2018.10.04

ドレイクスのニットやジャケットなど新規取扱スタート!2018年秋冬最新ルックからスタイリングの英国的ポイントを読み解く

20180914_topics1
ネクタイ、マフラーのみならず今や幅広いウェアを取り揃えた英国のトータルファッションブランドとして君臨するドレイクス。 今年の秋冬はブリティッシュメイド各店舗でもニットやジャケット、トラウザーズなどのお取り扱いがスタート。 今回はドレイクス 2018年秋冬最新ルックブックからアイテムのご紹介と、そのスタイリングを読み解いて行きます。

20181005_topics2 SUIT:Cotton Corduroy Suit ¥199,800(税込)
SHIRTS:Madras Check Cotton Regular Fit Shirt with Button Down Collar ¥24,840(税込)
POCKET SQUARE:Linen Pocket Square ¥11,880(税込)

ドレイクスらしいネイビーを基調としたスタイリングのポイントはコーデュロイとマドラスチェック。 日本では季節感の異なる素材を合わせることも、気候の異なる様々な国から人が集まる英国ブランドらしい組み合わせではないでしょうか。 主張の強い2つの素材を上手く組み合わせているのは王道のネイビーのソリッドタイとTVフォールドで差し込んだホワイトのリネンチーフです。 また、シャツのボタンを外して着用する事で襟をロングポイントに見立て、ブリティッシュライクな着こなしを演出しています。

20181005_topics4 SUIT:Cotton Corduroy Suit ¥199,800(税込)

オックスフォードシャツにコーデュロイといったハリ感や重みのある素材合わせは野暮ったくなりがちです。 そこでクラシックでありながらも華やかさのあるレジメンタイとポケットチーフを抜擢することでスマートなスタイリングに仕上げています。 ネイビーとレッドのカラーで構成されたストライプがユニオンジャックに結びついているのにも要注目。

20181005_topics5 TROUSERS:Cotton Corduroy Trousers ¥48,600(税込)

世界三大ツイードであるドネガルツイードに代表されるカラーネップの色彩豊かなジャケットをベースにしたカジュアルでも品のあるスタイリング。 オックスフォードシャツにニットタイ、ノータックで股上の深いクラシックなコーデュロイトラウザーズ、合わせたベルトはグレインレザーといった様々なアイテム、素材合わせを駆使した上級的な着こなしです。

20181005_topics8 VEST:Shetland Wool Fairisle V Neck  ¥30,240(税込)

さらにカジュアル感をミックスしたスタイリングで目を引くのはシェットランドウールのフェアアイルVネックベスト。 今季の英国調というキーワードに象徴されるようなカントリースタイルの代表格であるフェアアイルニットに、 その色を拾ったニットタイを合わせるという、色彩感覚の優れたドレイクスらしいスタイリングです。


ハウンドトゥース×ハリスツイードといった威厳ある英国要素が満載のジャケットが主役のスタイリング。 グレーのジャケットに相性の良いライトブルーを基調としたシャツを合わせ、ブリティッシュグリーンを彷彿させるカラーのシルクタイを合わせています。 それだけではクラシックに傾倒する為、ドレイクスらしいポップな柄のネクタイを合わせることでモダン、クラシックのバランスを見事に取っています。

20181005_topics9 (左)
JACKET:Wool Boucle Jacket ¥167,400(税込)

都会的なオーセンティックカジュアルに用いたのは柔らかい着心地が特徴のブークレウールジャケット。 ジャケット、パンツ、シューズをベーシックな色味にまとめ、インナーには英国らしいシェットランドウールのニットを差し込んだ王道的なオーセンティックカジュアルな着こなし。 全体的にトラディショナル感のあるこちらのシンプルなスタイリングにおいて、ドレイクスらしいスマートさを演出するヒントはブルーのシャンブレーシャツ、そして太めのダブル仕上げ裾幅のトラウザーズではないでしょうか。繊細なミックス感がこのスタイリングを洗練させています。

20181005_topics9 CARDIGAN:Lambswool Shawl Collar Cardigan ¥74,520(税込)
TROUSERS:Flannel Wool Trousers ¥54,600(税込)

今季は柔らかなラムズウールを使用したスコットランド産のニットウェアが店頭に並びます。 こちらはエレガントなショールカラーカーディガンを使用したオフスタイル。 秋冬に映えるピュアなホワイトをメインカラーとして、柔らかなスウェード素材のシューズを合わせています。 ベースはカジュアルではありますが、そこに上品なフランネルウールトラウザーズを合わせてバランスを整えています。 そして首元にも要注目。シルク素材のバンダナをさり気なく配していて、華やかな休日を連想させるドレイクスらしい装いとなっています。

20181005_topics6 VEST:Lambswool Sleeveless Cardigan ¥33,480(税込)

こちらはニットベストを使用した秋冬ジャケット・パンツスタイルの着こなし。ハウンドトゥース ツイードジャケットネイビーとワインといったシックな色味をベースにネクタイ、シャツ、チノは落ち着いた色合わせ。 そこに明るいトーンのニットベストを差し込みアクセントとしています。 英国らしい織りの大きなジャケットのため他のアイテムは細番手のものや打ち込みの良い上品な素材感でカジュアルさを上手く調和しています。

20181005_topics9 (左)
COAT:Corduroy Belted Overcoat ¥216,000(税込)
KNIT:Chunky Lambswool Roll Neck Jumper ¥45,360(税込)
TROUSERS:Flannel Wool Trousers ¥54,600(税込)
(右)
COAT:Herringbone Raglan Wool Coat ¥248,400(税込)
SUIT:Cotton Corduroy Suit ¥199,800(税込)
RUGGAR SHIRTS:Striped Rugby Shirt ¥33,480(税込)

今季はオフスタイリングにも適したどこか品の良さ醸し出すアウターウェアも店頭に並びます。 写真左で着用しているのはコーデュロイのオーバーコート。カントリーテイストがあるやや太畝でコーデュロイは通常に着用すると重くなりがち。そこでベルトを柔らかく結び、ガウンのようにラフに羽織る事で軽さを演出しています。 インナーにはトラディショナルなグリーンのラムズウールセーターを抜擢することで英国らしさをさらに強調。 バランスを取るためフランネルウールトラウザーズとシャツの襟をさり気なく見せる事で上品な印象にまとめています。

写真右で着用しているのはドレイクスらしさと英国感溢れる色使いが特徴的な奥深いグリーンがかったヘリンボーンウールコート。 マスタードカラーのコーデュロイトラウザーズで軽さを演出しています。 さらに注目したいのはラガーシャツを自然に取り入れているポイントです。 最もカジュアル感の強いアイテムを、襟を立てるバランス感覚とタイドアップで見事にトレンドとイギリスらしさを組み合わせています。

20181005_topics9 (左)
COAT:Tartan Blanket Coat ¥151,200(税込)
KNIT:Chunky Lambswool Roll Neck Jumper ¥45,360(税込)

英国を彷彿させる色鮮やかなレッドタータンチェックのブランケットコートが主役のスタイリング。 主張が強いアイテムはネイビーのラムズウールニットと合わせて、主役を引き立てるために色数を絞りつつ、メリハリを出しています。 さり気なくニットからのぞくブルーストライプのオックスフォードシャツでドレイクスらしい柔らかさを演出した上級者な着こなしです。

アイテムをチェックする


おすすめ商品

RECOMMEND