BRITISH MADE

BLOG

ご存知でしょうか、3月17日はSt.Patrick’s Day

いつもブリティッシュメイドブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ご存知でしょうか、3月17日は「セントパトリックデイ」。

 

Image by mmi9 on Pixabay

 

セントパトリックデイとは、アイルランドの祝祭日で、ルーツはカトリックを広めた聖人聖パトリックと命日とのこと。
国を表す色である緑のものを身に付け盛大に祝うお祭りです。

アイルランドに限らず現在はイギリスやアメリカなどの世界各国でパレードや催しが開催されているようです。

 

Wikipediaより

 

 

個人的な話にはなりますが、学生時代にブリティッシュパブ的なところでアルバイトをしていたことがあり、(日本国内です)

セントパトリックデイの当日に陽気なイギリス人やアイルランド人グループが来店してきたことを思い出します。

アイルランドのお酒といえばスタウトビール「ギネス」やウィスキーですよね。

 

Image by marinatemebaby on Pixabay

 

やはりセントパトリックデイ、ほとんどの注文はギネスだったと記憶しています。

そんな中、緑の帽子やTシャツを身に纏ったテンションの高いグループが飲んでいた、当時衝撃を受けたドリンクがあります。

 

その名も「アイリッシュ・カー・ボム」。

 

 

パイントグラスに約半量くらいのギネス等の所謂黒ビールとベイリーズとウィスキーをを半々くらいに満たしたショットグラスを用意します。

 

あとはシンプルにギネスのグラスにショットグラスごとチャポンと沈めるだけ。
ショットグラスが底に落ちた瞬間に一気に飲み干します。
※一気に飲み干さないと分離してしまい劇的に不味くなります!

 

私自身も飲んだことがあるのですが、ギネスの苦味がベイリーズの甘みで中和されるイメージ。意外にも飲みやすい、そしてウマイ。
しかしながらあきらかにアルコール度数がキツイ飲み物ですのでお酒の弱い方には全くおすすめできません!

 

そんなインパクト大のドリンクを大人数の陽気な外国人の方々が一気に飲み干す姿は衝撃的でした。

 

セントパトリックデイは、日本各地でも開催されており、東京でもパレードが毎年行われています。
今年も代々木公園でイベントの開催もあるようです。
http://iloveirelandfes.com/

 

興味がある方は是非参加してみてください。
アイリッシュ・カー・ボムも是非。
※お酒の弱い方はやめましょう。

 

今回はイギリスの隣国アイルランドのお話でした。
では、また。