BRITISH MADE

BLOG

シューツリーのご紹介

皆様こんにちは。

大阪店の田畑です。

この時期にやって来る寒の戻りがなかなか厳しい大阪です。

本日は靴を永く愛する為に必要不可欠と言っては過言ではない

シューツリーのご紹介です。

シューズをお買い上げ頂いたお客様によく尋ねられるのが

「シューツリーは入れた方がいいのですか??」

というご質問。

結論から申し上げますと、永くご愛用をお考えであれば必須です。

まず下の画像をご覧ください。

 

 

 

 

約1年半ほど履いた私のSHANNONです。

左足がシューツリーを入れていない状態で、右足が入れている状態です。

一目で違いが分かるかと思いますが、入れていない物はソールが反り返っていて

シワが鋭角に入っています。

形も崩れてしまっています。

 

正面から見ると、これまた一目瞭然。

入れていない左足はアッパーが凹んだままで、ソールも歪んでしまってます。

このようにシューツリーを入れないと、靴のシルエットや形が崩れた状態になり

ひび割れなどの原因となる深い履きジワが入り易くなります。

しっかりとシワが伸びた状態だと、お手入れの際にクリームを入れやすく、シワの部分にも

栄養がいきわたりやすく、ひび割れも抑える事ができます。

 

 

シューツリーを入れる、入れないでここまで変わってしますので

やはり、靴を永く愛して頂くには、必要不可欠なものと言えます。

また、一日履いたシューズは思いのほか汗を吸いこんでおり

木製のシューツリーにはそれらを吸収する効果もありますので

カビなどの対策にもなります。

 

 


Church’s
SUFFOLK ¥11,300+TAX
メンズシューツリー

 

 


Church’s
WESSEX  10,500+TAX
レディースシューツリー

 

 


BRITISH MADE
オリジナルメンズシューツリー
¥6,000+TAX

現在、BRITISH MADEでご用意している物は以上のメンズ2種類、レディース1種類。

サイズ等でお困りになられましたら、各店スタッフまでお尋ね下さい。

 

また、店頭では、簡単なお手入れの手順を記載したリーフをお配りしております。

大阪店では入口前のテーブルに置いておりますので、ご自由にお持ち帰りください。

お手入れをして、自分だけの一足を育てる醍醐味。

それもまた革靴を履く楽しみだと思います。

皆様はどのように、愛靴を育てられていますか??

是非、スタッフまで愛靴を自慢しにいらしてください。

スタッフ一同、心より楽しみにお待ち致しております。

【大阪店“シダ―ウッドの香りが好きすぎてつらい” 田畑】