BLOG

チョアジャケット、永遠の魅力 | Drake’s銀座店

Do Your Chores: The Timeless Appeal of the Chore Jacket

文・Aleks Cvetkovic

Incorporating classic workwear into one’s wardrobe needn’t be a chore.

クラシックなワークウエアをワードローブに取り入れることに気負う必要はない。

Some clothes possess an almost miraculous ability to make the most uninspiring of tasks that little bit more manageable – enjoyable, even. The warmth of a comfy cardigan can fortify you against the draining idea of sitting through a long haul flight, and knotting a brightly coloured tie before you head out the door in the morning can help to summon the courage to take on a grey day.

洋服の中には何の変哲もない仕事を楽しくさせてくれる奇跡的とも言えるような可能性を持ったものがあります。暖かく着心地の良いカーディガンは長距離のフライトの間も、より良いアイデアを引き出してくれる、パッとしない朝でも家を出る前に鮮やかな色合いのタイを結べばその日のやる気を奮い立たせてくれます。

The chore jacket is perhaps the genesis of this idea: the preserve of honest working men for the best part of two centuries. Today, of course, the likelihood that you’ll wear one to slog away in a factory or a forge is small, but it is nonetheless one of those garments that brings with it a reassuring sense of solidity.

もしかしたらチョアジャケットはこの考え方の起源となるウェアなのかもしれません。それは勤勉な労働者たちが200年間にわたり大切にしてきたウェアだからです。もちろん現代において工場や小さな鍛冶場で働く人たちが着ているものかもしれませんが、彼らに丈夫さや堅実さを与えてくれる洋服のひとつでもあるのです。

I remember the first time I tried one – a few years ago now, when I still took the view that there was no occasion in life when I should wear anything other than a three-piece suit and tie. I stood there, quaking in my semi-brogues, a little nervous about the idea of testing out something quite so different. Regardless, it hung there on the rail calling my name, and once I’d pulled it on, the combination of plush corduroy and simple design was both heartening and comforting. It’s tricky to find a coat for those ‘in-between’ moments in life, when the day’s agenda requires neither formal nor casual clothing, and a chore jacket – carefully chosen – slips into this niche perfectly.

私は初めてチョアジャケットを試したときのことを覚えています。何年か前のことですが、その時私は3ピースのスーツとタイ以外のものを着る機会はないと思っていました。テイストの大きく異なるものを試してみることに少々慎重だった私は、セミブローグの靴を履きながら悩んでいました。その時、手すりの上にかけられたそのジャケットは私を魅了し、すぐさまそれを羽織り驚きました。コーデュロイとシンプルなデザインの組み合わせが私を高揚させると同時に心地良さをも感じさせたのです。その日の予定がフォーマルでもカジュアルでもない時、そういった「中間」の羽織ものを見つけられず悩んでいました。しかし、チョアジャケットはその「中間」に完璧に当てはまったのでした。

Moreover, the chore jacket comes into its own during this time of year. As the light takes on a soft, almost timid quality, and the trees turn from parched pale green to amber, the embrace of a rugged cotton jacket is in itself encouraging: a boost to the system with which to ease into fall. Armour to take on changeable weather.

There’s one other thing, too. As the days shorten, a work jacket that’s bright and bold is an antidote to the drabness of autumn. I wore a brightly coloured work jacket to the Christmas drinks party where I met my girlfriend two years ago, similar in shade to the orange number you’ll see here, and she later revealed that she was smitten by my optimistic choice. Confidence, as they say, really is king.

さらに今この時期にチョアジャケットが本領を発揮するでしょう。光が柔らかく穏やかになり、木々は淡い緑から琥珀色に変わるように、無骨なコットンジャケットを身に着け始めることは緩やかに秋に移っていく季節の移ろいの中で私たちの気持ちを鼓舞してくれます。チョアジャケットはそういった変化する気候のための鎧とも言えます。

まだ他にもあります。明るく大胆な色のワークジャケットは日が短く、夜が長くなる秋にとってスパイスとなります。私は2年前、ガールフレンドと出会ったクリスマスパーティへ鮮やかな色合いのワークジャケットを着ていきました。それはここで見ることのできるオレンジ色のものに形が似ていました。そして、後に彼女はその私の楽天的な着こなしに惚れ込んだのだと明かしてくれました。よく言われるように自信は本当に重要です。

There’s a generosity of spirit underpinning the selection of chore jackets this season. Whether garment-dyed Italian cotton, heavy pinstriped linen or Japanese selvedge needlecord, they are cut in cloths that are destined to improve with age. They benefit from a boxy fit that’s true to their 19th-century ancestors (these are emphatically not slimmed down for today) and they are finished with stand-and-fall collars that practically beg to be ‘popped’. Even better, the corduroy variants can be dressed with five-pocket chinos to match, making up a ‘chore suit’ of sorts, for those who want to wear something that is both practical and creative.

今シーズンは幅広いチョアジャケットのセレクションに支えられています。製品染めのイタリアンコットン、厚手のピンストライプリネン、畝の細い日本製コーデュロイなど、それらは年々改善されデザインされています。19世紀によく見られたボックスフィットで(断固として現代的なスリムダウンはされていないのです)、襟を立てられるようにスタンドフォールカラーで仕立てられています。さらによいのは、実用的かつ独創的なものを着たいという方にとっては、コーデュロイの5ポケットのチノと合わせると柔らかい「chore suit」にもなります。

And that’s the point. Once, the chore jacket was a maligned, functional garment – synonymous with monotonous work and toil. Today, it’s an easy form of self-expression: a relaxed way to wear colour and to reflect the changing of the seasons in your own day-to-day wardrobe.

そしてここが重要な点です。かつて、チョアジャケットは蔑まれ、機能としての服であり、労働と労苦との同義語でした。今日、このジャケットは自己表現の簡単な手段であり、つまり、色をまとい季節の変化を自身の日々のワードローブへ反映させるための自然な方法なのです。

Whether burnt orange, soft red, bottle green, navy or tobacco, I can think of few jackets more satisfying to wear now that winter is rolling in.

オレンジ、レッド、グリーン、ネイビー、タバコ、どの色を選んでも、冬が近づいている今、チョアジャケットほど着用することで満足できるジャケットは他にないと思えます。

________________________________________________________

チョアジャケットは間もなく入荷いたします。入荷しましたらぜひ店頭にてお試しください。

Drake’s銀座店 尾山

 

Drake’s 銀座店 / BRITISH MADE

〒104-0061

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F

TEL:03-6263-9955

Email:ginza@drakes.com

営業時間:10:30-20:30