イギリスのクリスマスに大異変!? | BRITISH MADE

English Garden Diary イギリスのクリスマスに大異変!?

2022.11.18

11月のイギリスは、クリスマス準備に向けて忙しくなってくる時期です。近所のスーパーでは、クリスマスツリーが飾られるのと同時に、カウントダウンが始まっていました。

さて、そのクリスマスに欠かせないイギリスのクリスマス三大菓子といえば、クリスマス・プディング、クリスマス・ケーキにミンス・パイです。それについては、以前、このコラムでもご紹介したので、覚えていらっしゃるかもしれませんね。

そして実はイギリスでは、この三大菓子以外にも、クリスマスの時期に必ずどの家にも準備される甘いものがあるのをご存知でしょうか。

それは何かというと……缶やプラスチックでできた直径20~25センチくらいの容器に詰め合わせられた、一口サイズのチョコレートです。

この時期のスーパーでは、チョコレートの箱が山積みになっているのが定番の風景。

そして、今月始めに、このイギリスのクリスマスに欠かせないチョコレートの詰め合わせについて、重大発表がなされました。 それは、チョコレートボックスのブランドのひとつとして有名な「セレブレーションズ(Celebrations)」から、人気のないバウンティ(Bounty)を取り除いた商品を販売する、というものでした。

鮮やかな赤色が目をひくセレブレーションズの容器。その中には、日本でもおなじみのスニッカーズをはじめとしたチョコレート菓子を一口サイズにしたものが、8種類入っています。そして、この8種類のうち、人気がなくていつも最後に残ってしまうのが、このバウンティなのです。

「セレブレーションズ」には8種類のチョコレート菓子が入っている。
我が家でも、確かにいつも残るのはバウンティ。


バウンティは、刻んだココナッツとココナッツクリームがぎっしり詰まったかたまりを、ミルクチョコレートでコーティングしたもの。口いっぱいに広がる風味が南国のホリデーを思い起こさせるせいか、ココナッツ好きにとっては、クセになるお菓子です。

ところが、セレブレーションズを発売している企業マースによれば、18~65歳の2000人を対象にした調査をした結果、22%の人がココナッツ味のバウンティが嫌いだといい、18%の人が容器の中にバウンティバーだけが残っているとイライラすると回答したそうです。そして、そのせいで58%が家族喧嘩(!)に発展すると考えているのだとか(これはまあ、イギリスの人たちの自虐的ユーモアとも考えられますが)。

こうした調査を受けて、同社では、今年は特別にバウンティ抜きのセレブレーションズをテスコ(Tesco)というスーパーで、11月8日から12月8日にかけ、イングランド内の限定された店舗で特別販売することを決めました。

「クオリティ・ストリート」は1936年にマッキントッシュ社から発売された(現在はネスレ社が販売)。赤、黄、ピンク、青、緑、オレンジ色の鮮やかなセロファンの包み紙に包まれたチョコレートとトフィー(キャラメル)はまるで宝石のよう。
「ヒーローズ」は19世紀に創立されたキャドバリー社が1999年から発売している商品。子供たちに人気のクリーム・エッグをはじめ、同社の人気チョコレートが9種類入っている。

セレブレーションズと同様に、イギリスのクリスマスチョコレート詰め合わせとして知られているものには、クオリティ・ストリート(Quality Street)、ロージズ(Roses)、ヒーローズ(Heroes)がありますが、これらがスーパーで山積みになった様子を見ていると、今年は、セレブレーションズの山がいち早く小さくなっているようです(それらはバウンティ入りにも関わらず)。

それを見ていると、クリスマス商戦における各企業のPR戦略、この冬はセレブレーションズを手がけるマース社の勝利かな~、という気がします。

ちなみに、イギリスで大人気を誇った人気コメディードラマ『ギャビン・アンド・ステイシー(Gavin & Stacey)』の2008年クリスマス特番の中にセレブレーションズが出てきます。登場人物のひとりであるネッサという女性が、クリスマスプレゼントとして、セレブレーションズのチョコレートをたったのひとつずつ、友人たちにプレゼントする、という場面。そのとき、一粒のバウンティをもらったステイシーの母親グウェンが、すごく残念そうな顔をするシーンがあるのです。視聴者がこの場面で笑うことができるのは、イギリスの大多数の人が、バウンティは好きじゃない、という前提があるからこそなんですよね。





イギリスのクリスマスに欠かせないチョコレート菓子の数々。もしクリスマスシーズンにイギリスに来ることがあれば、ぜひお試しくださいね。

「ロージズ」は1938年から登場したチョコレート。「ヒーローズ」と同じキャドバリー社によって作られていて、王室御用達のマークがついている、ロイヤルファミリーにも認められた存在。

Photo&Text by Mami McGuinness



plofile
マクギネス真美

マクギネス真美

イギリス在住18年のライター、ライフコーチ。東京での雑誌編集を経て渡英。 2004年よりイギリスを拠点に多媒体にて企画、編集、取材、執筆、コーディネイト、撮影を手がける。テーマはライフスタイル、ガーデニング、料理、人物インタビューや旅ガイドなど。メディアを問わず、イギリスの素敵なひと、場所、ものごとをひとりでも多くの方に伝えたいと活動している。『英国ニュースダイジェスト』ではイギリスの食に関するコラム「英国の口福を探して」を5年にわたり連載。イギリス料理についてのセミナー講師をしたり、文化放送、NHKラジオ、TOKYO FM等のラジオ番組に出演も。コーチングにより人生再起動ができた経験を経て、現在はライフコーチとして、人生をより良く生きたい方へのサポートも行っている。

▶︎ mamimcguinness.com
▶︎ twitter
▶︎ Facebook
▶︎ Instagram
▶︎ note

マクギネス真美さんの
記事一覧はこちら

同じ記事の最新記事