スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.02 | BRITISH MADE

MENS|スタッフに聞く。ジョセフ チーニー サイズの選び方 Vol.02 (UK5.0ー5.5)

2017.02.09

20170209_topics1
自分に合ったピッタリの一足を見つけたい方へのサイズガイドと題し、BRITISH MADEスタッフにジョセフ チーニーを代表するラストを履き比べ、リアルなフィッティングインタビューをお届けするコンテンツ。第2弾の今回は普段UK5.0ー5.5(24.0ー24.5cm)の革靴を選ぶ足のサイズが小さめのスタッフに質問してみました。サイズでお悩みの人はぜひどうぞご覧下さい。

目安となる靴のサイズチャートをチェック!

まずはサイズ選びの目安となる靴のサイズチャートを国別で確認しましょう。日本、US(アメリカ)、UK(イギリス)、EU(ヨーロッパ)の各国サイズチャートを掲載しています。フィット感は好みよって個人差が出る場合がございますが、あくまで目安としてサイズ選びの参考にしてください。

ジョセフチーニー & チャーチ メンズ
UKJPNUSEU
524639.0
5.524.56.539.5
625740.0
6.525.57.540.5
726841.0
7.526.58.541.5
827942.0
8.527.59.542.5
9281043.0
9.528.510.543.5
10291144

ジョセフ チーニーの代表的な木型の特徴をチェック

次はジョセフ チーニーの木型3つをご紹介。一見同じように見える革靴でも、木型によって大きく印象が異なります。1つ1つどのようなシルエットで、どのようなコーディネートに合うのか?そんな面に注目してみると、ご希望の1足も見つけやすいはずです。


■ 125 ラスト(Classic Collection)
125周年を迎えたジョセフ チーニーが新たに開発したラスト。細身のFフィットを採用し、ヒール部分を小ぶりのDフィットにすることで、日本人を含めた現代人の足型によりフィットする構造に。モダンでスマートな表情を取り入れつつも、バランスのとれた丸みのあるトゥでクラシックな英国靴らしい雰囲気を残しています。代表モデルはストレートチップの「ALFRED(アルフレッド)」、セミブローグの「WILFRED(ウィルフレッド)」

■ ポイント
・幅は細身のFウィズ、踵は小ぶりなDフィットを採用したコンビネーションラスト
・ドレス、ビジネスシーンに適した内羽根モデルがメインラインアップ
・バランスの取れた王道のルックスで1足目としてオススメ

「125ラスト」の魅力を知る


■ 11028 ラスト(City Collection)
ビジネスシーンで支持が高い11028ラスト。125ラストと比較するとやや幅広、1886ラストに比べるとノーズが長くラウンドトゥのため、よりシャープでドレッシーな印象を持っています。3つの中でも、一般的に幅広甲高の日本人の足型に合いやすく、足のサイズが比較的大きめの人でも着用しやすいラストです。代表モデルは、クォーターブローグの「FENCHURCH(フェンチャーチ)」ストレートチップの「LIME(ライム)」

■ ポイント
・ややロングノーズのトゥバランスが細身のスーツとも好相性
・ドレス、ビジネスに適した内羽根モデルがメインラインアップ
・本格仕様ながらエントリーユーザー向けで英国靴の入門編に最適

ロンドンで愛される11028ラスト


■ 4436 ラスト(Country Collection)
英国軍に提供していたこともある、日本国内展開では最も古い1969年に制作された歴史のある、4436ラスト。本国ではミリタリーラストとも呼ばれ、丸みがありやや無骨なフォルムながらも、どこか愛嬌のある表情のカントリーコレクションを代表するラストです。また、特徴としてヴェルトショーンウェルト製法が採用されたモデルがラインアップ。ヴェルトショーンはアッパーとの隙間を無くし、防水性を高めるディテール。優れた職人技術を有するため1日で生産される数も限られています。代表モデルは、キャップトゥの「CAIRNGORM 2R(ケンゴン ⅱ R)」

■ ポイント
・カジュアルシーンに適した外羽根モデルがメインラインアップ
・ややショートノーズのラウンドトゥで全体的に丸みを帯びたフォルム
・ヴェルトショーンウェルト製法の防水性の高いモデルも展開

スタッフに革靴の選び方を質問しました

今回は普段革靴を選ぶサイズがUK5.0-5.5(24.0-24.5cm) とやや小さめのスタッフにそれぞれ履き比べてもらいました。

PROFILE
通常サイズ:UK5.0-5.5(24.0-24.5cm)
足の特徴:全体的に小さい
服装:カジュアルが中心, たまにスーツも

Q01. 革靴を選ぶ時の通常サイズは?
「普段はUK5.0-5.5(24.0-24.5cm) を着用しています。シューズの木型や特性によって細かくサイズを刻んで選んでいます。」

Q02. スニーカーを選ぶ時のサイズは?
「スニーカーはUK6.5(25.5cm),気分によってはUK7.0(26.0cm)を着用しています。パンツの裾幅やコーディネート全体のバランスを重視して、あえて大きいサイズを選んでいます。」

Q03. チャーチを選ぶ時のサイズは?
「チャーチではUK5.0(24.0cm)を着用しています。チャーチでも木型によってサイズ選びが異なります。例えばラスト81のライダーでUK5.5(24.5cm)、シャノンでUK5.0(24.0cm)、ラスト173はUK5.0(24.0cm)で、どちらもジャストフィットです。」

Q04.革靴を選ぶ際の基準は?
「革靴は必ずジャストサイズを選んでいます。履き馴染んだ時に、自分だけのサイズ感にしたい!という気持ちを大切に履いています。足が小さく、肩幅も広いので、コーディネートのバランスが取り辛いのが悩みです。そこで、全体的なコーディネートバランスを一番考慮して革靴を選んでいます。個人的な好みで言えば、ダブルソールやコバの張っているボリュームのある木型の靴を自然と選びます。」

Q05.普段のコーディネートは?
「コーディネートはミリタリー、ワークのようなカジュアルスタイルから、たまにスーツスタイルまで。コーディネートの中でそれぞれ「外し」の要素は取り入れず、ドレスはドレス、カジュアルはカジュアルで合わせています。また、ソックスは薄手のものを着用しています。ドレスシューズと合わせる際は“Pantherella(パンセレラ)”のソックスを愛用しています。基本的にはソックスの厚さで、サイズバランスを調整せず、とにかくジャストサイズを意識しています。」

Q06. ジョセフ チーニーの革靴を選ぶポイントは?
「ジョセフ チーニーは他のシューメーカーに比べて華奢なデザインが多い印象です。そこで、通常選ぶサイズよりもハーフサイズアップしUK5.5(24.5cm)を着用することが多いです。チャーチを基準するなら、前述の通り木型や特性にもよりますが、チャーチの革靴よりもハーフサイズアップして選んでいます。」

■ 各モデルを履き比べました
125 ラスト|WILFRED

WILFRED
LAST: 125
SIZE: UK5.5 (24.5cm)

UK5.5(24.5cm)でジャストフィットです。吸い付くようなフィット感とコーディネート的にも最適なバランス感で、今回履き比べた3足の中でも一番自分に合っているラストだと思います。やや長めのノーズが、自分の気になるコーディネートと合わせた時のバランスを整えてくれます。英国の正統派の風格は残しながらもクラシックすぎず…かと言ってモダンすぎもしないラストは1足目としてもおすすめです。」

幅について:狭めのつくりですが、それによりフィット感が得ることが出来ます。ジャストで履きたい!という方には好相性です。反面、幅広の人にはサイズアップを推奨します。
甲について:程よい高さで、どなたにも合いやすいと思います。
ヒールカップについて:小振りで自分のように足の小さい人にもおすすめです。


11028 ラスト|LIME

LIME
LAST: 11028
SIZE: UK5.5 (JPN 24.5cm)

「今回はUK5.5(24.5cm)を着用してみました。今までと同様のフィッティングで試したところ全体的に余裕があります。なのでこちらのラストだったらサイズをハーフダウンしてUK5.0(24.0cm)を選びます。」

「木型の特性上、UK5.0(24.0cm)でも甲がやや高いので、極端に甲が高いという方にもおすすめです。コーディネート面でいうと好みは分かれるとは思いますが、ノーズが長めの印象なのでコーディネートのバランスが取りやすいのもポイントです。例えば長めのノーズは縦のラインを強調している分、細身のスーツにも合わせやすいと思います。また、125ラストのアルフレッドも同じキャップトゥ、ラウンドデザインですが、こちらはキャップの面積が広く取られてよりシャープな印象となっています。」

幅について:ラスト125と比べると余裕のある印象です。
甲について:同様に、ラスト125と比べるとやや高いつくり。通常通りのサイズを選ぶと羽根も完全に閉じきってしまう場合もあるのでご注意。
ヒールカップについて:ヒールカップは小振りな印象です。


ジョセフ チーニーの中で最も思い入れのあるモデルは?

COMOLI × JOSEPH CHEANEY – Side Gore Boots
LAST: 4436
SIZE: UK5.5 (24.5cm)

「自分の中でも特に思い入れのある1足が”comoli(コモリ)”さんとジョセフ チーニーの別注サイドゴアブーツ。いわゆるサイドゴア、チェルシーブーツというとカーフアッパーにレザーソールが主流だと思います。その仕様で自分が履くと格好良すぎてしまい…少し敬遠していました。しかし、このcomoli別注モデルは、繊細な印象を残しながらもアッパーにブラックスエード、ナチュラルのスプリットウェルト、ボリュームのあるITSHIDEのコマンドソール、ラストは英国軍に供給していたラスト 4436を採用し、ミリタリー/ワークのエッセンスを取り入れる事で、より万能に合わせる事ができます。」

「ミリタリー、ワーク、ストリートなどのMIX感のあるコーディネート、バランスが好きな自分にとって毎日でも履ける理想的な1足。元々comoliの服が好きで、comoliさんが作るジョセフ チーニーを見てみたいという思いもあって、これがリリースされた時、まさに全てがドンピシャ!と感じた1足です。」

「当初ドレスシューズのみを展開するイメージが強かったジョセフ チーニーですが、近年はコレクションサイトの発展、ブランディングを一新し、ドレスシューズに留まらずカジュアル、カントリーシューズに至るまで幅広く定着しています。創業から130周年を経たジョセフ チーニーは、革靴というプロダクトを越えたクラフトマンシップ、ストーリーなど、実直な靴づくりの背景があることでシーズン、トレンド性のあるデザイナーズとのコラボも増えてきています。」

[関連ページ]
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.01(UK7.5)
スタッフに聞く ジョセフチーニー サイズの選び方 Vol.03(UK9.0-9.5)

アイテムをチェックする

*現在では取扱のないモデルもございます。予めご了承ください。

おすすめ商品

同じカテゴリの最新記事