2015.07.27

英国老舗ジュエリーメーカーがつくるアクセサリーの魅力

大人の男性も身につけられるアクセサリーを200年以上ハンドメイドで作り続けるメーカーのご紹介。

財布、腕時計、カフスボタン、タイピン・・・大人の男性が身につけられるアクセサリーは案外少ないもの。
そんな大人が身につけられる高品質なアクセサリーを200年以上に渡りハンドメイドで作り続け、ビジネスマンはもちろん、
セレブリティや王室にも愛用されているブランドDEAKIN&FRANCISのアクセサリーをご紹介します。

1.スターリングシルバー(純度92.5%)を使った高品質アクセサリー

スターリングシルバーとはイギリスの法定品位にもなっている銀の含有率が92.5パーセントの銀合金のことを指します。合金にすることで製品強度を上げ、実用に耐えうるアクセサリーをつくることができます。また厳正な審査にのっとった品質保証マークである「ホールマーク」も各製品に刻印されています。
これらのホール・マークの組み合わせ次第で、いつ、どこのメーカーが作った製品か、そしてその品質までがはっきりと分かります。マーケットで掘り出し物を見つけるのにも便利です。


2.確かな技術力に支えられる精密かつユニークなデザイン

世界有数のジュエリーブランドの下請けを行ない、様々なデザインのアクセサリーを作ってきた彼らはその高い技術力で精密なアイテムを作り出しています。立体物をつくる造形力はもとより、タイヤが回るカフリンクスや、横に動くラペルピンなど、クスッと笑えるような大人の遊び心を忘れないユニークなデザインも彼らの特長です。


3.カットから磨きまで全て手作業で行うこだわり

DEAKIN&FRANCISの工場長は「古代エジプト、ビザンティン、中国、日本の王朝時代から築き上げられた技術によって、各工程は2000年もの間変わらない手法で施されています。職人が作り出す製品は、言わばひとつのアートなのです。」と語っています。200年以上もの間、保ち続けてきた高水準のクラフトマンシップと品質は、決して揺るがない彼らのアイデンティティとなって製品に表現されています。




RECOMMEND