2014.10.09

森岡さんに作ってみたいアイテムや色を選んでいただきました

どのようなアイテムを使ってみたいですか?企画してみたいですか?
様々な仕事に取り組まれている森岡書店の店主、森岡 督行さん。

ものとの出会いの喜びを共有し、またそこから弾むコミュニケーションに関心がある。
そんな森岡さんのスタンスに共感し、スタートした
森岡書店さんとBRITISH MADEオンラインショップとの共同企画。

今回はBRITISH MADEが販売しているレザーアイテムブランド、
GLENROYALの現行品・廃番品・サンプル品など様々なアイテムをお持ちし、
どのような商品を企画してみたいか伺って参りました。
ーどのようなレザーアイテムを使ってみたいですか?企画してみたいですか?ー
アーカイブスからバイブルサイズのシステム手帳
「まずはこのバイブルサイズのシステム手帳です。
見た目に重厚感があるので打ち合わせの際に取り出して開くだけでも喜びを感じそうです。 また大きさも
丁度良くて市販されているリフィルが使えるところも良いです。」

カードポケットなど収納が豊富な現行品のトラベルウォレット
「次にこの大きな長財布トラベルウォレットです。サイズが大きいのに線が細いところが良いです。
中を開けるとたくさん収納できてとても使いやすそうです。 また表側のレザー一枚の面積が広いので
新品の時と経年変化した時の印象の違いを楽しむ事ができそうです。」

BRITISH MADEでも随一の人気を誇るラウンドロングパース
「最後にストラップ付きの長財布ラウンドロングパースです。ストラップを外すひと手間が好きです。
開いた時の造形がバランスが整っていて魅かれます。 サイズも手ごろなのでジャケットを羽織る日は内ポケットに入れて使えそうです。」


ーカラーリングもお選びいただけます!ー
「難しいですね。私はシンプルな色目を好む方なんですよ。
通常の色目でもよいのですが、あえてテーマを決めさせていただきたいと思います。」

バートランド・ラッセル著 西洋哲学史

「英国にバートランド・ラッセル(Bertrand Russell)という哲学者がいました。
その著書「西洋哲学史(A HISTORY OF WESTERN PHILOSOPHY)」を原文で読もうと試みた時、
序文に”世界は2つの要因からできている”というテキストがあった事を覚えています。

確か科学的と宗教的という二項対立だったと思うのですが、
陰と陽とか善と悪とか醜と美という捉え方もできるのではないかと思いました。
今回のカラーリングに関しては、このバードランド・ラッセルの観点から考えてみたいと思います。

システム手帳とトラベルウォレットは本体をダークブルーにして、
ステッチとロゴをゴールドにしたいと思います。
これは真夜中(ダークブルー)に浮かぶ月(ゴールド)をイメージしています。
陰と陽といえるかもしれません。

次にラウンドロングパースですが、こちらはもう少し色味を入れてみようと思います。
外側のレザーをダークブルー、内側のレザーをターコイズにします。 表側と裏側で二つの世界を表したつもりです。 他の2点との並べた時のバランスを考えてステッチとロゴの色はゴールドで合わせる事にします。」


次回は11月28日の更新を予定しています。
商品の企画から少し離れまして森岡さんにとっての英国についてお伺いします。


> 第一回 森岡書店店主、森岡 督行さんとのコラボレーション企画がスタートします
> 第三回 興味のある英国文化を教えてください
> 第四回 出来上がったサンプルを森岡さんに見ていただきました。

森岡 督行(もりおか よしゆき)
東京は日本橋茅場町の古書店「森岡書店」の店主。
著書に「荒野の古本屋」などがある。
芸術新潮にて「作家が覗いたレンズ」を連載中。

森岡書店
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-17-13
第2井上ビル305号
森岡書店

Tel: 03-3249-3456
http://moriokashoten.com/
営業時間: 月-土 13:00-20:00


RECOMMEND