2018.11.29

アーカイブから復刻!メイド・イン・イングランドを誇るWALSHのスニーカーがブリティッシュメイドに登場

世界最高峰に挑戦する英国エベレスト登頂隊のシューズ製作や、トレイルランニング界でも高い評価を得ているイギリスのシューズブランド「WALSH(ウォルシュ)」のスニーカーがブリティッシュメイドに再登場。1980年代のカタログより復刻されたスピードレーシングを採用し超軽量ランニングスタイルをベースにした「VOYAGER」と、上質なスムースレザーとスエードを組み合わせたレザーモデル「VOYAGER LEATHER」の2型を展開。 1961年に創業し現在もデザインから生産まで一貫してイギリス国内で行う希少なウォルシュのシューズをぜひご覧ください。

■ 取扱店舗
ブリティッシュメイド 銀座店
ブリティッシュメイド 丸の内店
ブリティッシュメイド 名古屋店
ブリティッシュメイド オンラインショップ
店舗一覧:https://www.british-made.jp/shoplist

WALSH(ウォルシュ)の歴史

「WALSH」の創業者である、ノーマン・ウォルシュ氏はわずか14歳で学校を離れ、父の後を追いシューズビジネスを目指します。
ボルトン市のフォスターブロスフットウェアで修行を重ね、マスタークラフトマンに就任。フォスターブロスフットウェアの創立者であるフォスター氏はReebokの創立者ジョー・フォスターとジェフ・フォスターの祖父でもありました。ウォルシュ氏の技術はフォスター氏に認められ、顧客であるプロアスリート専属のクラフトマンとして活躍。1948年には英国のオリンピックチームのシューズを製造、世界中で名前を知られるようになります。
その後1961年に「Norman Walsh Footwear」を設立。60年代を通して幅広い範囲のスポーツシューズを製造。陸上、ロードランニング、ラグビー、フットボール、クリケット、すべて手作業によって個々の顧客の要望を形にして行きました。中でもトレイルランニングシューズは、ソフトで柔軟なアッパー素材に硬く丈夫なソールを組み合わせて作られ、1981年英国登山家のクリス・ボニングトンがコングール山(中国)初登頂の際に着用しました。

ラインアップを見る


RECOMMEND