BRITISH MADE

BLOG

ツイードラン 尾州 2015 尾州の文化にふれた一日(後編)

どうも、道垣内(どうごうち)です!

 

前回に引き続き、
2015年11月7日 土曜日に開催された、
ツイードラン 尾州 2015(Tweed Run BIshu 2015)のレポートをお送りします。

今回はラストの後編となります。

(前編はこちらから)

(中編はこちら)

 

 

第2休憩ポイントを出発し、再度のグループライドです。

 

そして、次のチェックポイントに到着。
第3の休憩場所は、葛利毛織工業㈱。

 

_MG_9670

 

葛利毛織工業では、昭和初期から導入した”ションヘル織機”と呼ばれる超低速の機械式織機で毛織物を生産しています。
現在では、コスト効率の良く大量生産が可能な高速織機が普及しましたが、ここではそれを良しとせず、
低速であるがゆえに、繊維を手織りに近い風合いを保てる”ションヘル織機”を使い続けるのだそう。

 

葛利毛織工業_1

 

昭和6年導入のションヘル織機

昭和6年導入のションヘル織機

できあがったスーツ地 国内テーラーや、海外の有名メゾンからも注目を集めているそう

できあがったスーツ地
国内テーラーや、海外の有名メゾンからも注目を集めている

 

尾州産地のさらなる歴史を感じたところで工場を出発します。

 

ここからしばらくは、木曽川沿いの河川敷のサイクリングロードを滑走します。

木曽川沿いのサイクリングロード

 

木曽川沿いのサイクリングロード

 

対岸まで約800mほどもあるため、非常にひらけており、
開放感のあるライディングを楽しめました。
(途中、砂利道もあって、お尻が痛かったですが・・・)

 

 

その後、細かい休憩をはさみつつ、スタート地点へと帰ってきました。
3時間半ほど走っていたのでしょうか?意外と長かった!

 

帰ってきたあとは、ティーパーティーとして軽食が振る舞われる中、
現地の女学生たちが、自らデザインしたツイードジャケットを着て行われたファッションショーや、
各種ドレッサー賞の授与などが行われました。

 

その合間、声をかけていただいた方に、
BROOKS ENGLAND/ブルックス イングランドのTrouser Strapを差し上げ記念撮影させていただきました!

 

 

早速ブルックスのストラップをつけて 赤で揃えた小物使い!

早速ブルックスのストラップをつけて
赤で揃えた小物使い!

 

もはや説明不要 こんなオジサマになりたい

もはや説明不要
こんなオジサマになりたい

 

そうこうしている間にイベントも終了に。
最後はみんなで集合写真を撮り、解散です。

 

 

振り返ってみて、
街の雰囲気を味わいながら、のびのびとサイクリングできたのも、
地場に根付く産業・文化を、工場見学を通して知ることができたのも、
なにより参加された方とお話できたりと、ふれあいが多くあったのも、
尾州ならではだったのかなと思います。

 

今回は残念ながら何かしら賞をいただくことができなかったので、
次回は授賞をねらって準備していきたいと思います。

 

 

旅の終わりに、、、
BRITISH MADE 名古屋店に立ち寄り、
ブルックス のバッグたちをバックにパシャリ!

名古屋店

 

さよなら尾州、よろしく哀愁。

 

 

 

 

ツイードラン尾州のバックナンバー

[ツイードラン 尾州 2015] OLD HAT東京店でツイードアイテムを手に入れてきました

[ツイードラン 尾州 2015] 声をかけてくれたアナタにプレゼント

[ツイードラン 尾州 2015] DIY精神に則り、スポークカードを作ってみました

[ツイードラン 尾州 2015] 東京から愛知県一宮市へ行ってきました(前編)

[ツイードラン 尾州 2015] 愛知県一宮市をぐるりと20km サイクリング(中編)