートバンやストリートストールから始まったビジネスがしっかりとしたフォロワーやファンを掴む事でリアル店舗を開けるケースは実に多い。前にも言ったが、今最も勢いのある業界は飲食業界だ。特徴のあるコンセプトとしっかりして透明感のあるサプライチェーン、あまり価格にはそこまで敏感である必要はない昨今、当然の話だが自分の強みは何かをうまくプレゼンできている飲食は大体成功している。
重厚感のあるメインドア。レストランの外に約30席を設けているのもこの季節は嬉しい
水曜日の平日。アフレスコダイニングには最適の夜
焼け焦げたような色調に統一し、北欧のダークさを全面に推したデザイン
着用しているユニフォームからお皿/フォーク/ナイフまで全て細身の黒。一時期流行った北欧のブランドチープマンデイを彷彿させる
メニュー
肝心のメニュー。ウェイターによると、1人3〜4品を頼んでシェアをすれば最適な量だという事で、タパス的な小さなディッシュとメインディッシュをオーダーする事に。『SMOKESTAK』は、10時間以上調理されたジューシーなブリスケット(前股の内側にある肩ばら肉)バーガーで名声を得たフードストール(屋台)から始めたお店である。
ビーフグレイビーソースのワイルドマッシュルームオントースト。ヘルシーさの一欠片もないドロドロで旨味が凝縮した濃いグレービーソースと肉厚なマッシュルーム。毎朝でも食べたいぐらい好みの一品
ウェイターにお勧めされた一品。長時間かけて調理されたジューシーな頰肉を詰めにつめた牛肉コロッケ。カリカリな外と肉の旨味がパンパンに詰まった絶品。これは是非試してほしい一品
パドロンペッパーの天ぷら。パドロンとは、ポルトガルとの国境沿いにある街の名。スペインのタパス料理では、素揚げしてシーソルトをふりかけて食すのが一般的ながら、このパドロンペッパーは、味も獅子唐にかなり近いので、和風テーストでも楽しめる。ヨーロッパ版獅子唐天ぷら
セントラルキッチン前に座ったのもあり、ガスバーナーを両手にお肉や野菜を炙る女性スーシェフの姿が印象的。彼女のお勧めで、丸ごと炙られたリトルミニジェムをメインにした炙り野菜の一品をオーダーする事に
炙った緑野菜とザクロ、クラッシュされたピーナツをのせたタヒーニドレッシング和え。面白い組み合わせの胡麻ダレドレッシング。頼むべき一品
ビーフブリスケット。酢漬けされたレッドチリとの相性が抜群。バーガーで挟んで食べるメニューもある。このお店の看板料理
分厚くきられたポークリブと酢漬けされた胡瓜。かなりスモーキーなリブと甘酸っぱい胡瓜の酢漬け。口に頬張ると骨から滑り落ちるぐらい柔らかくてジューシー
女性シェフにお勧めされたチャーグリルされたリトルジェムレタス、ひよこ豆とチョリッゾソーセージ
今回オーダーをした全品を完食し、日本からのゲストも含めて皆ご満悦のよう。英雑誌『GQ UK』がお勧めするロンドン市内のBBQレストランとして紹介され、『MRPORTER.COM』のお勧めレストランに選ばれるなど、ロンドンの人気店。最大限に彼らの料理を楽しむコツは、お腹を空かせて行く事。お腹が空いていればいるほど、彼らのスモーキーな味付けや料理をより楽しめるはず。

SMOKESTAK
住所:35 Sclater St, London E1 6LB
TEL:+44 (0)20 38731733
最寄り駅:地下鉄LIVERPOOL駅から徒歩15分程/SHOREDITCH HIGH STREET駅から徒歩2分
smokehouseislington.co.uk
Text&Photo by Tatsuo Hino

関連リンク
パブと肉屋が運営するイーストロンドンのレストラン 『HILLS & SZROK』
スリランカ・ストリートフード、オルタナカレー屋『HOPPERS SOHO』


plofile
日野 達雄

日野達雄

英国在住歴16年のメディア/ファッションコンサルタント。
英スタイル雑誌の出身で英/日の雑誌にも寄稿をするライターでありながら、音楽、ファッション、フード、写真と様々なジャンルでのコンサルティング業務に携わる。

日野達雄さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND