BRITISH MADE

BLOG

毎日でも着れるスタンダードなワークウェア。ラベンハム2020年春夏のライトアウター3型をご紹介

寒の戻りどころか雪が降り、春はどこへ?といった陽気が続きましたが、ようやく暖かさを実感できているこの頃。こんなご時世ですが、季節感や差し込む日光が暖かく前向きな気持ちを支えてくれます。

話は変わりますが、個人的にどんなアイテムも新品より一度洗った雰囲気の方が好きです。ポプリンのシャツも、ピシッとハリ感があるよりも、柔らかく、少し光を吸収するくらいの光沢感が良いなと感じています。

洗いざらしにスチームをあてて伸ばす、革を馴染ませる、そういった過程は自分のワードローブに加えるための儀式的なものと捉えています。要は、やはり肌に馴染んだものが良いわけです。そんな観点から、すでに洗いが掛けられたアイテムにも目がありません。そして時期的にも、あると便利なのが1枚仕立てのライトアウター。そこで今季ブリティッシュメイドでラインアップされるライトアウターの中からラベンハムの2020年春夏最新アイテムにフォーカスしてご紹介。

(左から)
SHOP COAT ¥43,000(税抜)
WORKER JACKET ¥35,000(税抜)
WORKER SHIRTS ¥34,000(税抜)

バリエーションは3型3色展開。それぞれユニセックスで着用可能なサイズ感、デザインです。いずれもイギリス製のコットンツイルを採用。チノトラウザーズなどワーク・ミリタリーウェアに用いられることも多い、タフな印象の生地。打ち込みが良く上品さも備えています。春夏らしく適度な厚みで、スプリングコートとして、また秋口までも活躍できるシーズンレスで使いやすい質感が魅力的。ちなみに生地は家族経営のイギリスのファクトリーで仕立てられているのも、生産背景として魅力的なポイント。


モデル身長:176cm 着用サイズ38(M)
WORKER SHIRTS ¥34,000(税抜)

こちらはシャツディテールを取り入れたワークジャケット。袖のカフス仕様や裾のラウンドカットなどシャツらしいディテールを継承しています。シャツらしいキレイ目な印象と、コットンツイルのタフな素材感がミックスされた新鮮味のある1着。

袖をクローズアップすると確かにシャツさながら。あえてスナップボタンを用いるなど、カジュアルな素材感と相性の良い実用的なディテールを取り入れているように感じます。もっと暖かくなればカットソーと合わせて袖をまくって、といったラフな合わせでも品良くまとまってくれそうです。


モデル身長:176cm 着用サイズ38(M)
WORKER JACKET ¥35,000(税抜)

こちらはラベンハムらしいオーセンティックなデザインが引き立つワークジャケット。前述のシャツジャケット同様に、シルエットはボックスシルエットを採用しています。全体的のデザインとしてはブランドの定番モデルである“デンハム”と同じ雰囲気を有しているので、往年のファンの方にも親しみやすい1着なのでは。ポリエステル、キルティングの定番ファブリックから、ワークウェアらしいステッチワークなどを取り入れつつ、水牛ボタンでさり気なく高級感を。

コーデュロイパイピングのパッチポケットも、ラベンハムの定番デザインですね。カジュアルな素材感とも相性が良く、だんだん経年変化も進むので着ていて楽しめるのも魅力です。


モデル身長:176cm 着用サイズ38(M)
SHOP COAT ¥43,000(税抜)

こちらはロング丈のショップコート。ラベンハム50周年記念のアニバーサリーパーティーの際に、スタッフが着用していたものと同様のコートになります。身幅はやや大きめに設定されているので、今くらいなら肌寒ければ中に厚手のコットンニットなど着用可能。着丈は膝上くらいで、オーバーサイズな昨今のトレンドアイテムとも相性ピッタリ。とはいえ、ざっくりとしたサイズ感はグルグルと回って来るので、長い目をみてもずっと着れるはずです。

ちなみにここまで一貫して、マカラスターのコマンドセーターとチノトラウザースを着用してきました。このように、当然のごとく、間違いない組み合わせなのでなんでも成立します。毎日バサッと羽織って格好がつく、そんなブレないスタンダードさがワークウェアの魅力の1つなのではないでしょうか。サイズ感、デザインともにユニセックスに使えるので汎用性の高さに拍車をかけます。合わせるのはオーセンティックに色味を絞った、コーディネートも良いですし、ブルー、ネイビー系の色味のボーダーカットソーなど、スタンダードなアイテムであればあるほど、相性が良いと思います。

個人的にはちょっとそこまで散歩へ行く時に、そして落ち着いたらキャンプなどにも着て行きたいとイメージを膨らませています。気温の変化で、取り急ぎ軽めのアウターが欲しい!という方も、ぜひチェックを。