2017.03.31

レディーススタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.01 (UK3.5)

20170209_topics1
自分に合ったピッタリの一足を見つけたい方へのサイズガイドと題し、BRITISH MADEスタッフにチーニーを履き比べ、リアルなフィッティングインタビューをお届けするコンテンツ。 今回はレディースサイズガイド第1弾となります。チャーチの代表的なモデルとも比較しておりますので、サイズでお悩みの人はぜひどうぞご覧下さい。


靴の聖地、ノーザンプトンから女性のために作られたコレクション


自分自身のこだわりと共に、永く付き合える良いものを選んでいたいもの。 本日ご紹介するのは“JOSEPH CHEANEY/ジョセフチーニー”が女性へ向けて作ったイギリスはノーザンプトン製の本格派のレザーシューズ。 チーニーのメンズコレクションは確かな品質と新しい感覚を持つシューズとして広く認知されています。 そのクオリティの高さから近年上陸したばかりのレディースコレクションにも注目が集まってきています。


レディースコレクションのシューズはメンズでもおなじみの「グッドイヤー・ウェルテッド製法」で作られています。 この製法で作られた靴はソール交換がしやすく、メンテナンスすることで長く履いていただけるのが特長。 長年履き続けてソールがボロボロになっても、お気に入りのアッパー(靴の上部分)はそのままに、また履き続けることができる、というもの。 これが永く大切にできるという理由の1つ。その大切にする気持ちは、自然と丁寧な身のこなしにも繋がります。


「靴の聖地」と言われるノーザンプトンですが、近年はこのグッドイヤー製法の部分だけを担当し、素材のカッティングや縫製の一部は海外の工場に委ねているところも少なくありません。 しかしチーニーの工場は最初から最後まで全工程を一貫してノーザンプトンの自社工場で行っています。 伝統的な製法はそのままに、アウトソールやブランド刻印など細かくアレンジを施してあくまで女性に向けて開発するチーニーのものづくりにこだわり続けるブランドのプライドが伺えます。 そんな上質な革靴は履いていくうちに足に馴染み、自分だけの大切な一足になるはずです。

次は基本のサイズチャートをチェックしましょう。 それぞれイギリス表記が日本、アメリカ、ヨーロッパの各サイズへどのように対応しているかご覧ください。


一般的にはこちらのサイズ表をご参考いただければ問題ございません。 しかしながらフィット感はシューズのモデル、素材、サイズ設定の基準や足型の違い、更にはコーディネートのバランス感でもサイズを変える方も少なくないです。このように様々な要因で大きく変わるのでサイズチャートはあくまで目安で捉えて下さい。

そこでブリティッシュメイドのレディーススタッフに3モデルをそれぞれ履き比べてもらい、そのフィット感をインタビューいたしました。

BRITISH MADE 青山本店 武者の場合


PROFILE
BRITISH MADE 青山本店: 武者
通常サイズ:UK3.5(23.5cm)
足の特徴:かかとが薄い。両足ともに内反小趾気味。
服装:カジュアル

Q.通常の着用サイズは?
足長23.5cm, 足囲22.5cmの実寸。普段はUK3.5(23.5cm)を着用しています。 かかとが薄いといった足の特徴上、シューレースのないローファーなどはハーフサイズ下げて着用しています。

Q.パンプス、スニーカーの着用サイズは?
パンプスは日本メーカーのもので23.5cm。 スニーカーはUK3.5-4.0(23.5-24.0cm)を着用しています。 メーカーによってUK3.5を選びますが、どちらかと言うとUK4.0のスニーカーを多く持っています。 あえて大きく履くといった事はなく、デザイン重視でジャストフィットを選びます。

Q.チャーチの着用サイズは?
Church’sは基本的にEU36.5(23.5cm)を選びます。 シャノン、バーウッド、ケッツビーどちらも普段と同様のEU36.5サイズを選んでいます。 また、チーニーも同様のUK3.5を選んで着用しています。

Q.シューズを選ぶ際の基準やコーディネートは?
シューズはデザインとコーディネート、履き心地を重視して選んでいます。 サイズはジャストフィットを選びます。 靴下が好きで色々なタイプを持っていますがチーニーはメンズほどラストが多くないのでサイズ感がぶれず、案外同じサイズ感で履けます。 服装がカジュアルなのでデイリーで気兼ねなく使えるデザインを選びます。

内羽根ウィングチップ“MILLY”


NAME: MILLY (LEATHER SOLE) ¥59,400(税込)
SIZE: UK3.5 (JPN 23.5cm)
COLOR: BLACK,CONKER

UK3.5(23.5cm)を着用してジャストフィット。とても良いバランスでした。 甲から指の付け根に掛けてフィット感があり、トゥに向かって適度な余裕はあるけど収まりが良く、無駄がない印象です。 捨て寸も長すぎず、シャープなラウンドデザインも魅力です。 フルブローグモデルというトラッドを代表するデザインですがチャーチのバーウッドと比べる装飾感が少なく可愛いというよりは繊細な雰囲気です。


履き口が浅く、ウィングチップの角度が深く、シューレースも4ホールといったデザインによる小振りなバランスがグッと女性らしい雰囲気に仕上げてくれます。 テーパードパンツからスカートまで、どんなボトムスとも相性の良い1足です。 特に履き口が浅いといったポイントを活かしてワイドパンツと合わせてもより良さそうです。


左がミリー, 右がチャーチのバーウッド。どちらも同じサイズ感で並べていますが、バーウッドと比較すると捨て寸の長さ、トゥのラウンドのシャープさ、チップの角度の深さやシュータンの装飾、履き口の高さなどなど。同じフルブローグでも細かな点で全く異なり、クリーンな印象を与えているのがわかります。いわゆる王道のブローグモデルだけど、装飾感が少なくクラシック過ぎないモダンな雰囲気がとても気に入っています。


チャーチのシューズと比較すると本当に若干の差ですが、チーニーのほうがやや高いヒールとなっています。ソールもシングル仕様なのでチャーチと比べて傾斜もあり、よりエレガントに見せてくれます。多分こんな細かい所は私しか気にしてません。笑 この数ミリ違うデザインが女性らしくスタイリッシュに見せてくれるポイントの1つなんだと思います。

外羽根プレーントゥ“LORA”


NAME: LORA (LEATHER SOLE) ¥59,400(税込)
SIZE: UK3.5 (JPN 23.5cm)
COLOR: BLACK

UK3.5(23.5cm)でこちらもジャストフィット。 木型はミリーと同じなので全体的なフィット感も同じです。 しかしながらシューレースが5ホール、履き口の形状や大振りの外羽根といったデザインなので、全体的な印象としてよりミニマルさに磨きが掛かっています。


左がローラ, 右がチャーチのシャノン。シャノンと比べるとステッチのない大振りな外羽根や、トゥに向かう角度のシャープさ、コバの張り出しも少なく全体的に小振りな感じです。 実は今回履き比べた3つの中で一番お気に入りのモデルなのですが、プレーントゥというスタンダードさよりも、この美人なフォルムが決め手です。 素材もパテントレザーを採用したモデルなどバリエーションも幅広く展開があるので、ベーシックなプレーントゥだからこそ女性の方には素材で遊んで欲しい、そんな1足です。

サイドゴアシューズ“CLARA”


NAME: CLARA (LEATHER SOLE) ¥61,560(税込)
SIZE: UK3.5 (JPN 23.5cm)
COLOR: BLACK,CONKER

UK3.5(23.5cm)でこちらもジャストフィット。 土踏まずのアーチのお陰で甲が浮かずとても良いフィット感です。 個人的にもサイドゴアブーツは好きなのですが、かかとの小さい自分の足には甲が浮いてしまうものが多く、その点をカバーしてくれるこのモデルはお気に入り。 素材はカーフを採用し、ストレッチ性が非常にあるのでとても履きやすいです。 また、サイドゴアというと履き始めの甲の痛さがどうしても出てしまうのですが、柔らかくストレッチ性に優れた素材のお陰でその痛さは全くありません。


左がチャーチのケッツビー,右がクララ。正面から見るとより分かるのですが足首からトゥに掛けてのラインがとてもシャープな作りとなっています。サイズ感は甲と足回りがスマートな印象。 トップラインはケッツビーと同じくらい高く、足が短く見えてしまいがちなこの丈にも関わらず足を長く綺麗に見せてくれます。 ケッツビーはスカートに相性が良いイメージですが、チーニーのクララは汎用性が高くどんなコーディネートにも馴染んでくれます。 スキニーデニムから膝丈のタイトスカートまで、ここ数年トレンドのボーイフレンドデニムなどボトムスを選ばないお勧めの1足です。

Q.チーニーの中で最も思い入れのあるモデルは?


NAME: BONNIE (LEATHER SOLE) ¥59,400(税込)
SIZE: UK3.0 (JPN 23.0cm)
COLOR: WHITE

このモデルはとにかく綺麗な白が印象に残った一目惚れの1足です。ローファーは数あるシューズの中でも最もカジュアルな形ですが、履いてみるとコーディネートを引き締めてくれます。マニッシュなスタイルから、夏場のラフなコーディネートもこの1足があればまとまります。また、靴下が大好きなのでそういった遊びも楽しめるのがローファーの魅力です。


私がチーニーが好きな理由はマニッシュなスタイルや外しとしても履けるオールラウンダーなところ。今っぽいトレンド感があるコーディネートにも溶け込んでくれます。もちろん王道トラッドスタイルにもピッタリですが、チャーチとはまた違ったスタイリッシュな雰囲気がお気に入り。もう1つはレザーソールの返りが良いところ。女性の方はあまり革靴のような特有の硬さを持つソールには慣れないと思いますがチーニーはレザーの返りが特によく、履き込んでから馴染むまでの期間も約1ヶ月ほどと他ブランドと比べても短いです。革靴にあまり慣れていない方や初めての方にもお勧め出来るのがチーニーのレディースコレクションです。

いかがでしょうか。

シューズのサイズは個人の足の形やスタイルで選び方が異なるもの。自分のスタイルを大事にしてシューズを選ぶのもまた1つの視点です。次回もまたレディースのサイズガイドを予定しております。是非乞うご期待下さい。BRITISH MADEスタッフによるリアルなこのサイズガイドが皆様のお役に立てれば幸いです。

メンズのシューズガイドはこちらから
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.01(UK7.5)
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.02(UK5.0-5.5)
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.03(UK9.0-9.5)


アイテムをチェックする





おすすめ商品

RECOMMEND