2018.03.16

レディースの皆さまお待たせしました。日本初かつ当店限定、ダイヤモンドラバーソールのチーニーが新登場。

20180314_topics1
百貨店やデパート、美容院、コンビニエンスストアに至るまで…床がツルツルとしている場所は挙げればキリがないほど身近に沢山あります。 そんな現代シーン「レザーソールは滑るから手を出しづらい。」という声をよく伺います。 日々の買い物やスタイルアップの為に、足繁く出歩く女性の方々はそういったシーンに対面する事が多くなるのは必然。 それでも革靴で美しく着飾りたいものです。 そこでお勧めしたいのがラバーソールのシューズ。 グリップ力に優れ、地面を的確に捉えてくれる、雨の日でも使えるオールラウンダー。 そんなラバーソールを採用したジョセフチーニーのレディースモデルが新入荷いたしました。 女性らしいエレガントなルックスはそのままに、実用性を兼ね備えたチーニーのラバーソールモデルを本日はフィーチャーいたします。

美しさと実用性を備えた女性のためのダイヤモンドラバーソール

20180314_topics2

その名の通り天然ゴム製であるラバーソールは優れたグリップ力を誇り、日常生活における数多の場面でその効果を存分に発揮してくれます。 カーフ素材ですとアッパーの保護は必須ですが、雨の日でもグリップ力を損わず、気兼ねなく使えるのもポイント。 レザーソールと比較すると、カツカツといった革靴らしい音、経年変化などの優美さには敵いませんが、 今回ご紹介するラバーソールモデルは、ソールにダイヤモンドカッティング処理を施し、コバまでオールブラックに仕上げています。 カッティングを施す事で、ラバーソール特有の重厚な雰囲気を取り払い、レザーソールのようなスマートさを演出。 また、レザーソールに比べて軽さにも軍配が上がります。 実用性は格段にアップしながらも見た目は美しいドレスシューズのまま、女性らしいエレガントな印象を与えてくれます。

20180314_topics2

こういった小さな拘りが、チーニーの靴作りに対する美学の1つでしょう。 フォルムやヒールの高さなど1つにおいても、ただ単にメンズの靴を小さくしただけではなく、女性らしいエレガントな靴へと導く小さな拘りが随所に配されています。 あなたの生活を支えてくれる実用面と共に、時には自身のスタイルアップを約束してくれる1足になるはず。

“ブリティッシュカントリー”をモダンに昇華したウィングチップ“MILLY”


優美なブローギング(飾り穴)と繊細さを合わせ持ったウィングチップ・シューズ“ミリー”。 ウィングチップという“ブリティッシュカントリー”な表情はそのままに、小振りに仕上げられたブローギングとキメの細かいカーフレザーで野暮ったさを感じさせません。 カジュアルになり過ぎず、クリーンで上品な雰囲気をスタイリングにプラスしてくれます。

シンプルさでシューズの美しさを感じさせるプレーントゥ“LORA”


ベーシックなプレーントゥ・シューズ“ローラ”は、華奢な女性らしさを際立たせるチーニーらしい一足。 シンプルなデザインだからこそ素材の良さや、美しいフォルムをいっそう実感できるのが魅力でもあります。 ものづくりとクラフトマンシップが息づくプレーントゥ・シューズは汎用性が高く、シンプルにデニムジーンズと合わせても、少々畏まったシーンでもその魅力を放ちます。 あくまでもベーシックでありながらも、他では味わえない美しさを堪能できます。

毎日でも履きたくなる端正な顔立ちのペニーローファー“BONNIE”


オールシーズン、あらゆるシーンで出番が多くなるペニーローファー“ボニー”。 王道のトラッドスタイルから、マニッシュなスタイルと合わても、可愛くなりすぎない品の良さをプラスしてくれる魅力のローファー。 もちろんドレステイストのあるアイテムと合わせても好印象。 上質で端正な顔つきのローファーは毎日でも履きたくなるマスターピースです。

チーニー・ウィメンズ関連トピックスはこちらからご覧ください。
JOSEPH CHEANEY / ジョセフ チーニーのレディース・コレクション
レディーススタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.01 (UK3.5)
レディーススタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.02 (UK4.5)

アイテムをチェックする


おすすめ商品

RECOMMEND