BRITISH MADE

BLOG

Thomas SmithのGARDEN TRUG

TRUGとは、浅い楕円形のかごを意味するものらしく、

中には花や道具を入れて使用することが一般的とされています。

主に英国で用いられる用語のようです。

今回ご紹介するThomas SmithのGARDEN TRUGは

1829年、Thomas Smith氏が栗の木等を用いて作った

Sussex Trugの発明が始まりでした。

昔ながらの方法で職人が丁寧に手作りをしているため、

環境にも配慮されています。

底面にサインのあるものも存在し、

そのサインは職人の誇りの象徴とされています。

こちらはサインなしですが、製造番号が手書きで記されています。

名前だけ聞くとGARDEN TRUG=庭で使うかご

と想像できますが、

現在はさまざまなシーンで使われています。

屋外、屋内問わず使えるデザインが嬉しいです。

本格的なガーデニング用品として、

はたまたインテリアとして、

用途に合わせてサイズを選ぶところから楽しそうです。

BRITISH MADE青山本店、大阪店にてご覧頂けます。

~ご案内~

2015年4月18日(土)、19日(日)の2日間、

BRITISH MADE青山本店及び隣接する渡辺産業ショールームにて

英国ファンイベント、British Marketが開催されます。

この期間中、青山本店にて

BRITISH MADEメールマガジンにその場でご登録頂いたお客様に

素敵なノベルティをご用意しております。

数に限りがございますので、ぜひお早めにこの機会ご利用くださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。