BRITISH MADE

BLOG

ドレイクスのデザインに惹かれて

12月も1週間を残すのみとなりました。

毎年この時期に、多くの方々のギフト選びのお手伝いをさせていただいておりますが、

ドレイクスのマフラーは永く使っていただける代表アイテムです。

当然プライベートでもマフラーは愛用してますが、今日はちょっと視点をかえて

マフラーでもネクタイでもなく、チーフをご案内したいと思います。

 

私自身がチーフを購入する際の判断基準は、「チーフデザインのモチーフ」や「チーフに入っている色数」

ネクタイにも季節によって選べる素材が違うように、チーフにも「シルク素材、リネン素材、ウール×シルク素材」と

あり、季節によって素材感を使い分ける事でジャケットの胸元に遊びを加える事が出来ます。

 

DSC_0067

 

BRITISH MADEで本格的にドレイクスの商品展開をはじめる前に購入した思い出の一枚。

「赤×白のチーフが欲しかった」という事もあって、一目惚れしたクラシックカーデザイン。

主に春夏に登場する機会が多いのですが、チーフ自体に使われている色数が多い為、ネクタイの

色合わせをする際に重宝しています。

 

DSC_0066

 

DSC_0068

 

上の画像は、もともと3色展開でしたが、「ネイビーのロンドンストライプのシャツにあわせるチーフ」としてネイビーを選択。

下の画像は、「ツイードジャケットにハイゲージニットを着た時」に合わせたいと思って選びました。

ビジネスのイメージが強いブランドですが、ドレイクスの面白さの一つが「毎年変わる遊びのあるデザイン」だと思っています。

 

DSC_0070

 

私が小物を買う際の癖が「気に入ったアイテムは色違いを購入」。

それはチーフにしても、ネクタイにしても、靴にしてもそうです。意外とそういった方々も多いのではと思うのですが・・

通年使用できる「リネン素材」は色違いを揃えておいても非常に便利ですし、挿し方をかえるだけで

無地をメインにしてみたり、色をポイントにしてみたりと自由度の広さが白地ベースのいいところです。

 

DSC_0064

DSC_0063

DSC_0065

 

ウール×リネン素材は今の季節に使用頻度が当然のように上がってきます。

ウール混素材の良さは、シルク・リネンにない暖かい雰囲気です。

ネイビー×ホワイトドット、オレンジベースの幾何学、そしてすごく気に入ってる人形モチーフ。

冬は茶系の洋服の着用が増える為、自然と茶色にあうアイテムが多いのですが、人形モチーフは

色違いで購入しておけば良かったアイテムの一つで、今でも後悔しています。

 

アーカイブも含めて今回はご紹介させていただきましたが、ちょっとでもドレイクスのチーフのバリエーションと

「ちょっと欲しいかも」と思っていただければ幸いです。

玉川髙島屋S・C BRITISH MADE二子玉川店 藤井