2018.06.28

ブリティッシュ“ライク” 続・納涼、英国映画「ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談」

ガラス越しに立ち、物思いにふける一人の紳士。綺麗に後ろへ撫でつけられた髪、皺のないシャツとフォアインハンドからは品格が漂う。ウェストコートの下には一体どんなブレイシーズを着用しているのだろう。
背景を物語るには充分過ぎるほどの優れたスチールだ。異彩を放つマーティン・フリーマンの凛々しい姿に”吸い寄せ”られたのか、はたまたこちらが”取り付いて”しまったのだろうか…

昨年の「納涼、英国映画」の続編として紹介したいのは、恐怖の英国産ジェットコースタームービーだ。そもそも僕自身はホラー、パニック系統の映画は大変苦手としているが、冒頭で述べたように、マーティン・フリーマンの麗しさに幻惑されて本作を鑑賞したのだ。古今、多くの映画を鑑賞してきたが、これほど身の毛もよだつ思いをした記憶はそうそうない。概要についてはおおよそ検討がつくに違いない。ゆえに、あらすじには一切触れず、予告編だけを添付したい。正直に白状すると、文書に起こそうとするだけでも身震いしてしまうという理由もあるのだが。
この作品は、英国史上最も恐ろしい舞台として名高い「ゴースト・ストーリーズ」がベースになっている点も補足しておきたい。本国では数々の劇場で興行し、アーツ・シアターでは26カ月のロングランを果たしている。その後は世界ツアーも敢行し、トロント、上海、リマ、シドニー、モスクワなどで上演され、世界中で100万人以上の動員を誇っている。満を持して映画化された経緯も興味深い。

納涼には幾分気が早いかもしれないが、このじめっとした蒸し暑さを氷結させるには充分な作品だ。安易な気持ちで見始めると泣きをみることになるのであらかじめ警鐘を鳴らす。また、女性を驚かせて抱きついてもらおうなどと甘い期待を抱く男性諸君、自身のようにしくじると、醜い悲鳴をあげながら妻に抱きつく羽目になるので覚悟してご覧いただきたい。
© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

「ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談」
7月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲他にて全国順次公開
監督・脚本:アンディ・ナイマン&ジェレミー・ダイソン
原作:「ゴースト・ストーリーズ」byアンディ・ナイマン&ジェレミー・ダイソン
出演:アンディ・ナイマン、アレックス・ローサー、ポール・ホワイトハウス and マーティン・フリーマン
2017年 / イギリス / 英語 / 98分 / DCP / カラー / 5.1ch / 原題:GHOST STORIES / PG-12/ 日本語字幕:ブレインウッズ / 配給:トランスフォーマー
www.transformer.co.jp/m/ghoststories
Twitter: @GhostStoriesJP
Facebook: facebook.com/GhostStoriesJP

Text by Shogo Hesaka

関連リンク
納涼、英国映画
権藤、権藤、雨、権藤、続いて、雨、雨、権藤、雨、権


plofile
部坂 尚吾

部坂 尚吾

1985年山口県宇部市生まれ、広島県東広島市育ち。松竹京都撮影所、テレビ朝日にて番組制作に携わった後、2011年よりスタイリストとして活動を始める。2015年江東衣裳を設立。映画、CM、雑誌、俳優・タレント・文化人のスタイリングを主に担い、各種媒体の企画、製作、ディレクション、執筆等も行っている。山下達郎と読売ジャイアンツの熱狂的なファン。
江東衣裳
http://www.koto-clothing.com

部坂 尚吾さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND