BLOG

パンプス、スニーカーだけでない、ファッションのふり幅を広げるローファー!

今週は冷たい雨が降り冬に逆戻りかと心配しましたが、晴れて暖かくなってひと安心。

こんな日は昼から公園に出かけて、花見でもしながらビールを飲んでゆったりのんびり過ごせたら最高ではないでしょうか。

 

天気が良くお出かけしたくなる日の足元は、多くの方がスニーカーをチョイスするかと思います。

しかし、そこはブリティッシュメイド。あえて革靴を選ぼうじゃありませんか。今回は女性に向けての提案です。

JOSEPH CHEANEY – BONNIE ¥66,960(税込)

イギリスの革靴には、モデルそれぞれに名前が付いていることに皆さまお気づきかと思います。

例えばメンズならアルフレッドやフェンチャーチなどやや男性らしい響き、レディースはローラやボニーなど女性らしい柔らかさのあるネーミングになっているなど、モデルの雰囲気にあったネーミングを、一足一足考えるのもとても大変な作業な気がしています。

話はそれましたがボニーの魅力にについて語ります。

特筆すべきはそのシルエット。

絶妙な丸みと程よく残した長さのトゥのバランスが大人の女性の雰囲気を漂わせています。上の写真を見ていただくと、シルエットの良さを感じていただけるのではないでしょうか。

 

ここまで読んでなんとなく良いなぁと感じた方。次に気になるのはメンテナンスについてではないでしょうか。

革靴のケアなんてできない!と言う声があちこちから聞こえてくる気がするのは私だけでしょうか。

 

個人的に思うのは、シューケアは女性のお化粧やスキンケアと似ていると感じます。(これは社内の女性スタッフからの受け売りです)

お化粧を落として、洗顔して、保湿して・・・手順も近しいです。詳しくはコチラを参考にしてみてください。

ケアをすることで長持ちするのが、革靴の長所でもあります。ケアが苦手と言っていた弊社の女性スタッフも、気が付けば5年以上チーニーのシューズを愛用しています。

先入観を取り除いて、今年の春は新しい足元に挑戦してみるのはいかがでしょう。

まずは試着でその雰囲気を味わっていただきたいです。サイズ選びやケアへの不安は、当店スタッフがしっかりサポートさせて頂きます。

ぜひ、お店に遊びに来てください。お待ちしております。

 

青山本店 栃堀

 

〒107-0062
東京都港区南青山5-14-2
Kizunaビル1,2F
TEL:03-5466-3445
営業時間:12:00-20:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業いたします)