2016.11.21

BRITISH NOTE15 
LAVENHAM/ラベンハムのウールキルティングコートで 1ランク上の上品さを纏う。

20161121_lvhmain
エリザベス女王のために作られたナイロンキルティングのホース・ブランケット。英国の上流階級に愛されたキルティングにブランド誕生の端を発するのが「ラベンハム」です。ラベンハムはキルティング生地から英国の自社工場で生産。キルティングの特徴である軽さと暖かさのクオリティの高さはもちろん、多様な生地と精密なステッチで、さまざまなシーンに合わせたコートが選べます。今回は、数あるウール素材の中でも、定番のひとつであるフランネルを使用したモデルにクローズアップ。都会のワークスタイルにも、たくさん歩きたいオフの日のアウターにもぴったりの、時代に左右されない上質なラベンハムのキルティングコートが、あなたの着こなしを彩ります。

フランネル生地のコートはワークスタイルにも、ドレスシーンにも。

20161121_BN14_01-02

すらりとスリムなロング丈の「ハルステッド」は、ウエストにもシェイプがかかったシルエットで、着こなしを引き締めてくれます。ストレートなポケットも、すとんとスマートな印象。フランネルならではの光沢感やタッチの柔らかさも手伝って、通勤やお客様の前などのキリッとした着こなしに1ランク上の上品さを与えてくれる1着です。

TPOに合わせて着こなせる、自由度の高い「辛口キルティング」。


「ハルステッド」にはコーデュロイ生地の襟と、身頃と共地のフードが付いています。フード部分はスナップボタンで取り外しができるため、マフラーと合わせたりトレンドのハットを被ったりと、カジュアルさの足し引きができる設計。ぐっと街での使い方を意識したつくりになっています。ボディに付いたスナップ式のボタンには、ラベンハムのトレードマークである馬の刻印が。落ち着いた印象の中にイギリスメイドらしい遊び心を加えて、余裕のある大人のコーディネートの完成です。

大人の女性がまといたい、上品さとカジュアルさのちょうどいいバランス。

20161121_BN14_03

ゆったりしたシルエットが特徴の、定番人気のロング丈モデル「ブランドン」。軽くて暖かいキルティングコートの表にフランネルを使ったこちらのモデルは、パイピングもボディと同じ生地で、カジュアルになりすぎない1着。袖をまくって、ちらりと裏地のファーを見せてよりかわいらしく。ホリデーシーズンの家族と出かけるプライベートなシーンに合わせると、フランネルの持つ上品なムードが着こなしに落ち着いた雰囲気を呼び込んでくれそうです。

とろけるようなファーとキルティングが織りなす、やさしい雰囲気。


「ブランドン(フランネルxファー)」は膝付近まですっぽりと体を覆うあたたかなフランネルウールと、裏地はしっとりとなめらかな手触りのフェイクファーのライニングで、高い防寒性だけでなくルックス以上の軽さで着ていただけます。Aラインの形と丸いポケットのステッチに、備え付けのフードが女性らしく、合わせる服を選ばず着られる1着です。

イギリスメイドならではの素材とシルエットで幅広いシーンに対応。

20161121_BN14_05

ラベンハムではその他にも、多彩なタイプのキルティングコートをご用意しています。お子さんとのアクティブなお出かけでも上品に着こなせる丈感のものから、オリジナルパターンのブリティッシュウールを使用したコート、イギリスの伝統的なファブリックであるツイード素材のものなど、あなたが着たいシーンに応じて沢山の種類から選んでいただけます。

英国発のデイリーウェアをワードローブに。

20161121_BN14_06

英国紳士の嗜みであり、ひいては貴族社会の象徴として知られる乗馬の文化。イギリスでは王室文化がファッションに与える影響は大きく、現代でも注目の的になっています。その理由はやはり、時代に左右されないスタイルの美しさと品格を纏えることが、いつの時代でも多くの人に求められるからではないでしょうか。

イギリスメイドのキルティングは、その上質さはもちろん、長く着続けられるよう耐久性の高い素材を厳選して使用。ステッチにもこだわり、幾度にもわたる検品を経て出荷されています。ロイヤルスポーツ発のファッションなので、もちろん利便性も保証済み。着る人の年齢を問わず、デイリーウェアをランクアップさせてくれるラベンハムのアウターを、あなたのワードローブに加えてみませんか?

アイテムを見る

Photo by Katsunori Suzuki / 鈴木克典
Text by Kaoru Tateishi / 立石 郁



RECOMMEND