2018.10.15

Food For Thought 地元民に愛される、ローカルなお勧めレストラン「WESTERNS LAUNDRY」

以前このコラムでも紹介をした事がある安定感のあるレストラン『PRIMEUR』の2号店として最近オープンした姉妹店を紹介しよう。『PRIMEUR』と同様に、ロンドン北部の閑静な住宅地に居を構えた姉妹店は、日本にも多くのファンを持つ『ARSENAL FOOTBALL CLUB』の近くにある。
あの有名なアーセナルスタジアム
EMIRATES STADIUMを横目に
それ以外はあまり何もないエリアではあるが、観光地や中心街エリアに高い家賃を支払って集客期待するよりも人にわざわざ足を運ばせる理由やコンセプトが必要である。彼らの売りは、魚介類をメインにしたヨーロピアン料理とローインターベンションワイン(極力の人口の手を加えていないワイン)。料理のスタイルは、基本シェアリングプレートでそれぞれ好きな物をオーダーして皆でシェアして食べるスタイル。特に友人同士で行くのに最適なレストランだ。シンプルな料理と美味しいワイン。旬の食材をできるだけシンプルに調理する、当たり前と言えばそうなのだが、中々それを実践しているレストランも正直少ないと思う。
夏に最適なアフレスコダイニングが楽しめるスペース!
もうちょっと頑張った方が良いなと思えたのは、この黒板にチョークで書かれたメニュー。『PRIMEUR』も同様のスタイルなので、彼らの特徴の一つだと思うが実にこの落ち着いた照明の下では読むのが結構きつい。
ワインの種類も豊富にあるのも嬉しい。結構前に『PRIMEUR』でハンガリー産のトカイワインの白を勧められた時に、ワインのサードワールドも多様化したなと感じたのを今でも鮮明に覚えている。今回はメニューにあったチェコ産の赤ワインに挑戦したがまろやかで本当に美味しかった。こういう新しいワインを試せるのも嬉しいし、いつも新しい発見がある。
豚の頭肉のコロッケとタラゴンマヨネーズ。若干癖のある豚頭肉、味の濃さと脂っこさがあるが、ちょっとこってりしたハムカツが好きな人はいけるはずだ。ワインとの相性も抜群。寒くなって来た今の季節にも実にはまる一品。
バッファローモッツァレッラチーズに蒸し煮したビーツの葉と茎。写真がぼけているが、酸味と蕨のようなしっかりとした食感。始めたビーツの葉と茎を食べたがこんな使い方があるのだと納得させられる一品で酸味とクリーミーさの相性が抜群の一品。
ムール貝とチョリッゾのガーリック/白ワインソース。スペイン料理とベルギー料理の融合的な一品。ムール貝は9月から12月が旬で美味しいと言われているらしい。
カヴァテッリ(Cavatelli)パスタとカーボロネロ/黒キャベツのガーリック/チリ炒め。初めて食べたカヴァテッリというパスタは、ロールパンを小さくしたような貝殻に似たパスタだが団子のように芯ががっしりとしていて、面白い食感。チーズにも酸味がありオススメのプレート。
ムラードダック、ポテトと酢漬けされた赤キャベツ。ムラードは大型のダックで、肉質も若干弾力があり歯ごたえがしっかりあり風味があるのが特徴。
チョコレートとナッツのアイスクリーム
今年に入って色々なレストランをトライしたが、チャーミングな雰囲気、食事のポーション、料理のクオリティーと費用対効果を考えると今年一番お勧めのレストランかなと個人的に思うぐらい満足の行く内容。こんな住宅地にこれだけのクオリティーのレストランが存在するのもここ20年でロンドンの食事情が向上した証拠だ。当日も10月初旬の平日水曜日の夜に予約をして、食事が終わって帰る頃には既に満席状態。
旬の食材の旨さをシンプルに調理し、無駄な味付けをしない。その精神を反映したかのような内装/コミューナルテーブル(シェアリングテーブル)スタイルは、逆に中心街のSOHOなどでは出来ないだろうなと思う。隣の人が食べているのを見ながらメニューを選び、会った事のない隣の人と偶然にもたわいも無い会話をしたり、社交場的な要素を含んだカジュアルレストラン、今後もこういったレストランはより増えていくだろう。ついでにARSENALのEMIRATES STADIUMで試合観戦と一緒に、足を運んでみたらどうだろう。

Westerns Laundry
住所:34 Drayton Park, Highbury East, London N5 1PB
最寄り駅:地下鉄ARSENAL駅から徒歩8分程/国鉄DRAYTON PARK駅から徒歩3-4分程
westernslaundry.com
Text&Photo by Tatsuo Hino

関連リンク
コロンビアロードフラワーマーケットのオーネストフードとビオワイン「Brawn Restaurant」
クリエイティブなファインダイニング「Lyle Restaurant」!?


plofile
日野 達雄

日野達雄

英国在住歴16年のメディア/ファッションコンサルタント。
英スタイル雑誌の出身で英/日の雑誌にも寄稿をするライターでありながら、音楽、ファッション、フード、写真と様々なジャンルでのコンサルティング業務に携わる。

日野達雄さんの
記事一覧はこちら

RECOMMEND