BRITISH MADE

ブリティッシュ“ライク” 映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」から学べる服飾史

2019.01.24

英国の君主は言わずと知れたエリザベス女王だ。2015年に在位期間は歴代最長を更新した。エリザベス女王がその記録を更新するまでの記録保持者は、彼女の高祖母であり今回紹介する映画の主役でもあるヴィクトリア女王だ。18歳で英国君主に即位したヴィクトリア女王は、7つの海を制する大英帝国の象徴として君臨。最愛の夫アルバートを亡くした後は、10年間も公の場から姿を消し喪に服し続けた。
この物語が始まるのは、女王の即位50周年を祝う祝賀会。時を同じくして、インドが英国の直轄地となった29年目のアグラ。博覧会のために選んだ絨毯が評価されたアブドゥルは、女王の即位記念式典にて記念金貨モハールを献上する役に任命される。アブドゥルは、その式典で彼女の目に止まり、瞬く間に従者となり知遇を得る。両者は水魚の交わりとなり、憔悴していた女王は再び輝きを取り戻していく。女王は、師の意味である”ムンシ”としてアブドゥルを仰ぐ。一方、その急激な変化に眉をひそめる女王の側近や皇太子バーティは、アブドゥル排除を画策する。
本作の時代背景である、ヴィクトリア女王〜エドワード7世が統治した時代は、歴史的にも文化的にも大変魅力的だ。男性の服装では、現在のスーツの原型であるラウンジスーツが定着し始めた時代である。つまり、フロックコートなど旧スタイルからの変換期で服飾史的にも重要な時代なのだ。中でも、劇中で幾度となくヴィクトリア女王とぶつかり合う彼女の放蕩息子バーティ(のちのエドワード7世)は、後世に多大な影響を及ぼす人物だ。ヴィクトリア女王の在位期間が極端に長かったため、彼自身の在位期間は短かった。しかしながら、彼の築き上げたエドワーディアンスタイルは現代にも脈々と息づいている。例えば、エドワード7世の代名詞でもあるホンブルグハット。ドイツの温泉地ホンブルグを好んだ彼はしばしばこの地へ足を運んでいたところ、この地のチロリアンハット製造会社が、英国皇太子を歓迎するために新たな帽子を献上した。エドワード7世がお気に召したこの帽子は、英国の上流階級であっという間に流行になる。すなわち、オフィシャルシーンでチロリアンハットを着用するようになったのは彼なのである。以降このスタイルはメインストリームとなる。他方、今でこそトラウザーズにクリースを入れることは至極当然だが、これが行われたのもエドワード7世の時代であるとされている。ある日、従者がトラウザーズのたたみ方を間違えてしまうが、そのシワを面白いと考えたエドワード7世は、前後に折り目がついたまま着用した。これも上流階級でたちまち話題となり流行するのだ。加えて、ベストの一番下のボタンを外すことをスタンダードにしたのも彼であり、取り上げれば枚挙に暇がない。

このように、本作の背景には服飾史の醍醐味が散りばめられている。頭の片隅に入れて観賞いただけたらまた違った楽しみ方ができるのかもしれない。何を隠そう、本作の衣裳担当は、「クイーン」「マダム・フローレンス!夢見るふたり」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」など、大作で名を馳せているコンソラータ・ボイルだ。本作でも同様に、アカデミー賞にノミネートされている。史実に沿って優雅に表現された衣裳は、物語を手助けする重要な役割を果たしている。
主演のジュディ・デンチとアリ・ファザルの掛け合いは言うまでもなく素晴らしい。さらに、先述したエドワード7世役のエディ・イザード、ソールズベリー首相役のマイケル・ガンボンなど、個性的な俳優陣が目白押しだ。終わりに、ヘンリー・ポンソンビー役で出演する英国の名優ティム・ピゴット=スミスは、本作が最後の出演作となっており、クレジットにもその名が捧げられている。

ヴィクトリア女王 最期の秘密
出演:ジュディ・デンチ、アリ・ファザル、エディ・イザード、アディール・アクタル、マイケル・ガンボン
監督:スティーヴン・フリアーズ 脚本:リー・ホール 音楽:トーマス・ニューマン 撮影:ダニー・コーエン
プロデューサー:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ビーバン・キドロン、トレイシー・シーウォード 2017 年/ イギリス・アメリカ/112 分/カラー/シネスコ/原題:Victoria&Abdul ユニバーサル作品 配給:ビターズ・エンド、パルコ
©2017 FOCUS FEATURES LLC.
公開日:2019年1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー
www.victoria-abdul.jp
Text by Shogo Hesaka

関連リンク
「ヴィクトリア女王 最期の秘密」 “誰もが知る女王”の知られざる秘密が、一世紀の時を経て明かされる――!


plofile
部坂 尚吾

部坂 尚吾

1985年山口県宇部市生まれ、広島県東広島市育ち。松竹京都撮影所、テレビ朝日にて番組制作に携わった後、2011年よりスタイリストとして活動を始める。2015年江東衣裳を設立。映画、CM、雑誌、俳優・タレント・文化人のスタイリングを主に担い、各種媒体の企画、製作、ディレクション、執筆等も行っている。山下達郎と読売ジャイアンツの熱狂的なファン。
江東衣裳
http://www.koto-clothing.com

部坂 尚吾さんの
記事一覧はこちら

同じカテゴリの最新記事