BRITISH MADE

BLOG

女性に履いてもらいたい!スタッフ愛用の革靴を紹介。

いつもブリティッシュメイドスタッフブログをご覧頂きありがとうございます。こんにちは、名古屋店の森田です。

名古屋店は国による緊急事態宣言の対象地域から解除されたことを受け衛生管理体制の下、17日から営業を再開致しました。マスクの着用や消毒液のご使用などお手数をお掛けしてしまいますが、普段の生活に戻るためにもご協力の程よろしくお願い致します。

約1ヶ月の休業期間中は普段全くしない料理を(母のお手伝いをするレベルですが…)始めてみたり、うっとうしがられながらも我が家の愛猫サマちゃんと遊んだり、他店舗スタッフとのリモート会議に参加したり、家での時間を過ごしておりました。

森田家 – サマちゃん5歳

出かける機会がもちろんなかったため、営業が再開した17日に久しぶりに革靴に足を入れました。約1ヶ月ぶりの革靴。気持ちがシュっと引き締まる思いがしました。今回のブログではわたしが愛用している革靴を紹介したいと思います。

まずは入社し初めて購入したこちら。

Church’s ‐ LANA ¥84,000(税抜)

革靴1足目にはウィングチップのレースアップシューズであるBURWOODや外羽根プレーントゥのSHANNNONといったチャーチでも定番のモデルを選ばれる方が多いのですが、LANAはレディースシューズとしては少し珍しいダブルモンクストラップシューズです。ウィングチップのダブルモンクというデザインに惹かれ購入しました。

このシューズを合わせるだけでどんなコーディネートもおしゃれにしてくれる気がしてとても気に入っています。紐を結ぶ必要がなくストラップベルトを留めるだけなので脱ぎ履きもしやすいです。

女性でもお手入れしやすいポリッシュドバインダーカーフを使用しているため、履いた後にブラシでホコリを落とし、気が向いた時にクリームを入れるくらいで、きちんとしたケアはあまり真剣にしてこなかったのですが、大きな傷もない状態です。革靴は気になっているけどお手入れが心配…という方にも安心して履いて頂けます!

 

次は購入してまだ半年くらいのこちら。

JOSEPH CHEANEY – BONNIE¥62,000(税抜)

チーニーの定番ローファー[ボニー]のコンビカラーです。チーニーのシューズは幅が細めのため、幅広で小指にタコがあるわたしの足には合わない…と諦めていたのですが、コンビカラーの可愛さにどうしても我慢ができず、かなり大きめのサイズを選んで購入しました。革靴にこだわりのある方からすれば足に合わない靴を買うなんて!と思われるかもしれませんが、私個人としては足が痛くならずいかに快適に履けるかが重要なので、馴染んでゆとりが出てきてしまった場合はインソールで調節したら良い!と開き直って履いています。

写真左がレディース、右がメンズなのですがメンズのローファーと比較してもU字のステッチが目立たないため、カジュアルになりがちなローファーでも上品な印象です。ヒールも3㎝あり、デニムとTシャツに合わせたとしても子供っぽくなり過ぎずに履けるところがお気に入りです。NAVYとIVORYのコンビカラーもこれから迎える夏にぴったりですので、購入して初めての夏、たくさん履きたいと思います!

革靴に興味はあるけれど何を選んだらよいか良く分からないという女性も多いと思います。店舗スタッフがお話を聞かせて頂きますので、お気軽にご相談くださいませ。安心して出かけられるようになるのはまだまだ先かと思いますが、店頭でお話しできる日を楽しみにしております。

ラシック名古屋店 森田