人気スタイリスト×鎌倉シャツ×ブリティッシュメイドで作った“理想の万能シャツ” | BRITISH MADE

人気スタイリスト×鎌倉シャツ×ブリティッシュメイドで作った“理想の万能シャツ”

2021.05.28

人気スタイリスト×鎌倉シャツ×ブリティッシュメイドで作った“理想の万能シャツ”
イギリスにルーツを持つアイテムを、現代のライフスタイルに合うよう再構築してご提案したい。そんな想いのもとで今年始動した、ブリティッシュメイド初のオリジナルウェアコレクション。その第一弾となるシャツ3型のうち、まずはオフィサーシャツ「プリマス」が発売されました。ディレクションを担当したのは、クラシックメンズウェア業界でNo.1の人気を博するスタイリスト・四方章敬氏。そして生産は、日本随一のシャツメーカーとして知られる鎌倉シャツが手がけました。

「近年、ヴィンテージ業界で評価を高めている英国オフィサーシャツをベースに、エレガントとラギッドの中間を狙った、ありそうでないバランスを心がけました。スーツからデニムまで合う万能シャツに仕上がったと思います」と語る四方氏。スタイリングのプロが監修した理想の着回しシャツ、その魅力をじっくり解説します。

モチーフは1960年代の英国ミリタリーシャツ


「プリマス」がイメージソースとしたのは、1960年代の英国オフィサーシャツ。ロイヤルネイビー(英国海軍)の将校・士官たちが着用していたミリタリーウェアです。ヴィンテージファンの間では高い評価を集めているものの、流通量が少なく市場ではあまり見かけないアイテム。リラックスしたバンドカラーとプルオーバー型のデザインが特徴です。

「シャツとカットソーの中間的な感覚で着られるプルオーバーのバンドカラーシャツは、近年非常に注目されているアイテムです。ヴィンテージショップでもグランパシャツ(1930年代ごろから欧州で着られていた室内用のバンドカラーシャツ)をよく見かけますし、ドレスシャツメーカーやモード寄りなブランドからも多く提案されています。そこで『プリマス』は、ヴィンテージ・ドレス・モードのいずれにも寄りすぎない表情を狙いました。さまざまなテイストをバランスよく取り入れることで、どんな服装にも合わせやすい一着になっています」(四方氏)

生地も伝統のブリティッシュを意識

オフィサーシャツ「プリマス」 生地も伝統のブリティッシュを意識

「プリマス」は2種類のファブリックで展開。左は刷毛目(はけめ)とよばれる生地で、名前のとおり刷毛で塗ったように白糸と色糸が交差するのが特徴です。ちなみに、ヴィンテージのオフィサーシャツにも刷毛目の生地を用いたものが存在しています。右はタイプライタークロスとよばれる素材で、ブロードよりも高密度に糸を打ち込んだ平織り生地。ベージュの色みは、英国軍に採用されていたブリティッシュカーキを意識しています。どちらのファブリックも、古くから英国のウェアに用いられてきたもの。時代を超えて愛されるベーシックな素材です。

タックインしても美しいバランスに

オフィサーシャツ「プリマス」 タックインしても美しいバランスに

ゆったりとしたシルエットですが、裾をパンツインしてもサマになります。「ヴィンテージのオフィサーシャツは前立てが長めで、裾をパンツにインするとバランスが悪く感じました。そこで『プリマス』は前立てを若干短くアレンジして、剣先からパンツまでの距離が程よく空くよう設定しています」と四方氏。さらに、本来は剣先に入る×字のステッチをあえて排して控えめな表情にしたり、第2ボタンまで外したときの開き具合を計算してボタン間隔を調整するなど、細部までこだわりを詰め込みました。

さりげないアクセントになる裾のカッティング

オフィサーシャツ「プリマス」 さりげないアクセントになる裾のカッティング

直線にカットされ絶妙な前後差の裾も印象的です。実はこちら、オリジナルのオフィサーシャツにはない意匠。四方氏のアイデアによって施されたアレンジです。

「単なるリプロダクトではなく、これまでにない個性をもったシャツを作りたいとの思いから、このような提案をさせていただきました。裾を出したときにもダボつかない長さで使いやすく、それでいてスクエアカットにすることで普通のオフィサーシャツとはちょっと違う雰囲気を演出できます。また、サイドスリットはパンツのポケットに手を入れやすい長さになるよう入念に検討しました」(四方氏)

“袖まくり”がサマになる密かな仕掛けも

オフィサーシャツ「プリマス」 “袖まくり”がサマになる密かな仕掛けも

シーズンを問わず着用できるようデザインした「プリマス」。夏には袖まくりして着ていただきたい一着ですが、その際にもよりサマになるよう、密かな仕掛けを盛り込みました。

「まず、ガントレットボタン(カフスよりやや肘よりに付き、袖の開きを留めるためのボタン)の位置にこだわりました。通常よりもややカフス側に寄せた位置に設定することで、ガントレットボタンを留めたまま袖をまくると、ちょうどいい長さ・ボリューム感でロールアップできるようになっています。それからカフスは芯地を省き柔らかく作ってもらいました。これによって、ロールアップしたときに自然なニュアンスが生まれるようにしています」(四方氏)

サンプルを何度もチェックして、納得がいくまで作り込み

オフィサーシャツ「プリマス」 サンプルを何度もチェックして、納得がいくまで作り込み

プロトタイプとして上がってきたサンプルは、試着をしながら入念にチェック。四方氏とブリティッシュメイドで協議を重ねながら改善点を洗い出し、完成度を高めていきました。

「普段、スタイリストとして仕事をしていると、“こういうシャツがあったらいいのにな”、“もう少し、この部分がこうだったら”と感じることが度々ありました。そんな思いを形にするべく、かなり細かいところまでリクエストを出させていただきました。製作をご担当いただいた鎌倉シャツさんと打ち合わせする際も、最初は企画担当の方とやりとりをしていたのですが、プロセスを経るごとに上司の方やニューヨーク店のスタッフの方までご参加いただいて、先方の熱量を感じました。僕だけでなく、本当に多くの方の想いが集まって完成した『プリマス』の出来ばえには、心から満足しています」(四方氏)

四方氏が実践!『プリマス』のコーディネート・サンプル

オフィサーシャツ「プリマス」 スタイリスト四方氏 コーディネート ブラックのリネンセットアップと合わせて、ドレッシーにスタイリング

ブラックのリネンセットアップと合わせて、ドレッシーにスタイリング。

「黒とベージュは好きな色合わせのひとつですね。程よいコントラストが綺麗だと思います。本来のオフィサーシャツはもっとラギッドな雰囲気なので、なかなかセットアップに合わせるのはハードルが高いと思いますが、『プリマス』は鎌倉シャツさんの製作だけあって、とてもクリーンな表情。なので、ドレスウェアにも簡単に合わせられます。職種によってはビジネスシーンにも着られるのではないでしょうか」(四方氏)

定番のグレースラックスとも好相性

オフィサーシャツ「プリマス」 スタイリスト四方氏 コーディネート ブラックのリネンセットアップと合わせて、ドレッシーにスタイリング

白のカバーオール&ライトグレーのドレスパンツに、ブルーの『プリマス』をコーディネート。カジュアルなイメージが強いカバーオールにはカットソーを合わせがちですが、代わりにオフィサーシャツを合わせると新鮮さアップ。より上品な印象になるのもポイントです。

「全体をライトトーンでまとめて、春夏の爽やかさを意識しました。刷毛目のブルーは白が織り混ざったニュアンスのある色なので、白やライトグレーといった明るい色とも非常に相性がいいですね」(四方氏)

シンプルにデニムと合わせても洒落た印象に

オフィサーシャツ「プリマス」 スタイリスト四方氏 コーディネート ベーシックなコーディネートながら、特徴的な裾のカッティングやプルオーバーのデザインで洒脱な雰囲気に

シャツ&ジーンズという至極ベーシックなコーディネートながら、特徴的な裾のカッティングやプルオーバーのデザインで洒脱な雰囲気に。

「一枚でサラリと着てサマになるシャツを作りたいというのも、『プリマス』の企画で目指したことでした。このタイプライタークロスはワッシャー加工で洗いざらしのような風合いをプラスして、表情豊かに仕上げているのもシャツイチで映える理由だと思います。ちょっとヴィンテージショップのスタッフ風ですが、シャツの仕立てがクリーンなぶん大人っぽい雰囲気に見えますね」(四方氏)

ドレスパンツのカジュアルダウンにも活躍

オフィサーシャツ「プリマス」 スタイリスト四方氏 コーディネート ネイビーウールのドレスパンツと合わせれば、上品さを保ちつつリラックスした装いが完成

ネイビーウールのドレスパンツと合わせれば、上品さを保ちつつリラックスした装いが完成。

「ドレスシャツブランドが作るバンドカラーシャツよりもフィッティングをゆったりめにしているので、ベーシックなコーディネートでドレスダウンしたいときに便利だと思います。ちなみにポケットに手を入れやすいよう長さを調整したサイドスリットは、手を入れたときに生まれる裾の溜まり方も考慮しています。グシャっとなりすぎず、自然に見えるのがポイントですね」(四方氏)

「ブリティッシュメイドのオリジナルシャツを作るということで、英国を意識したものにしたいという思いがありました。でも、単にディテールや生地だけをブリティッシュにした“英国風”ではちょっと安易。なので、しっかりバックグラウンドのあるものを作りたいと思い、英国のオフィサーシャツをモチーフに取ろうと決めました。そうやって柱を立てたうえで、スタイリスト目線で考えた時代性と着回しやすさ、そして一人の服好きとしてシンプルに思った“こんなシャツが着たい!”という理想を形にしたのが『プリマス』です」と話す四方氏。

ビスポークスーツ、ラグジュアリーメゾン、カジュアルウェアと、スタイリストの中でも随一の守備範囲で活躍する氏が手がけたシャツだけに、ブリティッシュメイドとしても120%の自信をもっておすすめしたい完成度です。ありそうでなかった新機軸シャツ、ぜひ店頭でお試しください。

[関連ページ]
ブリティッシュメイド オリジナルウェアがスタート!第一弾はシャツ
大好評のオリジナルシャツ第二弾!テーマは“ドレスシャツをカジュアルに”
初のオリジナル・ドレスシャツは 「ありそうで、ない」がコンセプト

商品を見る


Styling by Akihiro Shikata / 四方章敬
Text by Hiromitsu Kosone / 小曽根広光

おすすめ商品

同じカテゴリの最新記事