2017.10.13

チーニーの実力を魅せつける最高峰ライン“インペリアルコレクション”が到着

20170623_topics1
2009年にプラダグループから独立し、ブランドとして再スタートをきったジョセフチーニー。 元々高い技術を持ちながらもチャーチのセカンドラインとして認知されていたチーニーですが、 その影で数多の有名ブランドのOEMを手掛け、技術力と時代に即した鋭い感覚を磨き上げることで、昨今では名立たるブランドを差し置くハイクオリティシューズを作り上げる1ブランドとして広く周知されるようになりました。 今回ご紹介する“インペリアルコレクション”。 チーニーの実力を見せつけるべく、それまで培ってきた技術をすべて用いたチーニーの最高峰コレクションです。 “PURELY MADE IN ENGLAND”の魂が詰まった1足をぜひ堪能してください。

よりエレガントに、よりハイエンドに仕上げられたシューズの為の木型

20170623_topics7

インペリアルコレクションでは全てラスト208を採用。 程よい長さのロングノーズシルエットにバランスの良い甲の高さ、イギリスの伝統らしさが光るやや膨らみのあるエッグトゥ。 それでいて絶妙にシェイプが利いた幅から得られる総合的なフィット感は、チーニーの中でも格別タイトフィットな仕上がり。 足に吸い付くような至高のフィット感が得られます。

20170623_topics7 左がラスト208、右がラスト125。2つ並べてみると一目瞭然。如何にシャープ、ドレスに仕上げているかが分かる。

とことんドレッシー、エレガントさを重視した極上の木型は他のラストと比較するとそのスタイリッシュさがよくわかります。 現代人の足に合わせたFウィズを採用していますが、全体的に細身に仕上げたこの木型では体感的にEフィットにも感じます。 せり出しの少ない小振りなヒールカップで足回りのホールド感も確保。 こうして眺めるだけでも、この木型がなぜ“IMPERIAL/インペリアル”と冠するハイエンドコレクションに採用されるかが理解できます。

既成靴では滅多にお目にかかれないビスポーク仕立て

20170623_topics7

レギュラーモデルとの最大の違いは、既成靴ではまず採用されない仕様があらゆる場所で見受けられること。 裏返してアウトソールを見てみると、まず目に入るのは美しいフィドルバック、くびれが際立つベヴェルドウエスト。 まるでピスポークシューズを彷彿させる高級感ある仕上がりです。 また、接地面に触れない土踏まず部分を半カラス仕上げにすることで履き込んでいった際にも綺羅びやかさを損ないません。

20170623_topics7

縫い目をアウトソールに見せないヒドゥンチャネル、インチャネル(伏せ縫い)を採用し、よりドレッシーさに拘っている事が伺えます。 見た目も美しいこの仕様は、ソールを縫いつける前に、周囲を薄くスライスしドブを伏せて接着することで、縫い目を隠す職人技。 高級ピスポークシューズに見受けられる仕様は非常に手間が掛かるもの。この点からもチーニーの本気を感じ取ることができます。 アウトソール素材にオークバークを採用している点もピスポーク仕様を語る上では見逃せません。樫の木の樹脂から抽出したタンニンを時間を掛けて丁寧に鞣すことで、しなやかさと優れた耐久性が生まれます。屈強性に富んだソールは、摩擦にも強くすり減りが少ないのがポイントです。

20170623_topics7

ライニングには手書きでモデル、サイズ、ウィズが記載されたウィンドウ(小窓)が施され、細かな意匠が高級感を漂わせます。 レザーを張り付ける工程にさらに一手間を加えるという徹底的な拘りよう。また、タンの取り付けに関しては足入れを考慮してワンピース(一枚革)を使用しています。 さらにアッパー素材もインペリアルコレクション専用のハイエンドカーフを採用。 素材、技術力、共に一級品。この価格帯でこのクオリティを堪能できるのはチーニーだからこその魅力です。

現存するモデルとは一線を画する究極のキャップトゥ


ドレス、フォーマルスタイルを飾る上で不可欠なキャップトゥ。 シンプルなだけに最も違いが感じ取れるモデルでもあります。 インペリアルコレクションの“BUCKINGHAM/バッキンガム”は、細身の木型に加え装飾感を一切省くことで、より洗練されたエレガントな1足へと昇華。 丸コバ処理、ステッチの開始点を深くするなど、更にドレッシーに見せるための意匠が随所に加えられています。 究極のオックスフォードシューズをお探しの方にぜひ。

20170623_topics2 コバを見えにくく処理する事で、よりシャープな印象を与える。高度な技術を持つ職人ならではの技術。 20170623_topics2 ステッチの開始点を深くすることで、縦のラインが強調される。

細かなディテールが光る洗練されたダブルモンク


こちらはダブルモンクモデルの“HOLYROOD/ホーリーロード”。 光沢感のあるシルバーバックルがスタイリングに更なる高級感を与え、スーツ、ジャケットスタイルをよりエレガントに仕上げてくれます。 甲周りをホールドするモンクストラップは通常よりも幅が狭く曲線美ある華奢な印象。 ストラップの各パーツの形状をシャープに仕上げており、美しさと上品さに拘った細かな配慮があらゆる場所に施されています。

20170623_topics2 各パーツの形状をシャープにする事で、繊細さをさらに演出。ドレッシーな印象に磨きがかかる。

GINZA SIX店、オンラインショップ限定でインペリアルコレクション専用ノベルティをプレゼント

20170623_topics2

GINZA SIX店、オンラインショップにてインペリアルコレクションのシューズをお買い上げ頂いたお客様にはインペリアルコレクション専用かつチーニー純正のシューケアキットが付属いたします。 ワックスが2点、クロス、ブラシが1点ずつ、更にはクラシックなレザーポーチが付属いたします。 どちらの店舗も数がなくなり次第配布終了となりますので、ぜひお見逃しなく。
※現在開催中のレザーメンテナンスフェアとは併用となりませんので予めご了承ください。

いかがでしょう。 目に見える部分から、見えない部分まで、チーニーのクラフトマンシップの実力を魅せつけるハイエンドコレクション。 このクラスではチーニーでしか得られない極上の履き心地と仕上がりになっております。 チーニーの拘りを全て詰めこんだ贅沢な一足、ぜひ体感してみてください。

チーニーメンズ関連トピックスはこちらからご覧ください。
計算しつくされたシェイプとフィッティングの「125ラスト」を知る
ジョセフチーニーの1886コレクション
ロンドンの金融街で愛されるシティコレクション
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.01 (UK7.5)
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.02 (UK5.0-5.5)
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.03 (UK9.0-9.5)

アイテムをチェックする


おすすめ商品

RECOMMEND