2019.03.05

モダンなスコティッシュブランドを期間限定販売。スコットランドのフードとドリンクが楽しめるスコティッシュナイトも開催。

世界に向けてスコットランドの優れたデザインを発信・開拓・サポートするLocal Heroesプロジェクトがセレクトした5ブランドによる「スコティッシュ・デザイン・イン・ジャパン」をブリティッシュメイドにて3月15日(金)から4月7日(日)まで開催。世界で活躍するデザイナーたちによる、質の高いモダンなアイテムの数々を期間限定販売いたします。現在国際的なデザイン界への貢献でスコットランドは着実に知名度を上げており、歴史や伝統を継承しながらも、スコットランドの多様性や多元性、そしてグローバルなネットワークの繋がりに、多くのデザイナーが影響を受けています。

さらにポップアップ開催初日には、旗艦店となる銀座店にてスコットランドにまつわるドリンクやフードを無料でお楽しみいただける「SCOTTISH NIGHT」を開催いたします。スコテッシュフレーバーのストリートフードを提供する「DEENEY’S」が今回のために特別に作ったハギスボールや、 イギリスのスコットランド本土北端のサーソーの町で半世紀に渡り家族経営を続ける ベーカリー「リーズ・オブ・ケイスネス」のショートブレッド。 スコットランドで人気の「ハリス・ジン」をはじめとするクラフトジンで作るジントニックや、 スコットランドのパンニャニック鉱泉から湧き出すナチュラルミネラルウォーター「ディーサイド」などをサービスいたします。

時計やアイウェア、アクセサリー、バッグ、チーフなど、多彩なアイテムラインナップのスコティッシュデザインが一望できるこの期間をぜひお楽しみ下さい。

<SCOTTISH DESIGN IN JAPAN 開催概要>
日程:3月15日(金)~4月7日(日)
開催店舗:BRITISH MADE青山本店、銀座店、丸の内店、名古屋店、博多店
店舗一覧:https://www.british-made.jp/shoplist


<SCOTTISH NIGHT 開催概要>
日時:3月15日(金)17:00~20:00
開催店舗:BRITISH MADE銀座店 *銀座店のみの開催となります。
内容:スコットランドのジンブームで人気のハリス・ジンをはじめとするクラフトジンやリーズ・オブ・ケイスネス社のショートブレッド、そしてハギスボール等、 スコットランドにまつわるドリンク、 フードを無料サービス
住所:東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 5F
TEL:03-6263-9955


■ ポップアップブランド紹介


PAULIN

PAULINはクラフトマンシップ溢れる若き姉妹が立ち上げたスコットランド発のウォッチブランド。衰退したイギリス時計産業の復興をテーマに、グラスゴーの工房にて組立てを行っている自社製造メーカーです。繊細なディテールと温かみのある質感を纏ったアーキテクトなリストウォッチ。それがポーリン姉妹の創造する時計です。使い込むほどに独特の美しい輝きが現われる、イギリスの老舗タンナークレイトン社のブライドルレザーをストラップに使用したモデルもラインナップ。

www.paulinwatches.com/

BANTON FRAME WORKS

多くの人が似合う形、普遍的で長く愛用出来るベーシックなサングラスを作るBANTON FRAME WORKS。Lucy RossとJamie Bartlettの2人の職人は、イギリスの眼鏡産業の歴史的遺産を未来へ残して行くという信念のもと、イギリス国内で最高品質の材料を使ったハンドメイドのアイウェアを作ることに情熱を注いでいます。スコットランド・グラスゴーにあるBANTON湖のすぐ側を生産拠点として生まれるサングラスは、大量生産の眼鏡にはないものづくりへの愛情を感じ、様々な人に愛用していただけるシンプルさと温もりがあります。

www.bantonframeworks.co.uk/

Laura Spring

Laura Springは、Glasgow School of Artを卒業し、グラフィックデザインの学士を取得して様々な衣装に携わったデザイナーが、自身の名前をつけてスコットランド・グラスゴーに設立したレーベル兼プリント・スタジオです。大胆なグラフィック・プリントと明るい色の組み合わせが印象的な彼女のスタイルのルーツは、フィンランドにあります。滞在中に出会った伝統的な織物にインスパイアを受け、ハンドメイドプリントを施したポーチやトートバッグ、財布など、日々を彩る機能的なホームウェアとアクセサリーのコレクションを作っています。

lauraspring.co.uk/

TOM PIGEON

PeteとKirstyのThomas夫妻によって2014年に設立されたクリエイティブ・スタジオTOM PIGEON。自分たちが持ちたい、一緒に暮らしたい、と思えるものを作るために創立されました。スコットランドの東海岸の暮らしの中で見かける港の壁の幾何学的な形やアイスクリームの色など、様々なものからインスピレーションを受けています。削り出しから磨き、組み立てまで全て手作業で自らのスタジオで行なっているイヤリングやネックレス、ブレスレットなどのジュエリーやステーショナリーなど、見る人、使う人が楽しめるシンプルなものをデザインしています。

www.tompigeon.com/

Niki Fulton

スコットランドのエジンバラでタイやスカーフなどのネックウェアを手掛けるNiki Fultonは、公的機関や民間のプロジェクトにおける家具や照明、空間デザインを手がけた後、塗料メーカーのインテリア・カラー・パレットを製作し、2010年に「Livingetc Loves」賞を受賞。色が持つ魅力を熟知する彼女のユニークなデザインは、日常の経験や旅先で出会った風景がインスピレーション源。最新作のThe Horizon Collectionでは、日本滞在中に出会った生け花や庭園に見られる空間や自然との関係性をヒントに、スコットランドの雄大な自然を色彩で表現しています。

www.nikifulton.com/

■ フード紹介


DEENEY’S / ハギスボール

ロンドン発、 スコテッシュフレーバーのストリートフードを提供する「DEENEY’S」。 「スコットランド伝統料理である“ハギス”を人々に知ってもらうことが、 DEENEY’Sの使命」と語る本国オーナー兼シェフのCarol Deeneyが考案した『MACBETH(マクベス)』という愛称の“ハギス”をサンドしたトースティは英国メディアにおいて、 ロンドンのベストサンドウィッチの一つに挙げられるなど高い評価を受けています。 今回このイベントのために特別に作っていただく「ハギスボール」をご提供いたします。

deeneys.jp/

Reid’s of Caithness / ショートブレッド

「リーズ・オブ・ケイスネス」はイギリスのスコットランド本土北端のサーソーの町で半世紀に渡り家族経営を続ける ベーカリーです。 豊かな水と肥沃な土地で知られるケイスネス地方では麦の栽培が盛んなため、 スコットランド郷土菓子・ショートブレッドが愛されてきました。 そのスコットランドでリーズ社は2016年、 2017年、 “Scottish Baker of the Year” に選ばれました!リーズ社の製品は優れた品質と味わいが高い評価を受け、 数多くの賞に輝いています。

www.rurale.co.jp/reids-of-caithness/

Harris gin / ジントニック

ハリス島はスコットランドの北西に位置する離島で島特産の織物「ハリスツイード」が広く世界的にも知られています。 2015年に島で初となる蒸溜所として設立されたアイル・オブ・ハリス蒸溜所から島の沿岸で収穫される昆布の一種「シュガーケルプ」をボタニカルとして使用したジン。 今回はジントニックとしてご提供いたします。

www.harrisdistillery.com/harris-gin/

DEESIDE / ナチュラルミネラルウォーター

ディーサイドウォーターは1760年以来、 スコットランドのパンニャニック鉱泉から湧き出している天然水で、 かつてはヴィクトリア女王が訪れ、 王室の人々に長年に渡って愛されてきました。 エリザベス女王のガーデンパーティーにも使用された硬度22の超軟水は、 やわらかく、 なめらかで、 かつてない透明感ある舌触りを体感いただけます。

whisk-e.co.jp/product_types/deesidewater/


RECOMMEND