English Garden Diary イギリスのクリスマスを彩るおいしいお菓子たち

2020.12.17

クリスマスカップケーキ
「different(いつもと違う)」「strange(不思議な感じ)」

親戚や友人との間で、今年のクリスマスについて語るとき、必ずといっていいほど、こういった言葉が聞かれます。

年頭には思いもよらなかった新型ウィルスの広がり。それによって、ロックダウンが起こった今年は、誰にとってもさまざまな意味で特別な一年となりました。

イギリスでは一旦、解除になったものの、11月から今月の初頭まで、二度目の外出規制が行われました。その後の政府の発表では、クリスマスについては規制緩和がされ、三世帯までであれば家族や友人と集まることが認められています。

イギリス人にとってクリスマスは、普段ですら日本のお正月かそれ以上とも言えるほどの一大イベントです。今年は特に、ロックダウンでずっと会えなかった家族に再会するという人もいて、より特別なクリスマスとなりそうです。

そんな、イギリスの人々にとって一年でももっとも大切なクリスマス。今回は、この時期に欠かせない、イギリス伝統のスイーツをご紹介したいと思います。

クリスマスプディング

イギリス好き読者の皆さんなら、ご存知の方も多いのではないでしょうか。見た目は真っ黒で、お椀をひっくり返したような形のお菓子がクリスマスプディングです。

材料に使われているのは、大量のドライ・フルーツにナッツ類とパン粉、スーイットと呼ばれる牛脂とほんの少しの小麦粉です。それにプラスして、スパイスや柑橘類の皮と黒ビールとラム酒、卵を混ぜ、「プディングボウル」という器に入れて、蒸して作られます。

クリスマスプディングの歴史は15世紀前半までさかのぼります。当時は特にクリスマス用の食べ物ではありませんでした。「プラム・ポタージュ」と呼ばれたその中身は、牛や羊の肉を刻んだものがメイン。それに玉ねぎ、ドライ・フルーツ、パン粉を混ぜて、ワインやスパイスで味付けされていました。現在のレシピに近いものになったのは19世紀近くといわれ、当時は大砲の玉のような真ん丸だったそうです。そこから半球型へと形が変わっていき、このころになると材料は現在と似たようなものが使われるようになってきました。
クリスマスプディング クリスマスプディングを食べる時には、あらためて蒸して温めますが、最近ではスーパーで買ってきたクリスマスプディングを電子レンジで温めて食べる家庭が多くなっています。

このプディングは、クリスマス当日の5週間前から仕込むのが習わしです。イギリスでは12月25日からさかのぼって4週間前の日曜日からがアドべント期間となります。そしてその1週間前の日曜日は「ステア・アップ・サンデー(かき混ぜる日曜日)」と呼ばれ、この日がクリスマス・プディングを作る日なのです。

昔はプディングの材料をかき混ぜる時に、指輪や旧6ペンス硬貨、指貫などを入れたのだといいます。そしてクリスマス当日、食べたプディングの中から出てきたもので翌年の運勢を占ったそうです。

食べるときには、温かいカスタードソースや、ダブルクリームをたっぷりかけて食べるのがイギリス流です。

▼今年のステア・アップ・サンデーには、イギリス王室のツイッターアカウントでも、その作り方が紹介されていました。

クリスマスケーキ

クリスマスプディングの陰に隠れてしまっている感もありますが、クリスマスケーキもちゃんと存在しています。

といっても、イギリスのクリスマスケーキは、日本のような、ふわふわのスポンジに生クリームたっぷり、というものではありません。材料はクリスマスプディングにそっくり。どっしりとしたフルーツケーキです。そのフルーツケーキの上に、マジパン、砂糖でできたアイシングという二重のコーティングがされています。

クリスマスケーキ作りで肝心なのが「フィード(feed)」と呼ばれる行為。これは、ブランデーやラムなどをケーキに染み込ませる作業です。これをクリスマス前までに2週間に一回くらいの割合で行います。フィーディングするのは、ケーキをしっとりさせるためと、風味をよくするため、そして長期保存のためと言われています。

伝統的にはこのケーキは、クリスマス当日ではなく、公現祭(エピファニー)と呼ばれる1月6日に食べられていたものだそうです。公現祭とは、東方の三博士がイエス・キリストに礼拝した日をいい、クリスマスのお祝いの最後の日ということで、このケーキを食べていたようです。
クリスマスケーキ 子供たちが幼い時には、義母の作ったクリスマスケーキをデコレーションするのがクリスマスの楽しみのひとつになっていました。

スパイスの入ったケーキをオーブンで焼いていると、クリスマスの香りがキッチン中に広がって、オーブンのおかげであたたまった部屋の空気と同じように、気持ちまでほかほかしてきます。窓の外はグレイでしぶしぶと雨が降っていても、その時ばかりは人々の気持ちもほがらかになっていきます。だからこそ、こんなに早い時期からケーキを焼いて、クリスマスの準備を始めるのではないかと思ってしまうくらいです。

▼イングランドの歴史的建造物を保護する目的で設立された組織「イングリッシュ・ヘリテッジ(English Heritage)」のYoutubeチャンネルでは、ヴィクトリア時代のクリスマスケーキの作り方が紹介されています。

ミンスパイ

こちらも、ドライフルーツが主役のお菓子です。直径約5~7センチの小さなタルトは、サクサクした生地に「ミンスミート」と呼ばれる刻んだドライフルーツ、柑橘類の皮の砂糖漬けやリンゴ、スパイスなどで作られたがフィリングが入っています。

11月になると、スーパーには箱入りの出来合いミンス・パイと並んで、ミンスミートの瓶詰めがたくさん並んでいます。このミンスミートを使えば、手軽にミンスパイが作れるのです。

私が初めてミンスミートという名前を見た時には、ひき肉が混ざっているのかと思いました。というのも、イギリスでミンスミートといえば普通はひき肉のことを指すからです。

でも、ミンス・パイには肉類は入っていません。とはいえ、歴史をさかのぼると、クリスマスプディングと同様に、かつては刻んだ肉がドライフルーツとともにパイの中に入っていたといいます。それが19世紀にはその中から肉は消え、今のような中身になったようです。
ミンスパイ ミンスパイはサンタクロースの好物とも言われます。クリスマスイブの夜には、子供たちはサンタさんのためにミンスパイと、トナカイのために人参を置いておくのがイギリスの伝統です。

現代のミンスパイは丸型ですが、かつては楕円形をしていました。これは赤子のイエス・キリストが眠るゆりかごの形を模したものだったそうです。

ミンスパイについては、いくつか言い伝えがあります。
1、クリスマスシーズンに初めてミンスパイを食べるときには願いごとをする。
2、ミンスパイを食べるときは喋らずに静かに食べる。
3、ミンスパイはナイフで切ってはいけない(フォークでならOK)。

今では守っている人は少ないかもしれません。でも、こうした迷信(?)は子供向けの絵本などにも書かれているので、これからもイギリスに住む人々の間で受け継がれていくのかもしれませんね。

今年は誰にとっても思いもよらぬ一年となりましたが、どうぞみなさま、あたたかくして素敵なクリスマスをお過ごしください。


Photo&Text by Mami McGuinness


plofile
マクギネス真美

マクギネス真美

イギリス在住17年のライター、ライフコーチ。東京での雑誌編集を経て渡英。 2004年よりイギリスを拠点に多媒体にて企画、編集、取材、執筆、コーディネイト、撮影を手がける。テーマはライフスタイル、ガーデニング、料理、人物インタビューや旅ガイドなど。メディアを問わず、イギリスの素敵なひと、場所、ものごとをひとりでも多くの方に伝えたいと活動している。『英国ニュースダイジェスト』ではイギリスの食に関するコラム「英国の口福を探して」を5年にわたり連載。イギリス料理についてのセミナー講師をしたり、文化放送、NHKラジオ、TOKYO FM等のラジオ番組に出演も。コーチングにより人生再起動ができた経験を経て、現在はライフコーチとして、人生をより良く生きたい方へのサポートも行っている。

▶︎ mamimcguinness.com
▶︎ twitter
▶︎ Facebook
▶︎ Instagram
▶︎ note

マクギネス真美さんの
記事一覧はこちら

同じカテゴリの最新記事