BRITISH MADE

BLOG

CHRIS BLACK WEARS OUR CITY RAINCOAT | Drake’s銀座店

CHRIS BLACK WEARS OUR CITY RAINCOAT (IN THE CITY)

Author: Chris Black

16 Jan 2020

New York-based writer Chris Black takes our Ventile City Raincoat for a spin in its natural environment: the city.

ニューヨークを拠点にするライターChris Blackは街中で着るウェアの新しいスタイルとして私たちのベンタイルシティレインコートを選びました。

Dressing for the weather in the Big Apple requires a stocked arsenal of garments of all weights and materials. My wardrobe is overflowing with a mix of GORE-TEX®, cashmere, denim, waxed cotton, and canvas. Each serving a particular purpose, some get worn only to battle the elements, some are purely for style, but rarely can you find something that covers both categories. Trust me, I have looked, tirelessly.

ビックアップル(=ニューヨーク)の気候にあわせて服を着るには様々な重さと素材の衣料の充分な備えが必要です。私のワードローブはゴアテックス、カシミヤ、デニム、ワックスコットン、キャンバスで溢れてます。それぞれを特定の用途に合わせて着用し、いくつかは雨風を防ぐために、いくつかは純粋にスタイルのために、しかし両者のカテゴリーを満たすものを見つけることはめったにありません。私は信じ、辛抱強く探していました。

In my mind, this unicorn, this perfect piece of clothing, would be a jacket. Hard-wearing and versatile, with details that make it unique. I need a stiff collar, a voluminous hood, interior pockets, sized up for layering underneath if conditions should require. Something I will feel good in, strangers will feel compelled to complement, a timeless piece that can live in my cramped closet surrounded by t-shirts and statement pants for years and years to come. One for the ages!

私の中で、珍しいこの完璧なアイテム…、レインコートだけでなくスタイリッシュに着るジャケットにだってなるだろう。状況により、私は張りのある衿やボリュームのあるフード、下に重ね着するためにサイズを上げることを必要とします。私がいいと思うものが、他の人にとってはそうでないかもしれないが、それはこれから何年もTシャツやパンツが押し込まれた私のクローゼットの中のずっと変わらないアイテムとしよう。ずっと着ることができます!

At first glance, the English Ventile City Raincoat was what I was looking for. But, it had an apparatus that intimidated me. Something I was unsure if I – an ordinarily confident dresser – could make work. A belt, when securing my trousers on my waist, was a concept I was familiar with. But when faced with the task of fastening the belt on a raincoat, I was less confident. I don’t even wear a robe, so I had zero experience to call on.

最初にみたとき、イングリッシュベンタイルシティレインコートはまさしく私が探しているものでした。しかし、同時にそれは私を躊躇させました。少々、私(一般的な服装に自信のある人)には確信が持てませんでした。ベルトはウエストでトラウザーをしっかりとめておくものとして慣れ親しんでいました。しかし、レインコートのベルトを締めようとしたとき、私は少し自信がなくなりました。私はもちろんローブを着ているわけではないし、今まで経験がなかったからです。

 

Should I keep it traditional and cinch it around my waist? Seems a bit formal and orderly for my personal tastes. I could tie it in the back, a sexier look I had seen pulled off many times by experienced wearers, but what knot would I choose? I am not a Boy Scout or a sailor. I could casually stuff the belt into the pockets, signaling that I am much too busy to deal with something so minor. My first instinct was, of course, to just let it hang, which seemed like the best choice for my casual look, but in practice it felt a bit sloppy. In the end, I opted for a combo, leaving the beautiful 100% Ventile cotton – somewhere between hunter and olive drab – coat unbuttoned, and tying the belt in a tight knot. In my eyes, the ideal marriage of casual and functional.

私は伝統を重んじ、それをウエストでしっかりと締めるべきでしょうか。私の個人的な好みからするとややフォーマルで古風なように感じます。背中で締めることもできるでしょうし、着慣れている人たちがベルトを外しているところを何度も見かけたことがありセクシーな見た目ですが、どんな結び目を選べばいいのでしょうか?私はボーイスカウトでも船乗りでもありません。何気なくポケットにベルトを入れることもできますが、細かなことも目を配れないほどあまりに忙しそうな見た目です。私の選択として、やはりただ垂らすだけというのが、私のカジュアルな見た目にはベストな選択のように思えましたが、実際にやってみると少しだらしないように感じました。いろいろと考慮し、美しいベンタイルコットン100%(ほぼハンターグリーンやくすんだオリーブグリーン)で、コートのボタンは留めない、それときつい結び目でベルトを締めるという組み合わせを選びました。私の目には、さりげなさと機能の理想的な調和に見えました。

As I strolled SoHo, coffee in hand, my choice felt right. I had solved the riddle of the belted coat: a long standing sartorial fear, conquered.

コーヒーを片手にソーホーを歩いているとき、私の選択は正しかったと感じました。ベルトの付いたコートの謎は解け、長い間あった恐れを克服しました。

—————————————————————————————————————————–

drakes.comより転載。

https://www.drakes.com/jp/editorial/chris-black-wears-our-city-raincoat-in-the-city/

 

また、銀座店では下記カラーをご用意しております。

Drake’s – Navy Cotton Ventile City Raincoat ¥140,800- (税込)

ドレイクスにとって新しいスタイルのレインコートです。コットンツイルで見られるデザインをより軽く、高い撥水性を持つベンタイルコットンを使用し作り直したものです。ゴム引きのボタンや取り外し可能のフードのデザインによって、よりスポーティで現代的なスタイリングを楽しむことができます。

Drake’s 銀座店 尾山

 

 

Drake’s 銀座店 / BRITISH MADE

〒104-0061

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F

TEL:03-6263-9955

Email:ginza@drakes.com

営業時間:10:30-20:30