2013.10.25

たくさんあります!リバティモデル♪ -LAVENHAM-

人気のフラワープリント揃ってます♪



今年もあります!人気のリバティ生地を裏地に使用した通称裏リバティモデル♪ラベンハムのキルティングとリバティの花柄プリントはもはや定番の名コンビですね。
今回も絶妙な組み合わせが揃ってますので、今買えるリバティ柄をご紹介いたします!






リパティプリントのクラシックスタイルの小花柄の一つで1970年と2001年に発表された2つの柄を組合わせて制作されました。アウターに同系色のHARVARD(ネイビーカラー)を組み合わせることで、 落ち着いたすっきりとした配色で、上品で大人な雰囲気。BRITISH MADE限定アイテムです。



こちらは上のリバティと色違い。同じがらでもカラーが変わるとガラッと印象が変わるのもリバティの特徴です。可愛らしいピンクの甘いリバティも、アウターがダークなカーキカラーなので絶妙な甘辛バランスに仕上がるので、気負いなく着られます。



リバティ・アーカイブにあるデザインをベースに描かれた、点綴的なリバティスタイルの花柄。1974年に登場して以来継続的に親しまれているベストセラーの1柄です。清潔感のあるさわやかなブルーのリバティは、柄のインパクトが強くないので、無地感覚でリバティ初心者にも取り入れやすいです。黒×青の組み合わせなので、甘くなりすぎず、着こなせそうです。



2010年春夏コレクションで発表されたリバティプリント特有の密集した小花柄。アーカイブに保管されている資料から、らせん状に描かれた美しいバラの生地見本を基に丁寧にインクで描きなおされました。グレージュのアウターカラーとの相性も抜群です。グレージュのカラーは今季も人気のカラー



リバティのクラシックアーカーヴの中から選ばれた伝統的なペーズリーデザイン。小花によって描かれたペーズリー模様は、リバティでも歴史のある伝統的なデザインです。様々な小花のモチーフでペイズリ―が描かれた上品なBourtonとHARVARDカラーの組み合わせは、落ち着きのある大人っぽい印象のモデルとなっています。



コーンウォルにある『ゴドルフィン・ハウス』の湿原の花々をモチーフに、モスグリーン、オリーブグリーン、ライトグリーン、花々のピンク、オレンジなどの自然の色を、脳裏に残る色あせた記憶のような色合いに表現したロマンティック・ナチュラルな小花柄です。ラベンハムでも定番となっているCAMELカラーは、女性に柔かくナチュラルな印象を与えてくれます。明るいCAMELカラーにピッタリ合うMawston Meadow柄の組み合わせは、かわいらしい色合いが、女性らしい気持ちを高めてくれるモデルです。



三角、四角、丸といったモチーフがちりばめられたポップアートのようなキュートなデザインです。デザインの中に見られる丸い形は小花で表されており、離れてみると、大きな花の形が見え隠れします。ポップでキュートな印象ですが、ベースカラーがネイビーとなっているので落ち着いて見え、斬新で個性的な小花柄となっています。表裏のコントラストが印象的でありながらも、リバティの柄の中にあるオレンジと表地のCINNAMONカラーが自然と馴染み、美しい配色となっているモデルです。



チェックの中に小花が並ぶ高度な技術の必要なデザインで、リバティの誇るプリントと染色の技術によって作られました。チェック柄の上に小花の入ったリボンをさらに格子状に配置し、複雑なデザインを作り上げています。壁紙やタイルの模様に使われるようなデザイン的な花の形や、リボンと花のグリーンの色合いが、レトロでアンティークな雰囲気を出している小花柄です。表地に選ばれたワインレッド系のCASSISカラーは、。L’Estarangeのベースカラーとマッチして、落ち着いた大人っぽい印象を与えます。爽やかなアンティークグリーンがハイライトとなり、ワインレッド系の重めの色に軽さと華やかさを出してくれます。



2009年春夏コレクションに発表された人気柄「Theri Kitty (セリ・キティ)」は、アーカイブにあった伝統的なペイズリーを現代的で愛らしいペイズリーに生まれ変わらせたデザインです。そんなセリ・キティをベースに、そのスケールを縮小し2011年クラシックコレクションに新たなカラーで登場したキティ・グレイスは、重厚感がありながら更にかわいらしく使いやすいデザインとなっています。アウターのブラックカラーとの組み合わせも絶妙です。



1978年に初めてタナローンにプリントされてから、何年たっても人気の絶えることのない、シンプルなアウトラインと美しい単色で表現された花柄。定番のブラックと、定番のCAPELの組み合わせは間違いがありません。


RECOMMEND