2015.11.15

果物や野菜、そして胎盤も!? ロンドンの新スムージー習慣に見る健康を保つヒント

キャサリン妃もスムージーを愛飲

201511_health01_640
世界のセレブやトップモデルたちが愛飲し、日本でも大人気のスムージー。イギリスでもその人気は高く、国民はもちろん、キャサリン妃もオーガニックな野菜や果物を使用して手作りのスムージーを楽しんでいる。そんな彼女のことをイギリスのメディアは愛を込めて「スムージークイーン」と呼んでいる。ファッションや人柄でも注目を集めるキャサリン妃だが、ヘルスコンシャスなライフスタイルもお手本にされているようだ。

果物&野菜のみで作られたinnocent社のスムージー

201511_health02_640
そのイギリスで、手軽に楽しめると人気なのがinnocent社のスムージー。甘味料、香料、保存料などを一切使用せず、原材料は果物と野菜のみ。ピーチやバナナなど7種類のフルーツがブレンドされた「マンゴー&パッションフルーツ」、健康食として注目を集めているアサイーがブレンドされた「ザクロ&ブルーベリー&アサイー」など、魅力的なラインナップがそろう。子供が描いたようなイラストのパッケージも、なんともいえず、ほっこりした気分にさせてくれる。

エシカルな活動にも注目。「The big knit」の取り組み

201511_health03_305
201511_health04_305
製品のクオリティの高さもさることながら、チャーミングな社会貢献もinnocent社の魅力のひとつ。毎年「The big knit」というチャリティーを行っていて、これは一般の人から小さなニット帽を募って、250mlのボトルのキャップにかぶせて販売するというもの。通常値段より 25ペンス分上乗せされていて、その分が高齢者を支援するチャリティー団体に寄付されるという仕組み。冬の厳しい寒さによって亡くなる高齢の方が多いため、寄付金で毛布やブランケットを購入・配布することでそれらを少しでも防止しようというもの。クリスマス前になると、いろいろな形や色のニット帽をかぶったボトルが並び、そのかわいさにコレクションする人も多いそう。気負わず、楽しく、おいしく社会貢献に参加できるなんてなんとも素敵な試みだ。

早朝フェスにも欠かせないスムージー

201511_health05_640
健康的で手軽に栄養がとれるスムージーは、朝活イベントでも大活躍。平日の早朝からヨガやDJ、ダンスなどを楽しむ「早朝フェス(Morning Gloryville)」は、ロンドンから始まり、今や世界各国で行われている朝活イベント。そこで提供されるのはもちろんアルコール、ではなくスムージー(かコーヒー)。ひとしきり体を動かした後は、果物と野菜の力でエネルギーチャージ。気分良く仕事へ向かう力をくれる。また、最近ロンドンでは、出産後の女性たちの間で、胎盤入りのスムージーを飲むのが流行っているのだとか。なんでも、自分の胎盤を粉末にしたものを混ぜて飲むことで、出産後に必要な鉄分や栄養分を摂取することができ、快眠や美肌につながったり、母乳の出がよくなったり、産後ダイエットにもよいらしいとの報告があるそう。いつまでも元気で美しく健康でいたいというのは、老若男女問わず世界共通の願い。そんな願いを叶えるため、これからまた、スムージーの新たな楽しみ方が増えるかもしれない。

参考URL:innocent(http://www.innocentdrinks.co.uk/


Text by M.Morikuni / 森國美代

RECOMMEND