2018.05.17

English Garden Diary イギリスのガーデンに置かれたベンチの意味は?

イギリスのガーデンを訪ね、その中を歩いていると気づくことがあります。それは、たいていの庭にベンチが置かれていること。木製だったり鉄製だったりと素材は違いますし、デザインも様々。でも、どれもがガーデンの風景に溶け込んでいます。

庭園の規模に関わらず、こうしたベンチが置かれているのは、イギリスの庭の特徴のひとつといえるでしょう。
20180518_garden_01 チューリップがまぶしい5月のガーデン
イングリッシュ・ガーデン・ツアーといった観光旅行で、名園を巡る旅の場合には、ひとつひとつのガーデンをゆっくり見ている時間はないかもしれません。でも、イギリスの庭園を訪ねるのであれば、ぜひこのベンチに腰掛けて、目の前の景色を眺めてほしいと思います。

そこから見える風景は、その庭のベスト・スポットだったり、あるいは、ガーデナー自慢の花壇が目の前に広がる場所だったり。座ってみたからこそ出会える、その庭の表情があるのです。

また、野鳥の多いこの国では、ガーデンでは必ず鳥たちのさえずる声が聞こえてきます。ベンチに座り、その声を聞きながら庭を眺めていると、仕事の忙しさや、人間関係の悩みなど、日常のあれこれをいっとき忘れてしまうに違いありません。
20180518_garden_05 ベンチに座っていると、こんな可愛い動物が挨拶にやってきた
さて、そんなふうに、人々をリラックスさせてくれるベンチ。その背もたれのあたりに、小さなメタルのプレートがはめこまれているものがあるのを、ご存知でしょうか。

そのプレートには、誰かの名前と、その人にあてたメッセージや、その人となりを表した言葉が刻まれていることが多くあります。よく見ると、それは、故人となってしまった方のこと。というのも、これらは、そのガーデンに通っていた(あるいは縁のある)人々を想って捧げられたベンチなのです。
20180518_garden_03 この庭に平穏と喜びを見出していた女性に捧げられたベンチ
20180518_garden_04 このガーデンを愛した女性は、どんな人生を送ったのだろうか
もちろん、必ずしも故人のためとは限らず、誕生日や何か特別の記念のためにこうしたベンチを寄贈する人たちもいますが、やはり亡き人を偲んで……というものが多い気がします。

かつて、私がイギリスに来て数ヶ月経った頃、ホームステイ先の隣に住んでいた80代のドリーンという女性が亡くなられました。2週間ほどして、ホストマザーが近所に住む友人たちみんなで彼女の思い出にと、家から3分と離れていない、ハーブガーデンの美しい公園に、ベンチを寄付することにしたと教えてくれました。

一人暮らしをしていたドリーンは、毎日その公園へ犬の散歩にでかけては、小さなハーブガーデンを眺めていたそうです。近所の人たちそれぞれが、日々、そこで彼女と短い挨拶をかわしたり、ときには、そのあと家に招かれて紅茶を飲んだり。そんな思い出をこのベンチに込めているのだと、ホストマザーはほんの少し涙ぐんだ様子で話していました。

それを聞いて、私は初めて、それまでイギリスのガーデンや公園で見かけるベンチにはめ込まれた小さなプレート、そして、そのベンチの意味を知ったのでした。
20180518_garden_06 妻を思いながらこの庭を眺めていた男性。プレートには夫婦二人の名前が刻まれている
誰かに愛され、少し前に生を終えたこの人も、ここでこうしてこんなふうに緑の木々が風に揺れる姿や、夏の美しい日差しに映えるまぶしい花々の様子、そして、子どもたちの遊ぶ姿を眺めていたのかしら…。それ以来、イングリッシュ・ガーデンや公園のベンチに座ると、会ったこともないその人の暮らしをぼんやりと想像してみたりしてしまいます。
20180518_garden_07 ベンチに座って見える景色。故人は何度この様子を眺めたのかと思いを馳せる
「メモリアル・ベンチ」と呼ばれるこの長椅子は、イギリスの景観や歴史的建築物の保護に尽力しているチャリティ団体「ナショナル・トラスト」管理の庭園や森林、また、世界遺産に指定されているロンドンの王立植物園「キューガーデン」などにも設置されています。イギリス全土、どこに行っても目にするものです。
20180518_garden_02 ガーデンの景色に溶け込んでいるメモリアル・ベンチ
ただ、近年、場所によっては、これらのベンチがその景観を壊しかねない、といった批判が出ています。また、故人にあてた花束やカードをベンチに供える人がいて、それはあまりにパーソナルなものなので、一般の人が気持ちよくベンチを使う妨げになる、という苦情もあるようです。

ベンチが増えてきたからこそ、こうした問題が出てくるのであり、これについては今後、数の規制等が検討されていくことになるかもしれません。ただ、だからといって、メモリアル・ベンチがまったくなくなってしまうのは、寂しい気もしてしまいます。

皆さんが今度、イギリスのガーデンや公園を訪ねたときには、このメモリアル・ベンチについて思い出してみてください。
20180518_garden_08 偶然にも、ベンチの脇にわすれな草(Forget-me-not)が咲いていた

Photo&Text by Mami McGuinness

plofile
マクギネス真美

マクギネス真美

イギリス在住の編集&ライター。9年半の雑誌編集を経て「ちょっと長めのホリデー」のつもりで渡英。たくさんのあたたかな人たちとの出会いにより滞在が長期化し、現在に至る。 2004年よりイギリスを拠点に書籍・雑誌・新聞・インターネット等にて企画、編集、取材、執筆、コーディネイト、撮影を手がける。テーマはライフスタイル、ガーデニング、料理、人物インタビューや旅ガイドなど。メディアを問わず、イギリスの素敵なひと、場所、ものごとをひとりでも多くの方に伝えたいと考えている。『英国ニュースダイジェスト』ではイギリスの食に関するコラム「英国の口福を探して」を連載中。2012年以降、文化放送、NHKラジオ、TOKYO FM等のラジオ番組に出演も。
ホームページ:
http://mamimcguinness.com
twitter
Facebook

マクギネス真美さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND