2017.02.16

English Garden Diary イギリス・春を待ちわびる花、春を告げる花

ダファディル(Daffodil)をご存知でしょうか。

日本では「黄水仙」などとも呼ばれるラッパ水仙のことですが、これはイギリスの春を象徴する花です。

有名な詩人、ワーズワースの代表作のひとつと言われる「I Wandered Lonely as a Cloud」は、別名「The Daffodils」と呼ばれるポエム。この中で、踊るように咲いているラッパ水仙の黄金の群は、この国では誰もがすぐに思い浮かべることができる光景です。
水仙 この時期は窓辺にこの花を飾っている家も多い
以前、このコラムにも書きましたが、イギリスでは多くの人が秋になるとたくさんのラッパ水仙の球根を植えます(昨秋は私も60個ほど植えつけました)。この花は、どんな植え方をしても、たいていはちゃんと咲いてくれる(つまり手入れが簡単)。そして、球根の値段が安い、というのが人気の理由でもあります。

でも、イギリスの人々が水仙を好む一番の理由はやはり、この鮮やかな黄色が、春を告げてくれるシンボルだからでしょう。

庭でこの花が咲くのは3月以降のこと。寒くて暗く、そしてしとしと雨が続く2月は、まだやっと芽が伸びてきたところです。

とはいえ、この時期には、あちこちのスーパーで「イギリス産」と書かれたダファディルの切り花(つぼみの状態のもの)を見かけるようになります。

値段はとても安く、一束が1ポンド程度。これを人々は次々に、一束、また一束と買い物カゴに入れていきます。
つぼみの水仙 英国産ダファディルズはたいてのスーパーで気軽に購入できる
庭の水仙が咲くのはまだまだ。けれど、あのまぶしいほど鮮やかな黄色(=春)を待ちきれず、一足はやくスーパーに並ぶこの花を買わずにはいられないのです。

湿気が少なく日本に比べて切り花の保ちがいいイギリスでも、花の寿命はせいぜい1週間弱くらい。でも、安価なので、花が終わりそうになったら、また新しい束を買ってきて生け替えます。春を待ちわびるように、しばらくはそれを繰り返すのです。
活けた水仙 買ってきた翌日にはつぼみが開いて鮮やかな黄色を見せてくれる
花が咲ききるにつれて香気を増すこの花は、私がイギリスで初めて暮らした家のオーナーもお気に入りでした。イギリスの冬を何度か過ごしてみると「cheap and cheerfulで香りもいいから、この季節にはいつもこの花を買うの」と言っていた彼女の気持ちがよくわかります。

そして、3月に入り、ようやく庭や公園でこの花が咲く姿を見かけるようになると、人々は「ああ、やっとイギリスにも春が来た」とほっとするのです。

イギリス国内には1898年に設立されたという「The Daffodil Society」まで存在しています。また、ダファディルはウェールズの国花でもあります。ウェールズでは、3月1日がウェールズの守護聖人、聖デイヴィッドを記念する「St David’s day」です。その際に、国のシンボルであるリーク(ポロネギ)とともに、人々はダファディルの花を身につけて祝うのだそうです。
庭に植えた水仙 庭に植えた水仙が咲くまでには、もう少しの辛抱が必要
我が家でもキッチンの窓辺にこの花を飾っています。庭の水仙が咲くまで、この花たちをながめながら春を待つことにします。

Text&Photo by Mami McGuinness

plofile
マクギネス真美

マクギネス真美

イギリス在住の編集&ライター。9年半の雑誌編集を経て「ちょっと長めのホリデー」のつもりで渡英。たくさんのあたたかな人たちとの出会いにより滞在が長期化し、現在に至る。 2004年よりイギリスを拠点に書籍・雑誌・新聞・インターネット等にて企画、編集、取材、執筆、コーディネイト、撮影を手がける。テーマはライフスタイル、ガーデニング、料理、人物インタビューや旅ガイドなど。メディアを問わず、イギリスの素敵なひと、場所、ものごとをひとりでも多くの方に伝えたいと考えている。『英国ニュースダイジェスト』ではイギリスの食に関するコラム「英国の口福を探して」を連載中。2012年以降、文化放送、NHKラジオ、TOKYO FM等のラジオ番組に出演も。
ホームページ:
http://mamimcguinness.com
twitter
Facebook

マクギネス真美さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND