いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > BRANDS > JOSEPH CHEANEY | ジョセフ チーニー > CAIRNGORM 2R/ケンゴン(コマンドソール, グレインカーフ)

カラーバリエーション

BURGUNDYBLACKアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージ
BURGUNDY
拡大 Prev Next

アイテムイメージ

アイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージ

CAIRNGORM 2R / F FITTING

チーニーのカジュアルラインである"カントリーコレクション"。こちらの"ケンゴン"はトラディショナルな外羽根キャップトゥモデルです。無骨ながら愛嬌のある表情とミルスペックを満たす履き心地。 外羽根でアイレット、踵に向かって落ちるV字の切り替え、独特のステッチワーク、表情が絶妙なシボ感、頑強なグッドイヤーウェルト製法、ヴェルトショーン仕様、厚さ1cm程もあるダブルソールと悪路をものともしないコマンドソール、などまさに“カントリーシック”な1足。ロゴにブーツメーカーと冠するチーニーの代表的1足です。

◆ミリタリーシーンで重宝されてきたグッドイヤーウェルト製法の “ヴェルトショーン“仕様
ケンゴン ヴェルトショーン仕様
アッパー(表革)のグレインレザーがそのままウェルトに重なっているのが分かるでしょうか。 これこそが“ヴェルトショーン”仕様です。
グッドイヤーウェルト製法とヴェルトショーン仕様について
一般的なグッドイヤーウェルトだとアッパーがウェルトの内側に来るのに対し、このようにアッパーをウェルトの上側に縫い付ける仕様がそう呼ばれています。
ヴェルトショーンはアッパーとの隙間がなくなるため、雨水の侵入や染み込みを防ぎ、独特の存在感を放つように仕上がります。 小石や土埃、そして雨水が入りにくいミリタリーシーンで重宝されてきた仕様です。
ライニングを釣り込み、そしてアッパーを釣り込む前の状態
(上画像:ライニングを釣り込み、そしてアッパーを釣り込む前の状態。この状態からウェルトにアッパーを被せてスライスしていく)
アッパーを全体に適切なテンションを掛ける為の意匠など熟練の職人技、そして専用のマシーンを必要とするため生産できる数も非常に限られる手の込んだ仕様は、まさに質実剛健さを体現した英国的ディテールの代表格。その中でもチーニーは今も尚ヴェルトショーンで作り上げることが出来る数少ないノーザンプトンのシューメーカーの1つだと言われています。


◆1969年に制作された歴史のある木型「LAST4436」
LAST4436
英国軍に提供していたこともあり、本国ではミリタリーラストとも呼ばれているラスト(木型)。日本国内展開では最も古い1969年に制作された歴史のあるラストです。丸くて無骨なフォルムながらもどこか愛嬌のある表情。短いノーズのラウンドトゥに広めのウィズ、やや小ぶりのヒールカップがフィット感を高めます。


◆履く人のストーリーが色濃く現れるケンゴンのエイジングギャラリー エイジングギャラリー/スタッフが履くジョセフチーニー“CAIRNGORM 2R”
エイジングギャラリー/スタッフが履くジョセフチーニー“CAIRNGORM 2R”

同じ革靴でも経年変化は人それぞれ。 1つとして同じものが無い、その人のキャラクターやスタイルが色濃く反映されるものです。 ブリティッシュメイドではスタッフが履き続けているケンゴンのストーリーある経年変化を、本人達によるコメントと共にご紹介しております。ぜひ合わせて御覧ください。


ジョセフ チーニー / JOSEPH CHEANEY
ジョセフ チーニー
1886年、英国靴の聖地にて創業。日本で伊藤博文が初代総理大臣の任に就いたその翌年。1886年に英国にてチーニーは誕生する。 創業地であるノーザンプトンはその昔から豊富に革材が得られる土地ということもあり、1600年代から革靴が作られていたという。職人であったジョセフ・チーニーは、そんなノーザンプトンのデズバラーにブランドのオリジンとなる「J.Cheaney,Boot & Shoemakers」を設立。 そして1896年には工場を同じデズバラーの現在の場所に移すこととなる。以来、革材をカットする工程からグッドイヤー式の底付けなどを含む縫製、最終的なポリッシングに至るまで、一貫してひとつの工場にて行うスタイルを堅持している。 チーニーは創業以来変わらず熟練職人による自社一貫生産を行い、「Purely Made in England」を続けており、本当の意味での英国靴ブランドなのである。

※展開が無いサイズでもお取り寄せ可能な場合がございます。お気軽にお問い合わせください。


今も受け継がれる職人技。ジョセフチーニーがヴェルトショーンウェルト製法で作り上げる英国的ミリタリーシューズ
今も受け継がれる職人技。ジョセフチーニーがヴェルトショーンウェルト製法で作り上げる英国的ミリタリーシューズ


CAIRNGORM 2R/ケンゴン(コマンドソール, グレインカーフ)

PRICE76,680円(税込)

[2,130ポイント獲得]

BURGUNDY UK5.0 (約23.5cm) 入荷お知らせメール
UK5.5 (約24.0cm) 入荷お知らせメール
UK6.0 (約24.5cm) 入荷お知らせメール
UK6.5 (約25.0cm) 入荷お知らせメール
UK7.0 (約25.5cm) 入荷お知らせメール
UK7.5 (約26.0cm)
UK8.0 (約26.5cm) 入荷お知らせメール
UK8.5 (約27.0cm)
UK9.0 (約27.5cm)
UK9.5 (約28.0cm)
UK10.0 (約28.5cm)
UK11.0 (約29.5cm)
BLACK UK5.0 (約23.5cm)
UK5.5 (約24.0cm)
UK6.0 (約24.5cm)
UK6.5 (約25.0cm)
UK7.0 (約25.5cm)
UK7.5 (約26.0cm) 入荷お知らせメール
UK8.0 (約26.5cm)
UK8.5 (約27.0cm)
UK9.0 (約27.5cm)
UK9.5 (約28.0cm)
UK10.0 (約28.5cm)
UK11.0 (約29.5cm)
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.5) 4.67

トシさん

40代 投稿日:2019年05月31日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

ようやく憧れの”CAIRNGORM"を購入しました。カラーを迷いましたが、無骨なブラックに惹かれ購入しました。趣味のアウトドアや梅雨でも気にせず履いて行ける為、毎日が楽しみです。

Lemonさん

40代/男性 投稿日:2019年05月30日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

コマンドソールが好きな自分にとってはグレインカーフで外羽根ストレートチップという佇まい一目で気に入り購入しました。ややきつめのフィッティングで購入しました。最初の履きなじみの期間は辛いかなと思ったけれど、グレインカーフが柔らかいのとコルクの沈みがしっかり出てくることで気持ち良い履き心地で今は履くことができています。

MTさん(1件)

30代 投稿日:2019年05月24日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

知人のススメでバーガンディを購入しました。
シボ革でソールも厚いので、固そうな印象でしたが意外と柔らかくかんじました。かかとは小さめ。履き始めは靴擦れしてましたが、1か月もしないうちに馴染んでいました。武骨なイメージでしたがソフトな足あたりは想像以上に良かったです。黒も気になります!

アイテム詳細

ブランドJOSEPH CHEANEY/ジョセフチーニー
商品名CAIRNGORM 2R/ケンゴン
ソールコマンドソール
ラスト4436
素材牛革(グレインカーフ)
性別MEN
生産国イギリス
型番CAIR/C/F/G

サイズチャート    ⇒商品の採寸方法について

UK JPN US EU
5.0 23.5 5.5 38.5
5.5 24.0 6.0 39
6.0 24.5 6.5 39.5
6.5 25.0 7.0 40
7.0 25.5 7.5 40.5
7.5 26.0 8.0 41
8.0 26.5 8.5 41.5
8.5 27.0 9.0 42
9.0 27.5 9.5 42.5
9.5 28.0 10.0 43
10.0 28.5 10.5 43.5