2017.01.19

English Garden Diary イギリス・冬の庭での楽しみはバードウォッチング 

冬至も過ぎ、少しずつ日も長くなってきたとはいえ、イギリスの暗い冬はまだまだ続きます。この時期は霜が降りる日も多いため、毎日庭で作業というわけにはいきません。それでも、イギリス人ガーデナーには庭での楽しみがあります。

それは庭にやってくる鳥たちを観察すること。

イギリス人宅の庭を見ると、たいていどの家にも最低1~2本は赤や橙に色づいた実(ベリー)をつける木が植えられています。これらは冬の間、鳥たちの貴重な食糧になります。そのことを知っているイギリスの人々は、あえて、冬に実を残す木々を庭に植えるのです。また、同じ理由で、種子をつけた草花を刈り取らず、わざと立ち枯れのままにしてあることもあります。

20170119_garden8 1月のイギリスは庭が霜で覆われる日も少なくありません
「バード・テーブル(Bird table)」や、「バード・フィーダー(Bird feeder)」と呼ばれる鳥のエサ台・エサ箱を置いている庭もたくさんみかけます。これらはもちろん一年中置かれてはいるのですが、やはり冬の時期は鳥たちにとって欠かすことのできない栄養補給所となっています。
20170119_garden5 バードテーブルにやって来る鳥は大小さまざまです Photo:©RSPB
イギリス国内では、エサ台や、エサ用の種・ナッツなどはガーデンセンターだけでなく、一般のスーパーでも気軽に購入することができます。そして、これらは屋内で飼育している鳥のためというよりは、野生の鳥たちのためのものなのです。

それほど、イギリス人にとって野鳥は身近な存在であり、ガーデナーにとっては庭を共有する仲間ともいえるのです。

特に「ロビン」と呼ばれる顔から胸の部分がオレンジ色の小鳥は、歌声も美しく、人なつこいため、イギリス人たちの間でとても人気があります。

20170119_garden4 2015年にイギリスの「国鳥」を選ぶ投票で一位になったロビン Photo:©RSPB
以前住んでいた家の庭には一年中このロビンがやってきては、バードテーブルのエサを食べて可愛い声を聞かせてくれていました。友人で画家のマリアンヌは、毎年クリスマスカードに彼女の家に来るロビンの絵を描いて送ってくれます。また、よく慣れたロビンは人の手からエサをもらったりすることもあるのですよ。

ほかにも、ブラックバード、マグパイ、グレートティッツなど、イギリスに住んでいると、たくさんの野鳥たちを知ることになります。ロンドンのような都会であっても、庭にはたくさんの鳥たちがやってきます。

20170119_garden3 人気のガーデニング雑誌でも、冬期には野鳥についての記事が
さて、野鳥を愛するイギリス人たちは、その保護にも熱心です。イギリス内最大の自然保護チャリティー団体RSPB(The Royal Society for the Protection of Birds:王立鳥類保護協会)は、1889年に発足したといいますから、すでに120年以上の歴史があります。

この団体では、1979年以来、冬期に‘Big Garden Birdwatch’というキャンペーンを行っています。今年で38年目となるこの活動は、世界最大の野生動物の調査といわれています。

具体的には、一般の人々が参加し、それぞれの庭(公園なども含む)で1時間、やって来る野鳥の数を数えて、それを集計します。この統計が、イギリス国内の野鳥数の推移や動向などを知ることのできる貴重なデータとなるのです。

昨年はイギリス国内の51万9000人以上が参加、合計826万2662羽が観察されたそうです。結果、最も多くウォッチされた鳥は1位がハウススパロウ、2位がスターリング、3位がブルーティッツでした。

20170119_garden6 黄色が印象的なグレートティッツも人気者 Photo:©RSPB
20170119_garden7 ハウススパロウは日本のスズメに似ています Photo:©RSPB
このキャンペーン、今年は1月28~30日に実施されます。私も今年は参加して、わが家の庭に鳥たちがやって来てくれるのを待つことにします。

対象となるのはイギリス国内のみですが、日本の皆さんも、時にはイギリス人にならって、庭にやってくる野生の鳥たちを観察してみてはいかがでしょう。それをきっかけに、庭とのつきあい方が変わってくるかもしれませんよ。

20170119_garden9 今朝もこの赤い実をハトとブルーティッツが仲良くついばんでいました

Text&Photo by Mami McGuinness

plofile
マクギネス真美

マクギネス真美

イギリス在住の編集&ライター。9年半の雑誌編集を経て「ちょっと長めのホリデー」のつもりで渡英。たくさんのあたたかな人たちとの出会いにより滞在が長期化し、現在に至る。 2004年よりイギリスを拠点に書籍・雑誌・新聞・インターネット等にて企画、編集、取材、執筆、コーディネイト、撮影を手がける。テーマはライフスタイル、ガーデニング、料理、人物インタビューや旅ガイドなど。メディアを問わず、イギリスの素敵なひと、場所、ものごとをひとりでも多くの方に伝えたいと考えている。『英国ニュースダイジェスト』ではイギリスの食に関するコラム「英国の口福を探して」を連載中。2012年以降、文化放送、NHKラジオ、TOKYO FM等のラジオ番組に出演も。
ホームページ:
http://mamimcguinness.com
twitter
Facebook

マクギネス真美さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND